ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

2017年12月17日(日) 晴 

一段と気温が下がっているのか、風が冷たい。防寒具で身を固め、キャプテン以下クルー計六名が集い、本年のラストセーリングに冷たい海に出る。
e0083517_23462923.jpg
寒いというより冷たいという強風だが、緊張感を持ってセーリングを楽しむことがでできた。期待していた洋上での乾杯は見送らざるを得ない。こんなに寒い大阪湾だが、ディンギーもウィンドサーフィンもセイルボートもそこそこ出ていた。
e0083517_23464143.jpg
12時頃には帰港し、キャビンに入って酒盛り昼食。マネージャお母上の心づくしの美味しいお料理にありつく。次回は年明けの新年会、新春セーリングの予定。エクシブの建物も来春開設を控え、ほぼ完成の姿と相成っていた。
e0083517_23461824.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-12-17 23:59 | マリンワールド | Comments(0)
2017年12月16日(土) 晴 

朝一番から家内の通院アッシーで高槻の山奥に。時間がないのでドクターに事情を話し15分で診察を切り上げてもらい、名神高速を飛ばして帰ると11時前に余裕で帰宅。

クルマで芦屋直行かと案じられたが、余裕で電車で参加できる。せっかくのクリスマスパーティで飲めないというのは辛すぎるが、それはクリア。

まずは昼前から芦屋市民センターのレストラン業平にて、タイムを読む会の新旧役員引き継ぎ会。次期役員は経験者ばかりなので、スムーズに引継ぎ完了。

続いてのタイムを読む会では、アメリカのホスピス事情を学ぶ。こと医療や医療保険に関しては、アメリカよりも日本の方が安心できそうだ。

三時からは、ユニーク英語会。今日のテーマは「アルゴ」という実話を基にしたハリウッド映画。1979年のイラン革命のときに起ったアメリカ大使館員のテヘラン脱出劇。10日くらい前に字幕版で一度観たきりでその後は観る機会を得られず、準備不足で勉強会に臨んだ。皆さんのコメントを聞きながら、シーンを反芻するのが精いっぱい。

勉強の後は、ユニ英のクリスマスパーティ。数年前に何度か使ったレストラン、ソルト&ペッパー。コストパーフォーマンスよく15人のパーティとなる。持ち寄ったクリスマスプレゼントビンゴゲームで争奪。
e0083517_23454890.jpg
一番の狙い目立ったシーバスリーガルは一足違いで先生に取られてしまうが、その次にビンゴ達成し赤ワインをゲット。昔の仲間がベトナムからの若い女性を連れて飛び入り参加もあり、盛り上がる。

お店の外に出ると、木枯らしが吹きすさび震え上がったが、なんとか恒例の記念写真を撮ることができた。
e0083517_23460280.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-12-16 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年12月15日(金) 晴 

先週の金曜日で年内のゴルフは打ち納めの予定だったが、どうしても100を切れなかったことが心残りで、再挑戦を計る。明日の英語の準備に時間を使いたいところだが、どうしても気になり無理をして飛び込みでエントリー。

どんな人と一緒になるのかと恐る恐るであったが、2歳下の人と2歳上の人との三人のパーティとなった。お人柄は良さそうだが、腕も相当上で、「僕たちはブルーティーから打つけれど、どうされますか」といきなりかまされる。その昔、このコースの主だった今は亡きA氏にそそのかされてブルーティから回ったものだが、何年振りのことか。

どのホールもティーグランドからの景色がずいぶん違う。アウト2番は短いミドルのサービスホールだが、バックからだと狭い気がする。
e0083517_00300881.jpg
午前のインは51。午後を48で回れば年内100切りを達成できるのが、そうは甘くなかった。午後のアウトで2発のOBを出してしまい49。またしても恨みの100となる。悔やまれるのは最終9番ミドルで右に出たボールがOBとなった。ホワイトティーからだったら助かっていたかもしれない。
e0083517_00302134.jpg
まあ、悔やんでも仕方がない。今日はバックから打ったから5打くらいはマイナスしてもいいのかも知れないが、100は100。年末に時間を捻出できればもう一度チャレンジするか否か。気持ちとしては再チャレンジモードになっている。

夜は一年振りの梅田Mr.Kelly'sでのりかちゃんのクリスマスライブ。ヨットのメンバーで応援しているというか自分が引っ張り込んできた気がするが、楽しんでいただければそれは嬉しい。去年はS氏と一緒だったが、今年はメンバーが集まらずちょっとロンリーなMr.Kelly'sとなった。
e0083517_00295310.jpg
ファーストセットで失礼したが、りかちゃんが見送ってくれて握手しに来てくれたのが嬉しい。ハグならもっといいのだが。

# by yellowtail5a01 | 2017-12-15 23:59 | ゴルフ | Comments(0)
2017年12月14日(木) 晴 

三菱東京UFJ銀行主催のセミナーがあったので、早くからエントリーしていた。いつも上六のシェラトンホテルであるので、2時を目指して行くが、どうもそのような催しはないようである。

プリントしていた会場案内を確かめると、京都の都ホテルが会場だった。万事休すでセミナーを諦める。わざわざ昨日に続き上六まで出てきたのが悔やまれる。しかし、家内に頼まれていた息子の戸籍抄本入手があったので、梅田のセンターではなく、本籍のある天王寺区役所に寄り戸籍抄本を入手する。

天王寺区役所に来たのは確か二回目だが、レトロな建物が懐かしい。
e0083517_01175686.jpg
筋向いの小さなお店に外車が次々止まり、裕福そうな女性がお店に入っていく。なんのお店かと覗くと小さなケーキ屋さん。きっと人気のお店なのだろう。
e0083517_01180798.jpg
いいお天気だし、この辺りを散策する機会もないので、四天王寺と一心寺を参拝することにする。戦災に遭わなかったのであろう、昔の造りの建物が残っている。
e0083517_01181625.jpg
南に下ると四天王寺に行きつく。京都のお寺はほとんど訪問していると思うが、大阪のお寺に訪問したことはあるかと自問する。
e0083517_01183275.jpg
立派な金堂と五重塔がある。五重塔は5層まで登れるようになっていて、螺旋階段を登ってみる。結構しんどい。
e0083517_01184909.jpg
四天王寺をあとにして、次の訪問地は一心寺。落語の「天神山」で出てくる花見ならぬ墓見の舞台である。
e0083517_01190726.jpg
落語に出てくる江戸時代には、広大な領地があったことであろう。「天神山」といえば、枝雀はじめいろんな落語家がやっているが、自分としては元町の恋雅亭で生で聴いた桂文之助が印象的である。

