ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

2017年8月22日(火) 晴 

八月も下旬。思い出すのは、小学校の頃や中高時代。夏休みの宿題に焦りが出始める時期だ。大学以降はそのような悪夢はないが、この歳になっても脳裏をよぎる宿題とはなんだったのだろうか。この時期につきものだったツクツクホウシはまだ聞こえてこない。温暖化現象でツクツクホウシ自体が年々減っているのは間違いないだろう。

午前中の家内の内科通院アッシー以外は、格別の予定はなかったので、甲子園の準決勝を時々視つつ、おさんどんとタイムの予習に明け暮れる。今年の甲子園球児は、清宮君だろうと思っていたが、番狂わせがあり甲子園には来なかった。その代わりに頑張っているのが、広陵高校の中村君。清原の持つ大会ホームラン記録を塗り替えた。明日の決勝戦でさらに伸ばすかどうか楽しみである。

タイムの記事は、トルコの今や独裁者のエルドアン大統領の対抗馬になるかという鉄の女、メラール・アクシナー女史に関する記事。トルコの政党事情は全く知らないが、女史の奮闘を祈りたい。

晩夏の気配は、夕空に感じられる。入道雲に代わって秋の雲が西の空に。
e0083517_23464245.jpg
玄関からみる西空も晩夏の夕焼け。ユーミンの「晩夏」の平原綾香カバーバージョンを口ずさみたくなる。
e0083517_23474257.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-08-22 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2017年8月21日(月) 晴 

相変わらずのいいお天気の出勤日だが、暑さは半端ではない。普段の通勤には山陽電車の三宮から明石市内のワンデーカードというのを使っている。普通に払えば往復で1980円かかるところが、ワンデーカード1000円と阪急の夙川と三宮の往復代440円を合わせて合計1440円。540円の節約ができている計算。

一方、もう一つの仕事先関係の東京出張時のJR乗車券に往復割引制度というのがあることを最近知り、片道600kmを越える往復切符を買うと10%の割引がつく。さくら夙川駅から東京では600km未満なので適用できないが、明石から東京なら600kmを少し超え、往復だと900円位が浮いて来て、しかもさくら夙川と明石間の切符を別途使える。普通に払うと片道640円。

さくら夙川の切符売り場のお姉さんが教えてくれた手口で、最近の東京出張時はこれを活用。安くなった分は領収書通り旅費精算するので、会社の費用削減に貢献しているだけだが、おまけについてくるさくら夙川・明石間の切符は9日間の有効期間内なら活用し、節約できるはず。

で、今週金曜日の東京出張の切符をすでに手配しているので、今日の帰りにさっそく使ってみる。東二見から山陽明石はピタパで370円かかるが、明石でJRに乗り換えると後はJR切符を使ってさくら夙川まで只で帰ることができる。今日の往復トータル電車賃は、1360円。ワンデーカード利用よりも80円節約できた計算。

しかし、明石で乗り換えの時に寄り道をしたくなるのが辛いところ。玉子焼き店探訪である。地元の友人に教えてもらった駅前の松竹さん。フラッと入るが満席状態。手軽で美味しいのが人気のようで、店外で待たされることになる。

地元の人とおぼしき二人組が後ろに並んだので、「ここは人気店なんですかね、近所にいっぱいあるのにここは行列ですね。」と話すと、「そうやね、昔からあるしね。やっぱり味ええんとちゃう」とのこと。
e0083517_02582848.jpg
普通の玉子焼きと生ビールをいただく。玉子焼きは15個で650円なので東二見に比べると約100円高いが、魚の棚商店街の有名店に比べると100円安い。いいところは出汁と三つ葉のみじん切りがふんだんに用意されている点か。タコの大きさは少し物足りない。

店は再開発されたビルに新装開店したようで清潔感がある。焼くのを一手に引き受けている店主の人柄がとても良さそうで好感が持てた。店員かバイトかわからないがフロアで働いている若い女の子たちも素朴だが感じがいい。また寄り道したいお店である。
e0083517_02581839.jpg
結局、電車賃で80円節約できたが、出費が1000円強となり、トータルどっちが良かったのか。美味しい目をできたことを評価すれば、結果的には得をしたことになるのかなぁ。

# by yellowtail5a01 | 2017-08-21 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2017年8月20日(日) 晴 

なんだかんだで別予定が入り、飛んでしまったコーラス練習会。今日は、創設以来ピアノ伴奏を担当してくださったI先生が、都合により離れることになった。代わりの先生は見つかっている。

暑い最中の昼下がりに三宮の100番という旧高砂商会の高砂ビルに向かう。今では音楽スタジオとして賑わっている。
e0083517_00372822.jpg
いつも以上に多い参加者が集まる。「この街で」の楽譜が変わり、一からの出直し。あまりいい編曲とは思えないので、また変わることを期待する。

今日は往きは阪急、帰りはJRとなる。25日の東京出張の切符手配のためでそうなる。阪急三宮東口はかねて工事中だが、大掛かりな工事となっている。完成した暁にはどうなっているのだろう。
e0083517_00374148.jpg
いい街に戻ってくれればいいのだが。

# by yellowtail5a01 | 2017-08-20 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2017年8月19日(土) 晴 

いいお天気が続く。家内の通院日となっているので、早朝より高槻の山奥に向かう。睡眠不足のせいか眠い。その後は13時の面会可能時刻に合わせて大阪市内の産院に向かう。

月曜日に退院して、嫁ぎ先の実家に移り、しばらくはお義母さんのお世話になる予定。普通は娘の実家に戻ってくるところなのだが、そうも行かないのが辛いところ。それが半月になるのか一か月になるのかはわからないが、さすがに敷居が高く、その間は会えないだろう。別に会いに行ってもいいのだが・・・

