ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

2017年5月27日(土) 晴 

 何とかやっつけ仕事で両方の勉強会の予習を完了。幸いなことにテーマが共通していたので、ずいぶん助かる。特にタイム記事で読んだ内容がユニーク英語のバックグラウンド情報として役に立つ。

 韓国の大統領が変わっても極東を取り巻く国際情勢が急激に変化するものではないが、大統領不在の状態よりはましになるのであろう。タイムを読む会の司会役は二月に加入いただいたばかりのK氏。男性では最若手だが、メリハリの効いた進行できっちり時間を使って記事を完読できた。

 ユニーク英語では、会長の友人のアメリカ人が日本に出張中ということでディスカッションに参加いただく。アメリカは想像通り、トランプ氏を巡ってデバイド状態のようで、シリコンバレーの彼は当然アンチトランプ。朝鮮半島情勢を論じるのにアメリカからの視点も入って、面白い討論となった。二次会も英語全開のパーティとなった。


 



# by yellowtail5a01 | 2017-05-27 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年5月26日(金) 晴 

 毎年この時期に恒例になっているRPE社の講師会議。会社の経営陣から業績報告と今年度施策、組織体制の紹介等の業務連絡がパートワン、講師業務に共通的に役立つ特別講演がパートツー、そしてアフター6の全体での懇親会。

 研修に同行いただいたりする営業マンはよく知っているが内勤スタッフの皆さまとはこのような機会がないとなかなかお話もできない。講師同志も日頃は会場ですれ違うことはあっても顔を合わす機会はほとんどない。

 現役時代から知っている近しい年齢の人もいるが、これに参加した10年余前は一番の若造だったのが、いつの間にか自分より先輩の人を探すのが難しくなってきた。同期クラスはまだ結構いらっしゃるので違和感はないが。

 飲み放題の居酒屋大宴会となり、チャンポンを避けて乾杯の後は芋焼酎の水割りに絞って押さえていたが、元気のいい営業マンが気前よく注いでくれるのに乗って、相当酔っぱらってしまった。皆さんもそんな感じで中締めの頃には皆へべれけ状態。
e0083517_08483021.jpg
 久しぶりに千鳥足で家までたどり着き、そのままソファでバタンキュー。予習などできっこない。

# by yellowtail5a01 | 2017-05-26 23:59 | 仕事 | Comments(0)
20175月25日(木) 晴 

 半ば忘れかけている右ひざ関節の痛みであるが、やはり強く曲げると痛みが走り、曲がり切らない。「もう水も溜まっていないし、ゴルフする分には問題ないでしょう。でも正座できるようになれるかどうかは難しい」との診断。月に一度の検診は継続することにする。

 午後に上本町シェラトンホテルで大講演会に行く予定をしていたが、明日は講師会議で潰れ、土曜の午前は家内の診察立ち合いで病院に行かなければならないことを考えるとタイムの予習の時間が殆ど取れないので、出掛けるのはパス。と言って予習が捗るわけでもないのだが。

# by yellowtail5a01 | 2017-05-25 23:59 | 健康 | Comments(0)
2017年5月24日(水) 曇のち雨

 雨が気になっていたが、ゴルフ場に着くと雨は降っていない。しかし、霧が深い。それでも朝食をとっていると、スタートホールがよく見えるようになり、この分だと問題なさそうだ、と思ったが、結果的には甘かった。

 いざ、準備をしてスタートホールのティーグランドに立つと、グリーンはおろかコースも全く見えない。視界30ヤードというところか。
e0083517_00015424.jpg

 ギリギリまで逡巡するが、初めてのコースでセルフでこの状態では、到底無理とのことで意見が合致し、プレー断念することになる。もっとも、ゴルフが絶対的な目標ではなく、年に一度顔を合わせることが目的なので、代替プランとして、大分が誇る水族館と美術館巡りということになる。

 まずは海たまごという水族館へ。平日だが、結構なお客さんが来ている。入場料はいくらだろうという話になり、当てっこしようということになる。一番近い数字を言った者の入場料を他の三人が持つというもの。

 低い人は1200円、1300円、1500円という数字が上がるが、自分としては2000円くらいかと思うが、少しゆとりを見て1700円で申告。チケット売り場に行くとなんと2200円。おかげで皆さんに奢ってもらうことになる。