一心寺から天王寺駅に向かうべく南下すると公園を通り抜ける。ここが有名な茶臼山か。朝ドラ「ちりとてちん」でも有名になった「愛宕山」に出てくる大阪の代表的な山の一つ。天保山、茶臼山ともう一つは真田山だったか。京都の旦那に「そりゃ地べたのにきびや」と揶揄された三山。
e0083517_01194189.jpg
ここから観る通天閣も悪くない。
e0083517_01195597.jpg
茶臼山を下るとやや場違いな朱塗りの橋。あべのハルカスと対比したくなる。
e0083517_01202641.jpg
この池の噴水はなかなか品があった。
e0083517_01201367.jpg
その延長にお馴染の市立美術館が聳え立つ。
e0083517_01204167.jpg
すっかり天王寺区探訪の昼下がりとなった。梅田に戻ってくると阪急コンコースはクリスマスモード全開。師走も早や半分が過ぎようとしている。
e0083517_01210213.jpg


# by yellowtail5a01 | 2017-12-14 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2017年12月13日(水) 晴 

今日は変則出勤日。午後に法令改正説明会が大阪市内であるので、「直行してもらっていいですよ」と言われていたが、出社しないと稟議の承認をため込むことになるので、二時間だけだが南二見に出向く。

11時には切り上げ、説明会の会場に向かう。その昔、大阪外大があった地に今は国際何とかセンターができており、年中行事のようになっている外為法の政省令改正説明会が開催される。

九州から自費参加される旧友もいるので、P社で一緒にやってきたOB、現役の出席者に声を掛けると9人が宴会に参加の意向をいただいた。上六の駅にほど近い居酒屋で5時の開店に合わせて宴会となる。

みんな輸出管理という共通項でつながっており、このような会のお世話をさせていただけるのもありがたい。これが、秋の法務部門OB・OG会に繋がってくれることも期待したい。

紅一点参加してくれた産機時代の仲間のKさんも今月で少し早い目の定年退職とのこと。40代の当時が思い出される。もう30年近く前のことになったのかと思うと感慨ひとしお。皆さんとそれぞれの思い出が彷彿される忘年会となった。

お開きは午後7時過ぎ。昔ならもう一軒行こうということになったのだろうが、平均年齢65歳となるとその声は上がらない。上六から近鉄・阪神直行で帰宅の途に着く。便利になったものだ。
e0083517_04013694.jpg



# by yellowtail5a01 | 2017-12-13 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年12月12日(火) 晴 

ある団体を通じて人材募集が目に留まった。その団体の紹介は、関東の会社が多いので見過ごすことが多かったが、今回は関西。週二回ということなので、対応可能。11月に履歴書を添付して応募しておいたのが、忘れた頃に面接の案内が来た。久しぶりにネクタイをして出向く。

この歳になったら就活よりも終活でしょう、という声も聞こえてきそうだが、自分のキャリアを活かして社会貢献でき、いくばくかの収入を得られる場があれば、チャレンジしたいというのが本音である。

他にも応募者がいるようで、選考結果待ちとなったが、採用となれば来年は緊張感を伴う新年を迎えることになりそうだ。

不採用となった場合は、友人から勧誘いただいている隔週木曜日が練習日になる芦屋の男声コーラスグループにエントリーすることになりそうだ。どちらに転んでも来年は、新しいことにチャレンジすることになりそうである。

日曜日に調達したIKEAのアロマキャンドルは、いい香りを提供してくれて、安眠に貢献してくれている。いい買い物だったと思う。
e0083517_03224929.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-12-12 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年12月11日(月) 薄曇り 

本年最後の十三歌会。12月は半分がクリスマスソングで、そちらは歌いやすいが、それ以外の曲は難曲が多い気がした。先生の厳しい指導に従い何とかついていけたか。

二時間大きな声で高い声も出して歌ったが、喉はそれほど苦しくない。少しづつ先生の指導が身について来ているのかと思う。練習後、仲間内の5人でランチの後、復習とチャレンジ目標を持って四人でジャンカラへ。平日の昼間のシニア料金は、グッと安い。

来年の暑気払いまたは忘年会でユニットを結成した時のことを考え、どの曲がよさそうかを検討。取りあえず候補に上がったのは、「アメイジンググレース」、「広い河の岸辺」。難しいが挑戦のし甲斐のありそうな「スタンドアローン」。自分が気に入っている「You Raise Me Up」。毎月十三歌会の後で練習を積めば、半年後、一年後にはそれなりにものになるかも知れない。

夕方、近所の郵便局に。僅かだが株の配当を受け取りがてら、喪中はがきのあまり20枚を官製はがきに交換してもらう。向かいの西田公園は山茶花の季節である。
e0083517_00144989.jpg
濃い緑の葉をバックに濃いピンクの山茶花はこの季節の賑わい。
e0083517_00143784.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-12-11 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2017年12月10日(日) 晴のち雨 

家内が10ヵ月ぶりに大阪市内での英語勉強会に出席するというので、最寄りの駅まで送ることにする。クルマで出たついでにコーナンに寄るとパンジー・ビオラが@\58で出ている。これはチャンスとビオラ12株とガーデンシクラメンを一株購入。

しばらくご無沙汰しているハンギングバスケットに再挑戦。取りあえず植え付けたばかりの今はみすぼらしいが、正月から春先にどのように育つか楽しみである。
e0083517_00115331.jpg
夕方のお迎えまで時間があるので、久しぶりに神戸ポートアイランドのIKEAに出向く。一番の目的は、香りのキャンドルの調達。
e0083517_00412484.jpg
これを炊いて寝ると熟睡できるような気がする。
e0083517_00413499.jpg
案の定ついでにいろいろな小物を買う羽目になるが、これがIKEAの楽しみであろう。