と言う訳で、今日がしばしの見納めとなりそうである。
e0083517_21464545.jpg
アキ君の生まれた時の写真と比較すると確かによく似ているが、全体的に少し華奢な感じがする。握りしめた手に意志の強さを感じるのはジィジの欲目か。小さいながらも身体のパーツは精密にできている。
e0083517_21480796.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-08-19 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年8月18日(金) 晴 

高校野球が面白いが、火曜日未明にベッドから転げ落ちたようで、その時に打った胸の違和感がぬぐえない。朝一番にかかり付けの近所の医院に行き相談する。視診、触診をしてもらうが、骨折とかひびが入っているほどひどくはないとのこと。胸の骨を強打し、大胸筋が痛んでいるとのこと。治療方法は日にち薬しかないとのことであった。気休めにという前提で痛み止めを処方してもらう。

今月中には痛みは引いてくれるのであろうか。九月初旬に高校の関東関西合同コンペに出走予定なので、それが気になる。ずいぶん前に自分が旗振りの一人となって掛川の浜岡カントリーで開催したのは何年前か。当時は20人以上集まったのが、最近では東西併せて3組程度。参加予定しているので、なんとかキャンセルは避けたいものであるが、クラブを振れなければ仕方がない。もう少し日にちがあるのでギリギリまで様子をみよう。

さて、午後は娘が入院している聖バルナバ病院に向かう。二日前に無事女児を出産した娘の見舞いとお祝い。母子ともに元気な様子を確認してホッとする。
e0083517_21491886.jpg
これからどのように変化していくのかわからないが、きっと可愛い女の子になりそうな予感。五体満足で元気であってくれて、心優しい子に育ってくれたら、それで十分。この子が18歳の乙女になる頃は自分は86歳か。かなりの爺さんになっている計算。生きていればいいが。

# by yellowtail5a01 | 2017-08-18 22:07 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年8月17日(木) 薄曇り 

一週間ぶりの出勤は今年の春からの新常態ではあるが、今日はちょっと感じが違う。要は社員の人全員が七連休明けでの出社なのである。先週は水曜日に出社したが、それから今日まで業務は止まっていたことになる。メールや審査案件もほとんどなく時間が止まっていた感じである。

バタバタすることもなく、ゆったりとCISTECジャーナルに目を通したりでインプットの時間をありがたく享受させていただく。

東京はずいぶん雨の日が続いているようだが、関西は夕立はあるものの暑い夏日が続く。夕方、帰り道に建石筋と阪急神戸線の交差点から北を望むと、積乱雲。雲の中で稲妻が時々光っているが、音は聞こえてこない。三田か篠山辺りなのだろうか。
e0083517_22353889.jpg
昨日のハゲイトウの記憶の源泉を確認しようと本箱を漁ると、保育社のカラーブックスが出てきた。春夏編と夏秋編があった。後者の表紙に赤いハゲイトウがあった。きっとこれがずっと脳裏に残っていたのであろう。昭和41年刊なので中三か高一の頃に入手したものだ。
e0083517_22361006.jpg
物持ちがいいのは、いいことなのか。そろそろ整理していくことも必要だなと思われる。


# by yellowtail5a01 | 2017-08-17 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年8月16日(水) 薄曇り 

予定日が確か19日と聞いていたが、先日エキスポシティに一緒に遊びに行ったときは、またどこか連れてってとのことだった。18日は空いているので、「どこにする?」とラインを入れようかと思っていたところ、今日の夕方になって、産まれたとの連絡が入る。

超スピード出産だったようで、痛みはあったようだが母子ともに無事で何よりである。予想通り女の子であった。速報写真では、美人系には見えないが、待望の女子孫。明日は休暇明け出勤で行けないが、金曜日にご対面できるのが楽しみである。

夏季休暇最終日、といっても明日出勤した後はまた休みが続くが、それなりのケジメの意識を持ちたい。11日から六日間、格別に出かけることもなく、のんびり過ごしたが、一つくらいは形に残る作業をこなしておきたいと思い、テラコッタ寄せ植えの更新をする。

中心は赤のハゲイトウ。この苗を見ると必ず衝動買いしたくなる。子供の頃に見たカラー図鑑に載っていた姿が脳裏に焼き付いているようだ。脇役にカラジューム、コリウス二種、アクセントに赤のペンタス、その他ワイヤープランツ、スパイダーリーフ等の観葉小物。

晩夏から晩秋にかけてどのように育ってくれるか楽しみ。カラジュームが早く終わりそうなので、その時は代わりのものを考えなくてはならないだろう。
e0083517_00131279.jpg



# by yellowtail5a01 | 2017-08-16 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年8月15日(火) 晴のち夕立

のんびりとしたお盆休みであったが、いよいよ終わりかけとなる。挿し芽を増やしていたカリオペの苗を近しい人にお譲りしというか強引に押し付けているかもしれないのだが、前々から持っていきますよと言っていた友人に手渡すことができた。

引き受けていただけるだけでもありがたいのだが、珍しいイタリアビールがあったから飲んでみてとのこと。嬉しいサプライズ。
e0083517_05260799.jpg
そうなると今夜の夕食はイタリアン。ハーブプランターのバジルが生い茂ってきているので、ジェノベーゼパスタに即決。バジルの葉をプロセッサーで処理するのは何年振りかの二度目。松の実やニンニクも隠し味で混ぜ込む。
e0083517_05252868.jpg
付け合わせサラダはカプレーゼ。
e0083517_05254758.jpg
久しぶりにイタリアンな夕食を楽しむことができた。今日もお友達に感謝である。

# by yellowtail5a01 | 2017-08-15 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年8月14日(月) 薄曇り 

ヨット遠征に参加していれば、欠席となっていた十三歌会だが、遠征をパスしたので参加できる。お盆の最中ということで、参加者も少なめ。F先生も今日は自宅教室もおやすみだろうから、お昼ご飯にお誘いするチャンス、との情報がN氏からあった。ダメ元でお誘いしようということになる。去年の10月にもそのようなチャンスがあったが、あっさり振られた。