 水族館は結構あちらこちら巡っているが、ここ大分市の海たまごは、東京や横浜、湘南の水族館に比べてもそん色がない。イルカショープールはやや狭いが、演技内容は大したものである。
e0083517_03181694.jpg
 トレーナーは大概女子が多いのだが、ここはイケメンのきりっとした青年。キビキビしたパーフォーマンスでこれもいい。
e0083517_03182702.jpg
 美術館は、山の手にある市立美術館と繁華街にある県立美術館を巡る。あまり馴染のない作家の展示だったので、あまりピンと来なかったが、美術好きのU村君の大分生活の一端を窺うことができた。美術館会員となり年に何度も訪れるようだ。県立美術館は独特の建築美も誇っているようだ。
e0083517_00020899.jpg
 一階にあるショップもなかなか凝っている。
e0083517_00023552.jpg
 横浜に帰るI岡君を先に見送り、7時前のANA便まで時間があるので、大分駅前でビアタイム、お土産買い物タイムを共有して空港に向かう。ゴルフはできなかったが観光に、温泉に、水族館、美術館巡りをでき、充実した二日間となった。帰りもプロペラ機だったが、上空に昇ると地平線に夕日を垣間見ることができた。
e0083517_00025340.jpg
 来年の当番は自分。テニスをしたいという声もあるので、初日はテニスと温泉、翌日はゴルフというプランで計画を練りたいものである。もう20年以上テニスラケットを握っていないが・・・
 



# by yellowtail5a01 | 2017-05-24 23:59 | ゴルフ | Comments(0)
2017年5月23日(火) 曇 

 今年も巡ってきた第6回大道学園仲良し会。早いもので第6回を数えることになった。昭和43年4月から翌年2月までの一年間、御影の大道学園でたまたま席が近くだった四人組。東大の学園紛争の煽りもあり、グレードダウンしたかどうかはわからないが、揃って神戸大学に進学でき、学部は異なったが大学卒業後も仲良く付き合わせてもらっている。

 個別には時々あったりする機会があったが、四人で同窓会をやろうということになったのが6年前。持ち回り幹事制で一泊旅行とゴルフをセットにして毎年五月に実施。これまで白浜、山梨、兵庫、千葉、白浜と回ってきたが、今年は大分。東京に住んでいたU君が数年前に大分に移住したので、今年は大分開催となった。

 横浜から来るI君と到着時刻を併せるとANA便しかなく、伊丹からANAに乗り込む。どんな飛行機かと楽しみにしていたが、なんと昔懐かしいプロペラ機。
e0083517_23574256.jpg

 音はうるさいが、なかなか情緒があり、45年ほど前に長崎出張の時に乗ったプロペラ機を思い出す。しかし、技術の進歩は進んでおり、昔のプロペラ機に比べるとずいぶん早く、安心感がある。窓際席だったので、いつもヨットで彷徨っている瀬戸内海の島々を上空から観察できてありがたい。まずは新西宮YHが見えてくる。
e0083517_23580078.jpg
 すぐに通っている会社のある南二見人工島、姫路、赤穂、日生等が日本地図を眺めるように通過していき、やがて呉、宮島も眼下に流れていく。
e0083517_23584781.jpg
 贅沢な空旅だと思う。高度がジェット機ほど高くなくてMax6500m程度なので、観察しやすいのかも知れない。窓のすぐ横にプロペラ、車輪が出てくるので、着地の決定的瞬間を狙う。ブラケット撮影のお陰で、着地、タイヤからの白煙の瞬間を収めることができた。
e0083517_23591920.jpg
 大分空港に着くと、地元のU村君初め、横浜からのI岡君、白浜からのU田君もすでに到着していた。空港レストランで昼食を食べた後、取りあえず別府に向かい、地獄巡りをすることにする。高校の修学旅行で最初に訪れたのが別府だった記憶がある。まずは坊主地獄。
e0083517_00001336.jpg
 50年前に来た時には、池からブクブクとこのような坊主頭が現れていた記憶があるが、なんか規模が縮小しているように思われた。由来の看板を読むと、その昔ここにあったお寺のお坊さんが、噴火で亡くなったことから坊主地獄と呼ばれるようになったとのこと。
e0083517_00002631.jpg
 次いで海地獄に寄る。こちらは50年前に見たのかどうか記憶が定かではない。美しい水色の池に轟音を立てて噴き出す蒸気が凄い。
e0083517_00004740.jpg
 せっかくなので爺さん四人組で記念写真を撮る。
e0083517_00010271.jpg
 ホテルは大分駅駅前のブラッサムホテル。20階建ての屋上に露天風呂があり、気持ちのいい温泉。別府の火山性温泉とは異なるようだが、独特のヌメリのある泉質は保湿効果があるようで気持ちがいい。サウナも充実していて、結局、4回利用することになった。