# by yellowtail5a01 | 2017-12-10 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年12月9日(土) 晴 

午後からコーラス練習日。久しぶりの新長田駅に向かう。1月14日の新春懇親会での本番に向けて、課題曲二曲とグループの定番曲の「デカンショ節」が、大分完成の域に近づいているかな。あと二回しか練習日がないので、果たしてどうなることやら。

帰り道、元町で途中下車し、昨夜始まったばかりのルミナリエ神戸の様子を見んとて、行列に入る。
e0083517_03143957.jpg
あわよくば6時の点灯の瞬間を見たいものだが、行列はあっという間に広い車道を埋め尽くし、遅々として進まなくなった。
e0083517_03145197.jpg
この調子では、6時までに点灯現場に着けそうもないことが確実となったので、柵の切れ目から出してもらい、家路に急ぐ。まだ一週間くらいはやっているので、そのうちに機会があればカメラ片手に訪ねたい。

# by yellowtail5a01 | 2017-12-09 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2017年12月8日(金) 曇のち薄曇りのち雪 

心配された雨も7時過ぎには上がり、スタートの頃には全く雨の心配のない曇り空。天気予報が当たっていたことに一同感謝する。参加し始めた13年ほど前はいつも5組は集まり賑やかだったPRG会も年年歳歳参加者が減り、このところは3組がせいぜい。前回、今回と2組でのコンペ。

先輩たちは徐々にやめていくのは仕方ないとしても、自分よりも年下の連中が早世したり、故郷に戻っていくのも減少の要因である。若い人が入ってこないと年寄りは順番に去っていくと、この会の解散もそう遠い先ではあるまい。

すっかり冬枯れの様相となり、今日は格別に冷える。
e0083517_20191580.jpg
スコアは何とかと思うが、午前のインはまたまたアプローチミスが出たりで52。午後のアウトはパーを三つも拾え、9番アイアンによるアプローチも功を奏し、快調だったのだが、1ホールのみOBを二つだし、5オーバー。
e0083517_20192554.jpg
他にもアプローチミスでバンカーの顎に目玉としてしまいパーを取り逃したりで50。100を切れずの102。まあ、いっときの110レベルからは10打ほど縮んでいるので良しとせねばなるまい。OB二つがなかりせば98で上がれたものを。無念。

ホールアウト後、優勝者のおごりでお茶をして帰ると結構遅い時間になった。盤滝トンネル前で日暮れを迎えるが、雪がちらつき始めた。今冬初めての雪。もっとロマンチックな状況で迎えられたらいいのだが。
e0083517_20194678.jpg
トンネル直前では本降りの雪となる。
e0083517_22422994.jpg



# by yellowtail5a01 | 2017-12-08 22:33 | ゴルフ | Comments(0)
2017年12月7日(木) 晴 

昨日に引き続き格別の予定のない日が続くので、年末が迫る前に散髪に行くことにする。三宮の南にあるこの理容店に通い出して、もう丸5年になるのか。主人夫婦と若手従業員の三人でやっている都会の理容店。

最初は安いのが魅力で見つけたのだが、デザインのしようもない頭髪にも毎回丁寧にこちらの意向を確認しながら鋏を入れてくれるのが嬉しい。髭についてもバリカン主体だが5ミリと6ミリとか細かくアレンジしてくれるので、ずっと続いている。

大概は三宮に出たついでに寄ることが多いが、今日は散髪目的のみで朝から三宮に向かう。さくら夙川駅でちょうど並走する列車が来たので、撮り鉄気分でレンズを向ける。
e0083517_01562837.jpg
新快速と普通電車の並走かと思ったが、近づいてくると外軌道を走っているのは鈍足の貨物列車。近くに来たときには普通列車が僅か前に来ていた。
e0083517_01563886.jpg
昼食に珉珉の生餃子を買って帰ることを思いつき、正午のセンター街を抜けて珉珉へ。
e0083517_01564732.jpg
昔からある双葉園にはクリスマスモードのポインセチアが並んでいた。
e0083517_01565640.jpg
明日は年内最後のゴルフラウンド。雨にならなければいいが。いずれにしても100切りが目標である。

# by yellowtail5a01 | 2017-12-07 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2017年12月6日(水) 晴 

久しぶりの予定のない日。午前中のんびり過ごし、昼過ぎに近所の上ヶ原ゴルフセンターに出向く。昨日の反省を込めて、一通りのクラブの練習をする。ドライバーはそれなりにまとまっているが、フェアウェイウッドの頭叩きをどう改善するかが一つの課題。

後はアイアンの飛距離と方向の安定性の向上とアプローチの距離感が課題である。まあ、練習しないよりかはした方がいいと思い、小一時間であるが無心にボールに向かう。

帰り道、少し寄り道をして高座町の新池に寄ってみる。池畔に立つと鴨が美しい曳き波を残してこちらに向かってくる。
e0083517_23152425.jpg
なんでだろうと一瞬思ったが、きっと餌をやる人がいるのだろうと思い当たる。案の定、そんな人がいた。撒かれたパン片に向かって鴨たちが一斉に飛んでくる。
e0083517_23153697.jpg
おまけに鳩も動じずに足元まで寄ってきた。物欲しそうだが何もあげられるものはない。
e0083517_23154912.jpg
新池を後にして、ニテコ池に向かう。小学校の頃の写生対象として懐かしいテ池の水門構築物。昔と変わらない佇まいである。
e0083517_23162740.jpg
ところがその横では、せっかくの森が潰されマンションの工事現場となっている。出来上がればそれはそれなりに瀟洒な億ションになるかも知れないが、工事中は風情ぶち壊し。
e0083517_23160477.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-12-06 23:06 | 写真 | Comments(0)
2017年12月5日(火) 晴 