ゴミ出しの関係で10分ほど遅刻して十三に向かう。いつも通る176号線の交差点だが、今日は先生と親しくお話しできるかと思うと、いつもの景色が輝いて見える。
e0083517_17240406.jpg
教室に入るといつも前よりに席を取るN氏が、入口に近い後ろの席を取ってくれている。あとでわかったことだが、深慮遠謀の下にこの席を選んでくれていた。遅刻したので、ボイストレーニングは十分できなかったが、シャンソン、ロシア民謡、メキシコの歌など国際色豊かな10曲を熱唱する。

12時過ぎに会が終わり、N氏に急かされてサッサっと教室を出てビル出口に向かう。N氏の指示に従い、降りてきた先生に声を掛け、昼食を誘う。「母と姉と梅田で昼食を一緒にすることになっているので、ゴメン」という反応。ところが、十三の駅に向かう道すがら、お母さんに携帯で連絡するとお盆行事でまだ京都にいるとのことで、梅田での昼食まで時間があるとのことで、十三の駅構内のパン屋さんでご一緒することができた。

先生は、昼食会があるのでお茶だけとおっしゃっていたが、小腹こなしにパンを一つ。こちらはしっかりサンドイッチをいただく。おかげで、音楽に関するいろんなお話を聞けたり、先生の生い立ちやご家族のお話も面白おかしく聞くことができ、楽しい昼食会となった。

それもこれもご紹介いただいたN氏のお陰。今日も友達のありがたさを痛感した良き日であった。

もう一つ嬉しかったことは、去年友人からもらった月下美人。花はその日で終わってしまったが、挿し芽をできないかと調べ、赤玉土だけの鉢に葉を8枚くらい挿しておいたところ、殆どは枯れてしまったのだが、いまだ二枚だけは緑で残っている。

そのうちの一枚には、土の中から芽が出てきているのを発見。これは間違いなく根付いたに違いない。花が咲くのは何年後になるのかは不明だが、時期を見て鉢に取り上げたい。うまく行けばもう一つの葉も根付いているかもしれない。
e0083517_17243621.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-08-14 17:49 | 音楽 | Comments(0)
2017年8月13日(日) 晴 

ヨット遠征組は、今日は弓削港から瀬戸内海の島々をかいくぐって、仁尾マリーナに入っている予定。前回も仁尾は行けなかった。夕日が美しかったと写真を送ってもらった記憶がある。

せっかくのんびりした休暇を与えられたので、日頃はなかなかできないやるべきことはいっぱいあるのだが、なかなか取り掛かることができない。特に身の回りの不要なものの整理が進まない。衣類、書籍、趣味の道具、どれも一気呵成に取り組めば、相当進むと思うのだが、暑さを理由に逃げている自分がいる。

まあ、最低限のこととして、洗濯、水遣り、朝昼兼用の食事の準備と夕食のおかずにちょっと入れ込むことくらいか。スローライフといえばスローライフである。

# by yellowtail5a01 | 2017-08-13 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2017年8月12日(土) 晴 

本来であれば昼頃に家を出発し、夕方までに陸路移動して、広島県の弓削港でヨット遠征に合流予定だったが、家内の転倒負傷ですべてキャンセルとなった。暇になった時間をどう過ごそうかと考える日にしようかと思っていたら、朝方にインタホンが鳴った。

何かアマゾンでも頼んでいたかなと思い応答すると、モニター画面には中年女性の姿。宗教関係の人だとイヤだなと思いつつも、町内会関係の人なら横柄な態度は取れないので、「はい、今行きます」と言って門扉まで出ると、なんと甲子園のアートギャラリー萌芽の女主人。

「急で悪いんだけど、お暇だったら聴きに来て。」、「あ、わかりました。じゃあ暇だからお邪魔しますね。」と応えると、「出演者が外人なので、英語のお友達の皆さまもお誘いあわせの上どうぞ。」と10枚ほどのフライヤーを渡される。まぁ強引っちゃ強引だが、単刀直入にサバサバとしているところが、彼女の魅力的なところ。いわゆる男前な女性の一人だ。

自分のように暇な人がいれば、喜んでもらえるかもしれないと思い、早速フライヤーをスキャナーで取り込み、タイムを読む会のメンバー全員と音楽系の旧会員にもCCを入れておいた。よく音楽会にご一緒する皆さんからはすぐにレスポンスがあり、「ゴメン、残念だけど今日は無理」という返事がいくつか返ってきた。
e0083517_01324875.jpg
小学校同窓生友人の妹さんご夫婦がやっておられるギャラリー&ホール。何度も行っているところなので最悪一人でもいいか、と思っていると午後になって「時間があるからいいですよ」という返信が一通返ってきた。地獄で仏というほどたいそうではないが、心底嬉しい。しかも音楽に造詣の深い人なのでこれはありがたい。

ジャズのクラリネットは、ライブでも聴く機会が時々あるが、クラシックのクラリネットをオーケストラ以外で聴くのはおそらく初めて。前衛的な曲から旋律の美しいピアノとのデュオ曲をまじかにタップリと楽しませてもらえた。
e0083517_01330340.jpg
旋律が美しく情緒たっぷりの曲あり、クラリネットでこんな音が出せるのかとびっくりさせられる曲もあり、滅多に聴けないいいコンサートであった。

終演後は、恒例の懇親パーティ。赤白のスパークリングワインや梅酒、パーティオードブルが振舞われて、談笑懇親タイム。これがあるのが、萌芽コンサートのいいところ。若い人が結構たくさん来ていたが、恐らく兵庫県立芸文センターのPACオーケストラの同僚メンバーの皆さんなのだろう。

皆さん英語がお上手で淀みないコミュニケ―ションをされている。クラリネット奏者のヴァリさんはウルグァイ出身だが、スペイン語、英語はもちろん7.5ヶ国語を喋れるとのこと。0.5は日本語らしい。