# by yellowtail5a01 | 2017-05-23 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年5月22日(月) 晴 

 月に6回と4回ではそれほど差はないようなものだが、気分的にはずいぶん違う。それでも繁忙感に大差はないので、こんなものかと思う。しかし、デスクに一日向かっていると緊張感があり、この感触は大事にしたいと思う。完全リタイアしてしまうと、どんな日々を過ごすことになるのだろうか。

 相変わらずの風景だが、昼休みは海岸散歩が楽しい。今日は暑くて風のない一日で海面は凪状態。
e0083517_02555537.jpg
 それでも海面の表情は多彩で、ブローの入っている部分、凪の部分が見てとれる。空気感がボヤーッとしているのは黄砂か春霞か。
e0083517_02553184.jpg
 定時で退社し、家に着くと7時過ぎ。今夜の夕食は何にしようかと考えると、やはり自分が一番食べたいものとなる。それは一体何かと自問すると、タコ、トマト、ブロッコリーのペペロンチーニということになるようだ。
e0083517_02560897.jpg
手軽にできて、間違いのない食感、お味で、やはりこれが自分の好物なのか。
e0083517_02561918.jpg
 

# by yellowtail5a01 | 2017-05-22 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年5月21日(日) 晴 

 木曜日以来のビッグイベントが終わり、のんびりの日曜日。神戸祭りのことを思い出し、昼からカメラをぶら下げて三宮に向かう。フラワーロードはお祭り気分の人々でいっぱい。
e0083517_20273365.jpg
 たくさんの団体のパレードがあるが、そちらはパスしてサンバ通りに向かう。なんといっても神戸サンバチームの「サンバの申し子ちゃん」に再会したい。サンバ通りは、カメラマンがぎっしりと席を取っていて、写真を撮るのも一苦労である。
e0083517_20282035.jpg
 何とか最前列に潜り込み、撮りたいアングルでパレードを狙う。
e0083517_20293500.jpg
 「申し子ちゃん」はなかなか見つからないが、ニューフェースのフォトジェニックガールを発見。
e0083517_20285651.jpg
 サンバグループの休憩場所は、どうやら100BAN。コーラスの練習でお世話になっている貸しスタジオビル。
e0083517_20275663.jpg
 気を取り直して、もう一度サンバ通りへ。ようやく神戸サンバチームの出番がやってきた。前から順番に人垣をかき分けながら探すが、なかなか見つからない。もう引退してしまったのか。ひょっとして!ハッと目を引いたダンサーがいた。雰囲気は似ているが、若すぎる。まだ高校生か。
e0083517_20301857.jpg
 最後尾まで順次移動し、半ば諦めかけた頃に、とうとう発見。まぎれもない「サンバの申し子ちゃん」だった。
e0083517_20312370.jpg
 やはり動きの良さと笑顔は以前と変わっていない。少しメイクがどぎつくなっているのが気になったが。
e0083517_20305581.jpg
 目的を達成し、早々に引き上げることにする。夕方に家内の見舞いに行くので、アルコールを飲めないのが辛いところである。サンバ通りに別れを告げる。
e0083517_20330110.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-05-21 23:54 | 文化 | Comments(0)
2017年5月20日(土) 晴  

 昨日に引き続き、今日も朝から雲一つない快晴。午前の予定は、家内の主治医との面談日。退院の日程、段取りを打ち合わせる。ドクターの目から見ても調子は良くないようなので、五月末の退院は見合わせ、退院前にショートステイ帰宅を進められる。帰宅の送り迎えができるのは、6月3日、4日の週末しかないので、そこに決定する。したがって、退院はその後ということとなり、6月中旬になりそうだ。

 ドクター面談が思いのほか長引いたので、帰りは名神高速をぶっ飛ばす。なんとか12時過ぎに帰宅でき、姉夫婦のピックアップタイムの12時半にさくら夙川駅に。一番お世話になった親戚である母方の親戚に挨拶に出向く。母と同い年の伯母さんが入っている施設を訪ねる。8月で102歳を迎えるのだが、認知レベルは厳しいものがあり、まともなやり取りはできない。

 7,8年前にお邪魔した時には、母も伯母さんもしっかりしていたのが嘘のようだ。そのあと、伯母さんの長男である従兄妹のお家にお邪魔して、昔話に花が咲く。帰りの新幹線の時刻が迫ってきたので、午後3時にお暇して4時前に姉夫婦を新大阪に送り届ける。