かなり冷えるが、昼過ぎにはいいお天気となる。産機OBコンペの年内最終回は、本会の会長さんと事務局長と三人で回ることになる。会長さんは”Play fast"の権化の存在なので、それなりに気を遣う。とりわけ、パターを取ることについてのご執着があるようで、最初にパターを抜く人は全員のパターを一緒に抜くべし、というルールを実践されている。

他の季節では気づかなかったが、ここ能勢カントリー倶楽部には、メタセコイアが多いことを紅葉の季節にしてあらためて実感する。
e0083517_22383463.jpg
全ホールを通じて、紅茶色に紅葉したメタセコイアが目立つ。
e0083517_22381723.jpg
落ち葉で覆われた地面も紅茶色でフワフワしている。

インコース11番のティーグランドから。
e0083517_22390044.jpg
インコース12番のショートホール。
e0083517_22380734.jpg
100切りを目指して頑張ったのであるが、結果は49-51で前回に引き続き100で終わる。全体として悪くはなかったのだが、アプローチがことごとくショートし寄せワンを殆ど取れなかった。それにしても気持ちのいいお天気の中、プレーできたのはありがたい。
e0083517_22382461.jpg
年内残すところあと一回。ホームコースでの仲間内ラウンドなので気楽に行きたい。このところ、ゴルフに対する執念というか楽しみが増えてきた。これほど100台のスコアが続くとなんとか100切りを果たしたいと願う気持ちは、ゴルフを始めた33歳の頃の気持ちに相通ずるものがある。

100を切った次は95、その次は80台。初心に戻ってもう一度チャレンジしたい。

# by yellowtail5a01 | 2017-12-05 23:59 | ゴルフ | Comments(0)
2017年12月4日(月) 曇 

今日は待ちに待った定期検診日。約三週間の断酒がどのような結果を招くのか楽しみである。体重は73.5㎏となり前回6月より1㎏減った。まあ、これは測定誤差の範囲内か。血圧は117-78と申し分ない。メタボ改善はできていない。

問題は採血検査の結果である。γーGPTがどこまで下がっているか、結果が来るのが待ち遠しい。断酒は、それほど苦労しなくてもできることがわかったのも嬉しい発見である。帰りに飲んで帰ろうというつもりはなかったのだが、結果的にそうなった。

というのも、電車に乗ってからスマホがポケットに入っていないことに気付く。きっと会社の作業服の胸ポケットに入れたままに違いない。明石駅で降りて、公衆電話で会社に連絡すると電話を取ってくれたのは経理のベテラン社員。探してもらうと机の上に放置されていたようである。

「帰り道、明石は通られますか」と尋ねると「7時ごろに明石でバスに乗り換えます。」とのこと。助かった。スマホがないことには今や生活が成り立たない気がする。で、7時までの小一時間をどう潰すかとなり、駅前のお気に入り玉子焼き店「松竹」に寄る。

晴れて玉子焼きと生中を注文。
e0083517_22372379.jpg
久しぶりにいただく生ビールが喉に浸みる。
e0083517_22371308.jpg
玉子焼きも久しぶり。これから本番季節なので、東二見の「てんしん」にも寄ってみたいものである。
e0083517_22373269.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-12-04 23:59 | 健康 | Comments(0)
2017年12月3日(日) 晴 

久しぶりに心身ともにゆったりできると思っていた日曜日だったが、娘の電話で急遽予定変更。なんでも神戸文化ホールにて、しまじろうの「おもちゃの国のクリスマス」という幼児向けイベントがあり、それを観に行くので、あき君の面倒見てくれないとのこと。婿殿は取引先のゴルフコンペで行けないので、その代役をとのこと。

二つ返事で引き受ける。神戸の前にわが家に寄るというので、慌てて大掃除。何とか間に合う。あき君はピアノで遊ぶのが楽しみのようで上機嫌。
e0083517_01514674.jpg
西田公園に連れて行き、懐かしい大滑り台でしばし遊ぶ。
e0083517_01510493.jpg
西田公園にはカシやナラの木があり、いろんなドングリが落ちている。
e0083517_01511532.jpg
どんぐり拾いに夢中になって、疲れてくれて、お昼寝をして神戸に向かうというのが娘の描いたベストシナリオ。
e0083517_01512422.jpg
公園で散々遊んで帰ると、兄妹揃ってお昼寝タイム。
e0083517_01513796.jpg
午後三時半には起こして神戸に向かう。阪急電車に乗るのは初めてのことらしい。三宮で地下鉄に乗り換え、大倉山で降りると神戸文化ホールはすぐそば。観客全員が幼児を連れた親子連れ。ジイジやバアバの存在はほとんどみとめられない。
e0083517_01515648.jpg
この手のビッグイベントに連れて行っても、いつもはあまり乗らないアッキーらしいが今日はそれなりに乗ってくれたように思う。
e0083517_01520810.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-12-03 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年12月2日(土) 晴 

2017年もいろいろ緊張する場面もあったが、今日はその中の一つか。大きなイベントとしては二月の母の旅立ちとそれに伴う一連の儀式。遺産協議の5月のある日、後は10月初旬の法務部門OB・OG会が印象に残る。それらに次ぐような自分にとってはビッグイベントであった。

昼の勉強会は、フランスのマクロン大統領に関する記事。トランプがもはや世界のリーダーの座を自ら降り、メルケルは連立政権構築に汲々とし、メイはBrexitの対応に難儀する中、頭角を現すのはマクロンか。

3時間15分で長編の記事を完読できたのは、今日の進行役・司会のKさんの気合の入った仕切りによるところが大きい。予定通り4時15分から年次総会に移行し、無事会計報告承認、次期役員信任などを終えて、忘年会に流れる。東芦屋町の瀟洒なレストランラベイユで宴は始まる。
e0083517_01204401.jpg
5000円とは思えないフレンチのフルコース。
e0083517_01205372.jpg
余興のクイズ二つとクリスマスソング斉唱も無事終わりヤレヤレの気分。終わったのが遅かったので二次会カラオケは割愛し、家路に着く。その前に記念写真を撮る。
e0083517_01210742.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-12-02 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年12月1日(金) 晴 