ご一緒いただいたSさんはフランス在住経験があるので、フランス語が達者だろうと思っていたが、これまで聞いたことはなかった。ヴァリさんとフランス語で話し出すと、テンポよくフランス語がポンポン飛び出してくる。さすがだなと改めて感服するが、こちらはちんぷんかんぷん。

おかげさまでいろんな意味で、棚からぼた餅のようないい時間を過ごさせてもらった萌芽さんに感謝。持つべきものは友達だ。





# by yellowtail5a01 | 2017-08-12 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2017年8月11日(金) 晴 

毎年この時期に設定する大学のクラス会。教養部時代のフランス語クラスの会合が続いている。昔は誰かが世話役をやってくれていたのだが、いつからか自分が世話役になったようである。

いくつかエポックメイキングな年の同窓会は記憶にあるが、何年何月何日にどこで誰が集まったかの記憶、記録はない。明確に覚えているのは2001年。新地のお店でセットアップしながら直前で下血し、胃潰瘍で入院した2001年の夏季休暇。当日携帯電話に連絡をもらい、屋上で皆さんとお話しし、お見舞いやら冷やかしやら、トークしたのは覚えている。

2006年以降は、ブログに記録を留めているので、ある程度分かる。記念写真を掲載していると、どの店でやったか、誰が参加したかが一目瞭然であるが、抜けている年も多い。わかっていながら今日も記念写真を撮るの失念していた。一次会の支払い・会費徴収と二次会の予約交渉が交錯し、すっかり忘れていた。世話役もいいが、だれか相棒を決めたいものである。

一次会は川西のLe Sud Chesapeakというフランス料理店。飲み放題付のコースで6000円程度というのは、ありがたい。スターターの前菜はサーモンに野菜・フルーツをあしらったもので、なかなかのもの。
e0083517_03173815.jpg
メインは、ブイヤーベース、ラグードゥブッフ(牛肉の赤ワイン煮)、牛フィレステーキから選択ができる。あらかじめメールで確認したところ、ブイヤーベース3人、牛フィレステーキ2人、ラグーが6人となった。みくらべるとどれも美味しそう。自分はラグーを選んだが向かいのHさんのブイヤーベースとトレードを申し込み、そちらも試食させてもらう。
e0083517_03175077.jpg
11人中、8人が恒例の二次会カラオケに流れ、一時間半を歌いまくる。古い曲が主体だが、グリー部や混声合唱団をやっていたメンバーもあり、予約がジャンジャン入る。延長も考えたが、歳のことも考え10時前にはお開きとする。
e0083517_03180880.jpg
男声デュオ、女性デュオもあり、盛り上がる。
e0083517_03584274.jpg
自分としては新しい曲として「この街で」を披露するが、少し受けた気がする。来年はカップルで歌ってくれることを期待する。


# by yellowtail5a01 | 2017-08-11 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年8月10日(木) 曇 

三日連続の仕事日となると少しきつい。68歳になったと意識すると結構なジジイになったものだと、今までになかった感触がある。子供の頃、近所にいた隠居の爺さんたちも60代後半が多かったのだろうけど、実に「お爺さん」達だった気がする。その域に少し近づいてきたのかも知れない。

といっても一昨日と今日の仕事の大半の時間は移動時間。今日は恵比寿なので、品川から乗り換えてすぐ。ずいぶん楽である。タイムを読む会のテキストの予習をするには、新幹線タイムは絶好の機会なのだが、今回はちょっとした行き違いがあり未入手。駅の売店で本を眺めていると「応仁の乱」の新書が平積みされていたので、トライする。

しかし、ついついウトウトしてしまい展開が遅い。せっかくこの前テレビでの特集番組を視て関心を寄せていたが、本が面白くないのであろう。車窓は珍しく大阪から東京までどんよりした曇り空。富士山も見えず、東京に近づく途中の気になっていた風景にレンズを向ける。

新横浜から品川に向かう途中見た川。雲が低くて視界が悪い。鶴見川か。
e0083517_15444685.jpg
前から気になっていた高層マンション群は武蔵小杉。東急線と新幹線がほぼ並走しているとは気が付かなかった。
e0083517_15450133.jpg
やがて多摩川河川敷のゴルフ練習場。曇とはいえ暑いと思うが練習している人がいる。
e0083517_15450943.jpg
この景色を見ると間もなく品川到着という目印である。
e0083517_15451657.jpg
一昨日の日野、八王子に比べるとマシな気がしたが、屋外を歩くと汗が吹き出す。それでも屋外を歩く時間があまりないのが救いである。仕事中はビル内で冷房がよく効いて快適であった。寄り道する元気もなく、まっすぐに帰路につくと7時前には新大阪に帰着。お盆休み前の帰省客が多くごった返している。
e0083517_15454353.jpg
帰って夕食の献立を考え、買い物に行って、キッチンに立つのも面倒な気がして、駅弁を二つ買って帰ることにする。

# by yellowtail5a01 | 2017-08-10 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年8月9日(水) 薄曇り 

月曜日は台風5号を用心して休むことにし、今日に振り替えたのだが、空振りだったかなと悔やむところがないわけでもなかったが、結局月曜日は午後二時に全社員に帰宅命令が出たようだったので、いい判断をしたことと思う。やはり警報は尊重するのが正解だろう。

台風がもたらしたものは、暑い空気か。さすがに昼休み散歩もちょっと外に出たが、暑さに閉口し、海岸写真を撮ったらすぐに涼しいオフィスに戻る。結構青空ではあるが、空気が湿っていて明石海峡大橋も全く見えない。珍しい光景である。
e0083517_00163832.jpg
夕方になると空模様が怪しくなり、蒸し暑さが残る。盛夏はまだ始まったばかり。この先いつまでこの暑さと闘うことになるのか。東二見駅から仰ぐ空も変な雲が支配していた。
e0083517_00164966.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-08-09 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年8月8日(火) 曇りのち晴 