とうとう師走に突入。テレビでもラジオでも皆さんが早いですねぇ、と言っている。何と比べて早いのかといえば、子供の頃の時間間隔に比べると時の流れるスピードが速くなっていると感じるのだろう。

子供の頃は一日は短く一年は長い、老人になると一日は長く、一年は短いと言われることがあるが、果たしてそうだろうか。1時間の流れる速度も、1日の流れる速度も、1年が流れる速度も子供の頃より速く感じるのは自分だけだろうか。

明日の忘年会で歌う歌が最終的に決まっていない。相談して決めようと思っていたが、伴奏音源を確保できること、皆さんで歌える歌、季節感や会の雰囲気に合った曲という条件で絞り込むとクリスマスソングとなる。ジングルベル、ホワイトクリスマス、きよしこの夜に決定。

水曜日の役員打ち合わせの時に、十三の斉唱会でいつも一緒に歌っているメンバーで美声を聞かせて欲しいという無茶振りなリクエストがあり、無理とは思いつつ相方のN氏に相談することにした。そのために夕刻に芦屋市民センターに出向く。ついでに会計報告の最終確認のため、別途会計のNさんにも来てもらい処置できた。
e0083517_01203081.jpg
少人数での歌の披露はいくらなんでも急すぎるため、withdrawさせていただくことにする。その代わりに今後の課題として、いい方策に話が弾んだので、時間を取った甲斐があった。来年は面白い趣向を凝らすことができるかもしれない。

# by yellowtail5a01 | 2017-12-01 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年11月30日(木) 曇りのちうす曇り

天気予報ではずっと雨の予報だったので心配していたが、昨日あたりの予報ではどうやら雨の心配はなくなった。心の片隅では、雨でノーゲームになって欲しいと思っていたことは否めない。絶不調につき、バトルを一時的に離脱するという宣言もありかなとも思うが、一度それをすると復帰が難しくなりそうだ。
e0083517_01200152.jpg
とにかく気合を入れて立ち向かうしかないと決意して臨む。そんな気合が効を奏したのか、スタートホールのロングホールの第三打がトップしたのだが、ラフに落ちたボールはコロコロとグリーンまで届き、5メートルほどのパーオン。パットも危うく入りかけたが、それは外し、それでも余裕でパースタート。幸先良し。

いつもならスタートでトリプルとか叩いてしまうことが多いが、ボギーを拾えることが多く、午前は47。やっとまとも数字に復活。しかし、午後は拾えるものを拾えず、53で合計。100。なんとか二桁に戻したかったが、それは次の機会の楽しみに取っておこう。

ここ、東条ゴルフ倶楽部は前回も復活の機会になったゴルフ場で相性がいいのか。これを契機に元に戻りたい。
e0083517_01201223.jpg


 



# by yellowtail5a01 | 2017-11-30 23:59 | ゴルフ | Comments(0)
2017年11月29日(水) 曇のち雨 

いよいよ役員活動も大詰め。12月2日の総会で新役員にバトンタッチして、お役御免となる予定だが、総会とその後の忘年会は、現体制四人でやり切らなければならない。

10月初旬に会場のレストランでランチをしながら概要を打ち合わせていた。その時の最大の課題は、次期役員候補を説得して、引導を渡すことであった。そのあとの紆余曲折はいろいろあったが、都度他の役員に相談しながら10月末までには収まる所に収めることができホッとする。

あとは、朝具体的な事務的準備事項。総会議案、会計決算と報告、会則の改正案準備。あとは宴会の余興的イベントと歌をどうするかである。

その後、四人全員の予定が揃うのは、唯一今日の昼ということになった。芦屋川沿いに近いフレンチレストランのランチを挟んで、最後のミーティング。1800円位のランチだが、美しく美味しい。世のおばさん達はしょっちゅうこのようなご馳走を食べているのかと思う。
e0083517_01155542.jpg
肉料理もしっかりしており、スープ、パン、デザート、コーヒーも付いてこの値段だとお値打ちである。
e0083517_01185237.jpg
コーヒーも終わってテーブルの上を片付けてもらってから、本格会議。
e0083517_01190086.jpg
去年の12月にスタートした時は、お姉さま方三人と一緒にどんなチームになるのか恐る恐るであったが、お花見会を準備する頃から連帯感が強くなり、以後いいチーム運営をできてきたと思う。今日と総会が四人での活動として最後になるのかと思うと寂しい気もするが、いろんな人と一緒に役員をして労苦を共にして友情が深まるというのは嬉しいことである。

夜になって、明日のゴルフバトルに備えて練習場に行く。10月末から11月にかけて懐かしの同窓会コンペが続いたが、いずれも102くらいから112の間のスコア。世話役の立場が多いので、そんなに頑張ることでもないので、気にせずに回ることを楽しんできたが、明日のゴルフ狼のような永年の宿敵とスクエアで戦う女流ゴルファーとの真剣バトルゴルフ。

いい加減な気持ちでは望めないので、泥縄式練習に向かう。
e0083517_01190918.jpg
甲子園のアコーディアガーデンに来るのもずいぶん久しぶりだ。去年の右ひざ関節炎以来、稀にしか来ていない。隣で熱心に練習しているおばさんのアプローチを見ていると実に正確で、同じ球を何度も再現している。少し刺激を受けてこちらも頑張る。しかし、マットの上と芝の上の違いもあり、前途多難である。
e0083517_01191931.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-11-29 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年11月28日(火) 晴 

今日は講師会議の一環のスキルアップセミナー。淀屋橋の貸会議室に集められて、パワーポイントの講義。先生は40台いくか行かないか、生徒は60台から70台。三時間弱のセミナーはそれはそれとして学習し、お楽しみは後の懇親会。

飲み放題ではあるが、生憎断酒中の身。ノンアルビールで乾杯した後は専らウーロン茶。味気ないものである。飲まない人が宴会に参加した時の気持ちが少しわかった気がする。

# by yellowtail5a01 | 2017-11-28 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年11月27日(月) 晴 

南二見に本社が引っ越して、ちょうど二年が経った。出勤日はほぼいつも昼休みは海岸散歩と決めているが、初めて見る光景が二つもあった。

一つはヨット発見。漁師の網や仕掛けだらけの海域に入って来るとは、よほど地の利のあるヨットマンなのであろう。
e0083517_03465005.jpg
もう一つは、釣り上げられた大きな魚。まぎれもなくブリである。1メートルあったかもしれない。釣り人に「のませでっか」と尋ねるとYesの答えが戻ってきた。テトラの海岸でこんな大物を引き揚げるには苦労があったに違いない。
e0083517_03470086.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-11-27 23:59 | フィッシング | Comments(0)
2017年11月26日(日) 晴 

喉の調子を崩したとのことでこのところ休んでおられたコーラス指導者のS先生が復帰。やはりトレーニングにも変化が生じ、皆さんいい声が出ているようだ。特にベースパートはお褒めをいただく。

何が変わったわけでもないのだが、もともとコーラスをやっておられたN氏が久しぶりに出席。一人の声量の貢献が大きいが、さらに音程・リズムのしっかりした人が核になって、周辺のメンバーにも自信を与えてくれる効果が大きいと思われる。

後半は、テナー・ソプラノパートの特訓に時間を取り、聴いていることが多かったが、他人の発声に耳を傾けていると、先生の求めていることが見えてくる。

年明けの新春懇親会でのステージまでに残された練習機会は三回。そろそろ仕上げの時が近づいてきた。

阪急夙川駅界隈は晩秋の様相。早くから色づき始めた桜の葉がまだ散らずに結構残っている。
e0083517_00425809.jpg
ホームで電車を待つ乗客の表情がよくてついレンズを向けたくなった。
e0083517_00430821.jpg
夕方に戻ってくると今年もクリスマスツリーが飾られていることに気付く。年の瀬も迫ってきた実感がいよいよ湧いてくる。
e0083517_00433499.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-11-26 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2017年11月25日(土) 晴 

午後は英語会のダブルヘッダー。タイムの方は一通り予習は完了しているが、ユニーク英語はぶっつけ本番となる。その前に家内の通院アッシー。近隣なら気にならないが、高槻の山奥まで午前中に往復はきつい。

なんとか時間的には間に合ったが、予習に当てる時間は全然取れないまま芦屋に向かう。タイム記事は、第19回共産党大会を無事終えて、毛沢東・鄧小平に並ぶ殿堂入りを果たし、自信を深める習近平と彼が率いる中国の勢いについての記事。

日本がどんどん置いて行かれているような記事で、あまり気分良くないが、これは現実として受け入れなければならないのだろう。もう一つのアメリカ記事は読了できずに終わる。二時間で4ページはやはり無理があった。

ユニーク英語のディスカッションテーマは、羽曳野市の公立高校で起こった頭髪問題。地毛が茶髪の女子に学校が執拗に黒に染めることを強要し、不登校・除籍に繋がったことに対し、学校に対する訴訟が提起された事件である。

これはどう考えても学校側の言い分に無理がある。外国人に対しても黒に染めることを要求するから日本人であっても当然であるという論旨。訴訟の結果がどうなるのか注目しておきたい。

芦屋駅前のイルミネーションもクリスマスモードとなってきた。
e0083517_00423799.jpg


# by yellowtail5a01 | 2017-11-25 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年11月24日(金) 晴時々曇 

もうかれこれ10年近く続いている春と秋のフォトウォーク。年年歳歳京都の紅葉名所が混み合うので、なるべく静かな穴場を京都人のU氏に案内してもらうパターンが続いている。まずは昼食腹ごしらえ。四条河原町を少し下がったところの中華レストランでお手軽なランチ。13階にある窓からの景色がいい。東山をバックに霊仙観音や八坂の塔、清水寺などが見渡せる。
e0083517_02591828.jpg
最初の訪問先は、霊鑑寺門跡。いつも開いているわけではなく春と秋の期間限定の公開とのことで、空いている。
e0083517_03000799.jpg
庭の紅葉は今が盛りで、陽が射すと一層艶やかである。
e0083517_03020882.jpg
哲学の小道をさらに東山よりに登った辺りは、この時季でも閑静である。
e0083517_03024159.jpg
少し北に向かうと住蓮山安楽寺。こちらは浄土宗のお寺であるが、由来を辿ると法然、親鸞の時代に遡る。承元の法難として歴史に留められているようだ。

後鳥羽上皇が法然・親鸞を弾圧したことの巻き添えだったのか、法然の弟子だった住蓮上人と安楽上人が後鳥羽上皇に無断でその官女の松虫姫と鈴虫姫を出家させたことで、死罪を言い渡されたとのことである。
e0083517_12130443.jpg
大きな阿弥陀如来の前で、若い僧侶の朗々とした声で解説を聞くと800年前にタイムスリップして当時の状況が目に浮かぶようだ。
e0083517_03050097.jpg
お庭の紅葉も堪能させてもらう。
e0083517_03053487.jpg
いい色に染まっている。近年では一番いいタイミングで紅葉狩りをできたと思う。
e0083517_03032047.jpg
山門を透して観る風景も絵になるようだ。本当は階段の下には観光客が沢山いるが、しゃがんで目線を低くすると人物はほぼカットできた。
e0083517_03035688.jpg
少し疲れたのでお茶でもしようと思うとすぐ近くに日本茶のお店があったので入る。貸し切り状態だったのでお喋りタイムとなる。自分は宇治の煎茶をオーダーしたが、抹茶オーレが正解だったようである。
e0083517_03060472.jpg
5時半の夕食までの時間を利用して、三条高倉通西の京都文化博物館に連れて行ってもらう。
e0083517_03063474.jpg
こんなところに美術館があるとは知らなかった。広島の美術館のコレクションの期間限定展示で、日本画と西洋画を対比するように展示されており、日本の近代絵画の歩みを学べる感じである。