初めてのクライアント様ではないが、研修責任者が変わり、熱血カリキュラムを検討中ということで、いろいろ注文が寄せられ、その第一回ということでテストされているような気分。八王子からさらに中央線とバスを乗り継ぎ、時間のかかる日野市の会場まで行かなければならない。

結果的には、台風5号は日本海に通り抜け、新幹線の遅れは皆無だった。それでも長浜辺りは相当な被害があったらしい。車窓から見る長良川も水かさが増し、日頃とは異なった様相である。氾濫まではいかないが、岐阜県を直撃しておれば危なかったかも。
e0083517_06563293.jpg
木曽川になると幅が広いのか、それほどの水かさでもなかった。
e0083517_06564334.jpg
日野市に着くと快晴。快晴はいいが、蒸し暑さは半端ではない。ジャケットは一度も袖を通すことなく汗だくで会場に着く。やや緊張気味のスタートとなったが、マイペースを取り戻し、無事講師を終えることができた。

乗り換えの八王子は夕方でも灼熱地獄。冷房の効いた車内に入れるのが救いである。
e0083517_06565731.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-08-08 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年8月7日(月) 曇り時々雨

九州、四国の沿岸をかすめてノロノロと近畿地方に向かってきた台風5号。当初の姫路通過の予報から南寄りとなり、和歌山市辺りに上陸しそうな状況。直撃は免れたが、午後にかけて防風圏内は必至で、各種警報も出ている。帰りの電車が止まることが予想され、今日の出勤は取りやめ水曜日に振り替えさせていただく。

明日の東京出張も新幹線の遅れが出ることが予想されるので、一時間はやいのぞみに予約変更する。さくら夙川駅前の木も強まってきた風で揺れているが、静止画での描写は困難。
e0083517_06561610.jpg
お陰でゴミ出しをしたり、銀行に行ったり、鉢物を倒れない場所に移動したり、家事が捗ったのはありがたい。

# by yellowtail5a01 | 2017-08-07 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2017年8月6日(日) 晴 

大阪の最高気温が38度とのこと。今夏で一番暑い日が広島原爆の日となった。阪神西宮に9時集合で遠征準備。といっても水タンクの補給や燃料補給、ハーバー事務所に届いているワインの積み込み、その他飲料の調達と積み込みで大した作業ではない。
e0083517_19024787.jpg
それよりも手間がかかったのは明日にでも直撃しそうな台風5号対策。何とか作業を終了すると汗びっしょり。クラブハウスでシャワーを浴びて、遅い目の昼食とする。

例年楽しみにしている夏遠征だが、今年ばかりは家内の負傷もあり、自重することにする。急遽暇になった盆休みをどう過ごすか。エアコンの効いたリビングでソファに寝そべって高校野球観戦か。それももったいない気がする。

# by yellowtail5a01 | 2017-08-06 23:59 | マリンワールド | Comments(0)
2017年8月5日(土) 晴 

今日はタイムを読む会の夏宴会日、暑気払い会である。花見の頃から役員四人で構想を温めてきた集いで、下見を兼ねた準備会も開催して、思い入れが強い。何かテーマを設けようということになり、「脳年齢の若返り」というところに焦点を当て、余興のクイズもこれに沿う。

昼間の記事も"Don't call us silver"というアンチエイジング系のエコノミストの記事。シルバー市場としてboomers(団塊世代)の潜在購買力をどうビジネスに取り込むか、制度としての年金の在り方、アルツハイマー症を含むディメンシァ(痴呆)課題、介護についての考え方、金持ち層以外の団塊世代が固定資産に凝縮してしまっている休眠資産の活用方法としてのリバースモーゲージやシニアシェアハウス構想など、身につまされる話題てんこ盛り。

暑気払いのテーマとオーバーラップする部分もあり喜んでいたのだが、金曜の夜に記事選択者兼司会進行役のK氏から電話がり、体調不良でドクターストップがかかったので、申し訳ないが欠席させていただきますとの連絡がある。

もちろん80代の先輩にご無理は言えないので、二つ返事で「何とかしますので、ご心配なくご静養ください。」と司会進行役を引き受ける。司会だと訳のノルマがないので、ある意味楽勝だが、しっかりやるためには全編にわたり、疑問点をクリアしておかなければならない。

一夜漬けではあるが、かなり頑張ってそれなりの準備ができた。ピンチヒッターが回ってこなければ、ここまで勉強はしなかったものと思われ、K氏に感謝である。

勉強会は最後のワンパラグラフだけ時間切れになったが、出席会員全員に回すことができヤレヤレ。暑気払い会場の芦屋モノリスというレストランに向かう。あとは三人のお姉さま役員にお任せして、こちらはフランス料理とCODのお酒とお喋りを楽しませていただく。
e0083517_19023336.jpg
二次会の呼び掛けにも19人中13人がジャンカラに流れていただき、冬の忘年会でのコーラス課題曲選びを兼てコーラス系の曲もみんなで歌う。無事にイベントを終えることができてヤレヤレ。盛り上げていただいた役員の仲間、またメンバーに感謝、感謝である。

# by yellowtail5a01 | 2017-08-05 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年8月4日(金) 晴のち曇のち夕立ち 

かねて約束していた案内状の発送日で、予定会場のレストランに12時半に世話役5人で集合し、往復はがきに宛名シールを貼り、一言メッセージを手分けして書く。どれだけ効果があるのか、手間がかかる割にくたびれ儲けになりそうな気はするが、一人でもその効果で参加してくれればいい。

当日の段取りも大体打ち合わせ、三時過ぎには解散。帰りにビールでも引っかけるか、カラオケに行くという選択肢もあったのだが、誰も何も言わないので、西梅田でなんとなく解散。