ポスターになっているのは岸田劉生の麗子肖像画。よく見る絵だが、似たような絵を何枚も書いているみたいで、可愛い麗子と怖い麗子が対比されていた。
e0083517_03080723.jpg
夕食は新町通り綾小路上るにある矢尾定という和食のお店。
e0083517_03083828.jpg
京都らしいものということでグジ(甘鯛)の塩焼きをメインとするお料理をいただく。立派な甘鯛の片身が出てきた。リーズナブルなお値段で満喫できた。Uさん、今年も一日楽しませていただきありがとうございました。
e0083517_03090831.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-11-24 23:59 | 写真 | Comments(4)
2017年11月23日(木) 晴 

久しぶりに娘宅に朝から向かう。祝日は道が空いていて、45分くらいで着く。最短・最速コースはどうやら発見できたようである。高速代に210円かかるが、値打ちはある。

あかりんは100日を過ぎ、首が座ってきた。泣くとき以外に声が出ないのが物足りないが、こればかりは仕方がない。一年後にはコミュニケーションを取れるようになるのであろう。
e0083517_01461793.jpg
あき君の方はますますやんちゃになってきたが、「ジィジ、遊ぼうよ」と次から次へとおもちゃを引っ張り出してくる。趣向が少し変わってきて、創作的なおもちゃに興味を示しているところが面白い。三歳児用のレゴブロックが今面白いようだ。
e0083517_01480188.jpg
朝の九時から三時頃まで遊んだり、ジャパンに買い物に行ったりしているとあっという間に時間が過ぎる。あとの予定もあるので、バイバイする。次に会えるのはいつになるのか。

友人が三宮のギャラリーに水彩画を出品しているというので、行けるときに行くことにする。北野坂のすそ野にギャラリーはあった。
e0083517_01483104.jpg
ローマの有名な「真実の口」の絵は、思ったよりも大きくて素晴らしい。絵を描くのも夢の一つだったが、大学の頃に少しかじっただけでその後縁はない。こんな風に描けたら楽しいと思われるが、時間のやりくりが大変にならないのだろうか。
e0083517_01481746.jpg
絵の鑑賞の後は、神戸に来ているというジャズシンガー阪井楊子ちゃんを覗きに近所の小さいライブハウスに顔を出す。12人も入れば満杯という地下のお店は、アーティストとの距離が近いのがいいところか。断酒中につきノンアルビールにするが、やはりこれは味気ない。
e0083517_01484313.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-11-23 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2017年11月22日(水) 晴のち曇のち雨 

久しぶりのよみうりカントリーでの高校同窓会コンペ。この一年、膝不調、胸筋不調が続き敬遠していたコンペだが、そろそろ三桁ゴルフからの脱却を期待して参加。50年振りに会う初参加者がいた。幸い天気は上々で、昨日、一昨日に比べると寒さも緩んで絶好のゴルフ日和。

モミジも今がピークと濃い赤に染まっている。
e0083517_02243974.jpg
11人とは少し寂しくなってきたコンペだが、元気に集合写真を撮る。
e0083517_02195830.jpg
中学以来大学学部まで一緒だったM君、最近になってすっかり仲良しになったE君、50年振りのS君と気楽に回らせてもらう。
e0083517_02250243.jpg
久しぶりのキャディ付きラウンドで、ましなスコアが出るはずなのに、上がってみると57-55の112。このところ安定しているっちゃ安定しているが、40年近くの我がゴルフ歴の中で最悪の絶不調トンネルから抜け出せない。ワーストスコア同ネット、ハンディ差でBB賞金にありつく。嬉しいような悔しいような。次回は幹事だ。
e0083517_02251609.jpg
大叩きホールがでるのは、アプローチの不調時。パーを取れないのはセカンドのミスショット。今日はマシだったがバンカーに捕まると手こずる。調子のよかったはずのパットも自信がなくなり最悪状態が続いている。

この状態が続けば、70歳を手前にしてギブアップということになるかも知れない。最後のあがきとして、回数を復活して実践トレーニングに徹するべきか。練習場でやっても成果はあまり期待できない気がする。


# by yellowtail5a01 | 2017-11-22 23:59 | ゴルフ | Comments(0)
2017年11月21日(火) 晴 

商事仲裁協会主催のセミナーの案内が時々回って来るが、無償のもあれば有償のもある。無償で関心のあるテーマで都合がつけば、大概出るようにしているが、今回は有償。15,000円は高いのか安いのか、中身次第である。

題目は、「転換期の中国事業をめぐる法的リスクマネジメント」。タイトルは自分のニーズにピッタリだが、講師のレベルがどの位なものかによって決まる。中国語で一方的に喋り捲られ、通訳もいい加減だと時間に無駄になるリスクもある。
e0083517_01005109.jpg
ぼそぼそと日本語で始めた劉弁護士だったが、なかなかの逸材とお見受けした。規制や法執行の変化が激しい商業賄賂や独占禁止法のジャンルに注力され、目からうろこの情報も少なからずあった。三時間の講義の終わるのがもったいないような有意義な講座に巡り合えてよかった。

帰りは堺筋本町から御堂筋まで歩く。イルミネーションが出る頃だろうと行くと、淀屋橋から南が派手に電飾されていた。
e0083517_01012261.jpg
テールランプがない北の方面は、少し寂しい感じか。
e0083517_01011295.jpg
街中にはそろそろクリスマスの飾りつけも本格化して、いよいよ年の瀬を感じる頃となってきた。
e0083517_01010102.jpg



# by yellowtail5a01 | 2017-11-21 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年11月20日(月) 曇 

この秋初めてオーバーコートとマフラーを出してきて、完全防備で駅に向かう。まだ、11月の下旬に掛かったばかりというのに、ひどい冷え込みだ。朝夕の駅往復以外は、それほど気にならない。朝夕の海岸沿いは社用車に便乗させてもらっているので助かる。