5人のうち3人はカラオケ好きだが、後の一人はどうでもいい派、もう一人はカラオケ興味無し派なので、流れ解散となった。まあ、自分自身もコーラスを始めてからというものカラオケへの執着はなくなったのと、家内が家で待っているのと、明日の英語の予習の時間を確保したいという気もあって、二次会のなかったのが幸いなのだろう。

しかも、夕方には空の色がおかしくなってきた。84枚の往復はがきを西宮郵便局で投函して、帰ろうとすると南の空が黒い。雨の匂いがする。
e0083517_20221172.jpg
家に帰ってしばらくすると、雨が降り出した。かなりの激しい夕立。雷も近くに聞こえ、久しぶりのお湿りとなる。水遣りの手間が省けて助かる。

雨が上がったのを確認して7時すぎにCOOPに夕食を調達に行くと、西の空は怪しい色。台風5号の影響がもうこちらにも及んでいるのだろうか。
e0083517_20222788.jpg
変な進路をとるとこちらに向かってくるのかも知れない。そうなると日曜日のヨット遠征準備は、台風対策もすることになりそうだ。但し、12日から途中参加を目論んでいた夏遠征は、家内の不調を放ってはおけず、きっぱり断念することにした。

# by yellowtail5a01 | 2017-08-04 23:59 | 友人・交遊 | Comments(2)
2017年8月3日(木) 晴 

CISTEC主催の勉強会、「責任者のための輸出管理セミナー」が新大阪で開催される。勤務先の業務として有償参加でもいいが、せっかくアドバイザー枠を利用できるので、オブザーバー参加で申し込む。無料の分、席は最後列の机のない椅子席。まあそれはどうでもいい。思っていた以上の盛況で満席である。
e0083517_01283353.jpg
モニターが沢山あるので、後ろの席でも全然不自由はない。
e0083517_01290208.jpg
やはりこのような学習の機会は貴重である。知らなかったことがてんこ盛り。これを今後どう活かしていくかが課題である。

会場は新大阪駅東南の「新大阪丸ビル別館」。どう見ても丸くもない丸ビル。
e0083517_01285416.jpg
昼休みに空を仰ぐと真夏の空であった。
e0083517_01284464.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-08-03 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年8月2日(水) 晴 

本来であれば、午後三時から芸文センターでのワンコインコンサート、午後七時からグランフロントでのナレッジキャピタルを予定していたが、どちらもキャンセル。

家内の調子が悪化方向で、とても外出できる状況ではない。といっても本人は病院に行くつもりはないようで、診察の勧めは無視される。外科か、眼科か、外傷だけでは判断が難しい。

というわけで、せっかくのコンサートも教養講座もドタキャン。金銭的には大した損害ではないが、こんな状況が続くとこの先辛いものがありそうである。

プランターに植えこんだペチュニアは、今が盛りか。これから徒長してくると剪定が難しい。
e0083517_01280492.jpg
夕食は、食欲がわかないとのことなので、何だったら食べたい?とたずねると「うな丼」とのこと。阪神エビスタのウナギが割安なので自転車で買いに行く。1000円でいいウナギをゲットできた。
e0083517_01281670.jpg
しっかり平らげてくれたので、ヤレヤレ。自分も満足の夕食であった。


# by yellowtail5a01 | 2017-08-02 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2017年8月1日(火) 曇り時々晴れ 

月が替わり八月。初日はSS会という定例コンペ。中堅時代を過ごした産機のOBゴルフ会。酷暑は覚悟していたが、幸い曇り空で直射日光がないのが救い。蒸し暑いのは致し方ない。

毎回出走できるわけではないが、予定が空いているときは大体出るようにしているので、今では一番馴染のあるゴルフ場となった。ホームコースよりも回数が多い。
e0083517_01063710.jpg
楽しくラウンドさせてもらい、48-42の90で回れた。ショートホールとミドルホールでバーディを二つ取れたのが嬉しい。

機嫌よく家に帰るといつもならリビングルームを冷やしてテレビを視ているはずの家内がいない。寝室を覗くと寝ていた。部屋で転んで家具で顔面殴打したようで、目の周りに痣ができてDV被害者の様相。

足も打ったようで動けず、朝から何も食べてないとのことなので、慌てて買い物に行って寿司を買ってきたり、飲み物を運んだりで大わらわとなり、予定していた芸文小ホールで約束していたコンサートはぶっ飛ばすことになる。

バタバタしていたこともあるが、仲間から電話をもらうまでコンサートのことを忘れていたのは不覚である。記憶力が減退しているのであろう。今のところ致命的な失敗にはなっていないが、この先脳の老化が進んでいくとどんなことが起こるのか、不安を覚えた一日であった。

# by yellowtail5a01 | 2017-08-01 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年7月31日(月) 晴 

なんだかんだしているうちに七月も今日でおしまいか。暑さを避けて家の中で過ごすことが多かった。もっとも後半は加計劇場のお陰で退屈しない日もあった。

夕方、出勤の帰りに夙川駅で北西の空を仰ぐと、穏やかな夕焼け。各地でゲリラ豪雨が発生しているようだが、この辺りはいたって平穏な毎日であることに感謝。
e0083517_01061327.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-07-31 01:07 | 自然・季節 | Comments(0)
2017年7月30日(日) 曇 

6月初旬に十数年ぶりに集まった大学クラブ活動の同窓会。その時は、夜に別用があったので二次会には参加できなかったのだが、盛り上がった勢いで山村の古民家を買い取って自然と共存して暮らしているY君のところに集まり、BBQをしようという話が持ち上がったらしい。

七月になってメールで案内が来たが、日曜に集合して一泊して月曜解散とのこと。月曜は仕事日なので一泊は無理だが、日曜は何とかなる。日帰りでも大丈夫とたずねるとOKとのこと。古民家での暮らしに興味が湧き、参加させてもらうことにする。