一週間ぶりに高速神戸駅で阪急から山陽に乗り換えようとすると、ホームの景色が一変している。ここにもようやく改革の波が届いたようである。ホーム上のベンチの向きが変わった。それにしても背中合わせに一つづつの椅子とはケチられたものである。反対方向の梅田行きホームは、二個づつの四個がセットになっている。ホームの幅は同じはずなのに、しみったれたことをしやがると少し腹が立った。
e0083517_03214905.jpg
昼休みは小雨模様だったので、門の外の海岸をちょっとだけ覗いて、すぐにオフィスに舞い戻る。朝ほど寒くはないが、風が強く先日までの陽気とは様変わり。釣り人達も寒そうである。
e0083517_03220340.jpg
北の空は重そうな鉛色の雲が空を占有し、気持ちまで滅入りそうなので早々に切り上げてデスクに戻って作業の続きをする。夕方までに仕上げないといけないタスクが入っているので気合が入り、充実した午後を過ごす。
e0083517_03221314.jpg
夕食は鍋に決まり。明石駅で途中下車し、駅構内半地下のスーパーにて海鮮鍋用の魚セットを購入。安くて新鮮なのを入手できたことと思う。野菜類は夙川に着いてから近所のCOOPで調達。今秋初めての本格鍋料理となった。

# by yellowtail5a01 | 2017-11-20 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年11月19日(日) 晴 

ひょんなことで只券を一枚もらっていた京都博物館での国宝展。いよいよ大詰めのⅣ期もあと一週間。平日に行けばよかったが、来週は建て込んでいるので混雑覚悟で日曜日の昼を狙って行く。
e0083517_00421484.jpg
長いと思われた長蛇の列も、意外にスイスイと進み、正味20分くらいの待ち時間か。
e0083517_00414437.jpg
展示室も良く混んでいるが、細かい出展物以外は少し後ろからでも十分見えるので、ストレスはない。

感想はというと、うーん、なんというか「国宝展観てきたよ」というところか。珍しい貴重なものばかりで、芸術性も高いのだろうけど、古いものが多く華やかなものが少ない。抹香臭いものが多い。ハッと目を引くものは何があったかなと振り返ると、源頼朝の肖像画、秀吉の短剣の刃、尾形光琳のかきつばたの屏風、油滴天目という茶碗、琉球王国製の徳川家婚礼調度品くらいか。

立派な薬師如来像や四天王像もあったが、やはりお寺でみる方がありがたみがあるようだ。金印はどんなものか現物を観てみたかったが、会期が違っていたようである。風神雷神の屏風も時期違い。看板の中にあるもので間に合わす。
e0083517_00422956.jpg
まだ陽が高くいいお天気だったので、京阪七条から出町柳に向かい、叡山電車に乗り換える。紅葉で有名な二ノ瀬駅が気になった。この時期の叡山電車は紅葉列車の様相で、写真を撮りやすい車両の先頭は、カメラマンでいっぱい。とても近寄れそうもない。市原駅と二ノ瀬駅の間のいいところは、電車も徐行してくれる。

何人か二ノ瀬駅で降りたが、みなさん中国・韓国系の若者。ネットで紹介されているのであろうか。
e0083517_00460211.jpg
駅の待合室の上にそびえる楓の大木がシンボリックである。。
e0083517_00463996.jpg
貴船方向にも見頃の紅葉が。
e0083517_00462318.jpg
ミラー越しに見るホームもいつものパターン。
e0083517_00470131.jpg
上り電車の待ち時間の20分ほどを撮影タイムに当てる。電車に乗ろうとするとこれが満員寿司詰め状態。一番前のドアから辛うじて乗り込むと運転席越しに紅葉トンネルを撮れる位置だったので、無理な体勢ではあったが女性運転手の頭越しに撮れた。
e0083517_01350245.jpg
ベストアングルには程遠いが、ラッキーであった。
e0083517_00472028.jpg
出町柳から祇園四条に戻ると、四条大橋の上は人でごった返している。日本語は少ない。
e0083517_03455059.jpg
賀茂川上流に優しい色の雲が出ていた。
e0083517_00515001.jpg



# by yellowtail5a01 | 2017-11-19 23:59 | 文化・教養 | Comments(0)
2017年11月18日(土) 雨のち曇 

今年度になって初参加予定であった松愛会のツーリングクラブの例会。奥琵琶湖方面を予定していたが、折からの雨模様で昨日の早い時刻に世話役から中止の連絡が入っていた。雨でなくても寒い中、奥琵琶湖は雪がちらつきそうな寒波到来のタイミング。中止が正解である。

木曜日は美術モードになっていたので、録画していた「北斎の娘」というNHKドラマを朝から観る。長塚京三演じる北斎と宮崎あおい演じる娘のお栄。北斎ワールドがふんだんに出てくる。10月7日の放送だったので、10月6日に開幕したハルカス美術館の北斎展に照準を合わせたドラマだったのか。

その北斎展は、明日19日が最終日。慌てて昼から天王寺に向かう。混雑は承知の上で行くと、案の定整理券を渡され、入館まで60分待ち。
e0083517_00550904.jpg
ずっと並んでいる必要はないので、うろうろできるのがいい。雨が上がったようなので、17階の庭園に出て、北方向を望む。
e0083517_00511799.jpg
入場制限をしていても館内は人人人。版画・肉筆画のいろんなジャンルの作品が大英博物館初め世界各地から集められているのは凄い。もっとも漫画集(Hokusai Sketch)など小さいものはショーケースに入っているので、近寄らないと見えないが、上野の西洋美術館で漫画類はゆっくり観ることができたので省略。

有名作品を主体に音声ガイドを聴きながら巡る。北斎が生涯かけて注力し、完成しようとしたのは富士山と波か。一番有名な富岳三十六景の神奈川沖浪裏がその両方の要素を備える傑作のひとつであろう。フライヤーや入り口前の展示もやはりこれだ。
e0083517_00552775.jpg
晩年86歳の時にお栄と一緒に行った信濃小布施で描いた「濤図」がその集大成か。本物も見応えがあったが、入り口前の4K大型スクリーンでも映されていた。切符を買う前に観た時はそれほど感動もしなかったが、見終わってから改めてみると北斎の執念が伝わってきた。
e0083517_00520894.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-11-18 23:59 | 文化・教養 | Comments(0)