本来は午後の集合だったらしいが、気を遣ってもらい有志で昼前に集まり、地元で有名な手打ち蕎麦のお店に案内してもらう。
e0083517_01300968.jpg
このお店も古民家だが、有名になっているようで駐車場はほぼ満車。ナンバープレートには京都や名古屋など遠方からも来ているようである。昨日は高槻で天ざるをいただいたので、人気の高そうななめこおろし蕎麦をいただく。
e0083517_01303954.jpg
蕎麦の固さ具合や色合いもよく、なめこもたっぷりでゆずの隠し味が美味しくて満足の昼食となった。山道をクルマで案内いただきY君の古民家に向かう。400坪の敷地に三つの棟があり、あとは菜園。かなり本格的な農業が営まれている。
e0083517_01311026.jpg
駅前のスーパーに買い出しに行き、肉の量で悩む。一人当たり200グラムでどうかいう意見もあったが、ちょっと少ないのではという意見が主流となり、@250グラムを調達。いったん戻って、榊原温泉近くのコミュニティ風呂で汗を流して戻る。さすがに源泉かけ流しでシャワーも源泉。

BBQの場所は、敷地の奥の見晴らしのいい空き地。七輪三つに鉄板と網を用意して、椅子やテーブルも運ぶ。
e0083517_01313927.jpg
男性陣は、力仕事、火おこし、女性陣は野菜を切ったりの分担は50年近く前のキャンプで鍛えた役割分担でお手の物。スムーズに準備が進む。やがて陽も傾き、ヒグラシのカナカナカナという哀愁を帯びた鳴き声を聞きながら山村の宴会が始まる。

肉の量は多すぎたようで余りが出た。最初に野菜、手羽先、ウィンナーを焼いたのが誤算か。結果的には@200グラムでよかった。やはり皆さん、歳をとってきたのだろう。
e0083517_01320972.jpg
皆さんはお泊りなのでいいが、こちらは帰りの近鉄特急の時間が気になり、8時過ぎで失礼することにする。青山町駅でピッタリの普通に乗れたが、名張駅で15分ほどの特急待ち。退屈せずに済んだのは、近くの花火大会。駅から打ち上げ花火を鑑賞することができた。
e0083517_01323945.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-07-30 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年7月29日(土) 薄曇り 

家内の通院日の土曜日。他の予定は入っていないので、こちらに専念できる。主治医の診察はいつも通りで、大した変化はない。薬の量、質を少し調整していただく。三週間後にその変化が出ているのかが関心のある所。いい方向に出てくれればいいが、悪い方に出ると悔やむことになる。

帰り道、業務スーパーに寄る。欲しかったのは綾鷹2リットルボトル。近所のCOOPでは税別で185円で売られているが、業務スーパーでは125円。ワンカートンを買ってクルマに積み込む。ついでに、圧倒的に安いトマト、タマネギ、スルメイカ、桃も仕入れる。

帰り道に食べて帰ることになるが、せっかくなので、この近辺の友人に教えてもらったうどん・そば屋さん「水車」に寄る。蕎麦屋での定番メニュー、「天ざる」を注文する。1100円は安い目。内容はしっかりしている。
e0083517_00300176.jpg
業務スーパーでスルメイカを買ったのには訳がある。もちろん新鮮そうなのが安かったのも購買動機であるが、ベランダ菜園でのバジルが育ってきて、剪定したのだがその枝が沢山余っているので、使い切らなければならない。

バジルといえばトマト、トマトといえばイタリアン。ということで、イカとトマトソースのパスタとタコと完熟トマトバジルの付け合わせ。白ワインにマッチする夕食を用意できた。
e0083517_00301102.jpg
バジルはどんどん育つので、トマト料理が増えそうである。
e0083517_00302163.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-07-29 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年7月28日(金) 曇りのち晴 

初孫が誕生して以来、ほぼ月一のペースで会っているが、よく考えるとまだ一緒にどこかに行ったことがなかった。大概娘宅に赴き、近所の公園に行って写真を撮ったり、砂場遊びをするくらいであった。

来月中旬に第二子出産を控えた娘からラインに連絡があり、出産前にお墓参りとエキスポシティに行きたいという連絡があった。土日は予定が入っているが、金曜はフリーなので、何時でもいいよと返すと九時半に迎えに来て、ということになった。

嫁ぎ先のご両親とは、泊りがけでちょくちょく行っているようなので、若干寂しい気分も感じていたが、当方の事情(バァバが動きにくい)もあり、そのような機会はなかったのだが、そのような誘いがあれば二つ返事で出向く。エキスポシティは家内にはハードルが高いので、諦めてもらう。

お墓参りは順調に済み、エキスポシティのニフレルに向かう。
e0083517_03155111.jpg
前は何度も通っているが、どんな施設かは全然知らなかった。水族館とミニ動物園のコラボのような施設。1800円の入場料は安くはないが、それなりに楽しめる内容だ。まずは大人気のニモが迎えてくれる。
e0083517_03161658.jpg
大きいサメから小さい魚まで珍しい魚が揃えられている。とりわけあき君が心を惹かれたのはジョーフィッシュの種類。砂に潜って頭だけ出している。珍しい魚で水族館通を自負する自分も初めて見た。
e0083517_03162948.jpg
水槽のある水族館コーナーから異次元的空間を通る。地球環境保護がテーマか。少しわかりにくいが、空間としては面白い。
e0083517_03164889.jpg
次のコーナーは動物園になってくる。ホワイトタイガー、カバ、ワニなどが身近にみられる。
e0083517_03170781.jpg
イリエワニという中型ワニにもあき君の興味が湧くようだ。何度も行ったり来たりしてこの前にしゃがみ込む。
e0083517_03173611.jpg
隣のカバはよく寝ているが、これもあき君の関心対象のようである。
e0083517_03180053.jpg
さらに進むと、神戸ポートアイランドの花鳥園(現在はどうぶつ王国?)のイメージだ。いろんな動物がいる。目に着くのは何とか猿。身軽に地面から天井まで自由自在に行動する。
e0083517_03181684.jpg
カピパラの現物を見るのも初めてだが、あき君はよく知っているようである。
e0083517_03183115.jpg
いきなり鳥が頭上をかすめたりで、面白い空間である。あき君が足早になりあっちに行ったり、こっちに行ったり、戻ったりで自分のペースでは鑑賞できないが、あき君の視点で観ることができるのは、新たな発見である。

ニフレル売店で若干のお土産をプレゼントし、フードコートで昼食。さすがに疲れてきたのか、食べながら睡魔に襲われている模様。
e0083517_03222869.jpg
往きの車中では元気でお喋り全開モードで、娘とゆっくり話せなかったが、帰りはぐっすり眠り込んでくれていたので、中央環状、新御堂筋、松屋町筋を南下しながらの道中、久しぶりに娘とゆっくり話すことができた。家内への愚痴を聞いてもらえる数少ない存在である。

杭全に着く少し前に、あき君が目を覚まし、いろいろ語り始める。ニフレルで観たことを順番に語ってくれる。こちらはもう忘れているような細かいことまで、次から次へと語る。子供の成長に目を見張らされた一日であった。

# by yellowtail5a01 | 2017-07-28 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年7月26日(水) 晴 

七月もいよいよ終盤に迫ってきた。二つのプレッシャーがある。一つはP社OBOG会の案内状の発送。OB5000円、OG4000円の会費で永らくやってきているが、限界が近づいている。若干の繰越金があるので、今年は何とか凌げそうである。

しかし、案内状の郵送料が馬鹿にならないので、去年は封書から往復はがきに変更したが、今年はさらにeメールを使うことによりさらに経費削減。案内先は130人位だが、三人の若手世話役で手分けしてメール発信。メールのない人も若干いるので、そこは往復はがき対応。

小学校の同窓会の案内は、基本的に往復はがき対応。なんとなく安心感があり、管理のしやすいのは往復はがき。eメールはどうも頼りない感じである。

昨日は土用丑で鰻丼とうざくにしたが、特製うざくのために用意したきゅうりが残っていたので、今日も小さい鰻切身を買ってうざくとする。きゅうりの下ごしらえがちょっと面倒だったが水っぽくない美味しいうざくを知ることができた。
e0083517_02031123.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-07-26 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2017年7月25日(火) 曇 

年に一度の年中行事となっている発明審査委員会。トップの揃う御前会議だが、運営主体者から助言的立場になっている。気は楽なはずだが人に任せるというのも、別の意味で気を遣うものである。

経産省への提出資料も無事発送完了したようで、懸案だった七月の業務は完了。しばらくはマイペースでいけそうである。

終日曇り空であったが、夏の到来を感じさせるのは夙川駅前の百日紅。庭のある家に住めたらぜひ植えたかった樹木の一つ。
e0083517_16210665.jpg
和洋中の雰囲気を兼ね備えた珍しい花木である。花も上品で花期長く、幹の風合いも滑らかでいい。駅前ではあるが身近に愛でられるのはありがたいことである。
e0083517_16211808.jpg
今日は土用丑。帰り道にCOOPに寄るとうなぎの垂れ幕が出ており、いつもより心もち安い価格設定。はり込んで国産の大振りうなぎを買って帰る。肝がなかったのは残念だったが、うな丼とちょっと気合を入れて作ったうざくでいただく。写真を撮り忘れたのが悔やまれる。

# by yellowtail5a01 | 2017-07-25 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年7月24日(月) 薄曇り 

月曜日は出勤日が定番だったが、今年度になってから柔軟性が増し、今日は自由日。9時からテレビにかじりつく。家内の通院アッシーやCOOP買い物の時間を除き、NHKをつけっぱなし。

このやり取りで決定的な結果にはならないのだろうが、答弁の言葉遣い、所作によって、誰が嘘をついているのか真実を言っているのかは、ポリグラフを付けなくても明らかである。

三時に国会中継が終わって屋根裏の書斎に行くと38度まで室温は上昇している。窓を全開しておけばもう少しましだったのだろうが、閉めたままにしていたのがまずかった。

なるべくエアコンは一カ所限定にしているが、背に腹は代えられず三階のエアコンもつける。新婚の時にマンションにつけたエアコンを引っ越し時に屋根裏に移設したものだが、購入以来38年になる。

毎年一番暑い時にはほぼ毎日運転しているが、故障もせず稼働してくれている。ナショナル製品の耐久性にあらためて感謝。
e0083517_00162972.jpg
しかし、省エネ性能という点では今のエアコンに比較するととんでもなく悪いものと思われる。7月、8月、9月の電気代請求が恐ろしいことになりそうである。

# by yellowtail5a01 | 2017-07-24 23:59 | ひとりごと | Comments(2)
2017年7月23日(日) 晴 

先週の日曜日に芸文センターに家内と観に行った佐渡裕プロデュースのオペラ、フィガロだが、ストーリーがイマイチすっと腑に落ちない箇所が少なからずあった。

特にACT4冒頭のバルバリーナが探し物をしている場面。なんとなく観ながしていたが、頭の中できちんと繋がらなかった。あらためて昔のDVDで詳細を確認すると、伯爵夫人とスザンナが画策した誘惑の手紙に刺したピンが鍵。

DVDを観てみると気が付かなかった細かい演出が理解できてきた。もう一度観ればより深く鑑賞できるだろうと思い、ダメもとでヨットのマネージャに「ドタキャンがあればよろしく」と相談すると運よくチケットをゲットできた。しかも、いい席。
e0083517_00412552.jpg
全てがわかったわけではないが、第三幕から第四幕、そしてフィナーレに繋がるストーリーは、先週はもやもやとしていたところがスッキリと腑に落ちた。なにかの批評に書いてあったが、「まず、一度観てください、そして100回観てください。都度新たな発見があります。」なんとなくわかる気がした。

# by yellowtail5a01 | 2017-07-23 23:59 | 文化 | Comments(0)