 長くて忙しい3日間であったが、予定していた行事がすべて無事完了し、ヤレヤレである。なんといっても、土地・現金の遺産分割の話が円満に進み、分割協議書に調印できたのが何よりである。これが、円満にできればその後の兄弟関係もうまく行くとの、コメントを有識者からいただいたので、生涯にわたって兄弟仲良く暮らせそうだ。

# by yellowtail5a01 | 2017-05-20 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年5月19日(金) 晴 

 昨日、無事に協議書を調印できたので、今日は気楽な遺品整理の日。トアロードのホテルに泊まっている姉が早く夙川に着いたので、近隣ドライブののち、夙川の名店「エルベラン」に行き、お土産購入タイム。こちらは暇なので、駐車場に設けられたオープンカフェでコーヒーをいただく。
e0083517_21110387.jpg

 駐車場が亡くなったのは残念だが、このようなオープンカフェができたのは、それはそれで嬉しいものである。癒しの空間が用意されている。
e0083517_21105288.jpg
 母の遺品整理を昼前から兄、姉と三人で行う。衣類や着物、アクセサリー類が中心となるが、ずいぶん時間がかかる。特に写真類を観るとついついいろんな思い出が彷彿し、話が盛り上がり時間が経過する。夕刻には、一般品はほぼ片付き、仕事を終えた姪が参加したので、着物やアクセサリー類は女性陣に任せる。

 皆で夕食をできればいいのだが、兄は乗り気でないようなので自分も遠慮して姉と姪の二人夕食としてもらう。どこで食べようということで二人では決まらなかったので、夙川駅に近いハットジューンベリーに予約する。ここなら味とコストパフォーマンスは保証できる。

 自分は、姉をハットジュンベリーに送り届け、COOPで食材購入。週一の肉料理とする。焼肉風と野菜てんこ盛りのレシピとなる。
e0083517_21112459.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-05-19 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年5月18日(木)晴 

 前々から予定していた相続協議の日。藤沢から姉夫婦が帰神。大した遺産はないので、揉める要素もないのだが、母が遺言書を残していなかったため、兄弟姉妹で話し合って分割協議書を作成しないと、土地の移転登記も現金の分配もできない。

 それぞれの言い分も聞きながら、遺産分割協議書の作成に尽力してきたが、ようやく円満に合意が成立し、今日はその調印式を行うことができた。これで取りあえず住んでいる土地についての母の持分を承継することができ、後は移転登記を行えば一段落となる。

 姉夫婦とは、三月以来非常にうまく話が進んでいるが、頑なな兄との協議がこれまで紆余曲折を繰り返してきたが、二日前にようやく決着。本質的には欲が突っ張ってもめているわけではないが、細かい経過や表現で中々すんなりまとまらなかったが、ようやく二日前にまとまった。あとは協議書に調印し、必要な印鑑証明や戸籍謄本を交換し合って無事完了することができた。

 姉夫婦を投宿先の神戸トーアロードのホテルに送っていき、今日の予定は完了。明日は母の遺品整理にもう一度集まることになるが、こちらは揉める要素はほとんどない。ヤレヤレ無事に終わりそうである。

 ホッとして夕方にCOOPに買い出しに行く。今日はスペイン風のアヒージョとキャベツアンチョビで空腹を濁す。有望メニューの一つとなりそうだ。

 材料の仕入れに夕刻COOPに出向くが、怪しい人物を発見。一人は托鉢僧。頼まれもしないのにお店の前で大きな声で読経している。
e0083517_01141611.jpg
 もう一組は、インテリっぽい老人二人組。ヒソヒソ話をしながらこの界隈の様子を伺っている。犯罪に繋がらなければいいのだが。
e0083517_01143109.jpg
 

# by yellowtail5a01 | 2017-05-18 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)

2017年5月17日(水) 曇 

 最近講師仕事の受注が少ないが、毎月お声がかかるのが八王子のクライアント。有り難いことである。日帰りとんぼ返りは辛いところもあるが、3時間喋るために午前8時に家を出て午後8時半に帰宅。

トータル時間で時給計算すると情けない金額になるが、道中の新幹線で英語の予習に集中できたり、帰りは相撲やプロ野球実況中継もスマホで存分に聴けるの、文句はない。 往きも帰りも曇り空で富士山を拝めなかったのは残念だが、滋賀辺りで印象的な夕景車窓写真も撮れたので満足である。
e0083517_03191202.jpg
 それと接戦を制して阪神が快調に連勝してくれているのが嬉しい。稀勢の里は残念だが。

# by yellowtail5a01 | 2017-05-17 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年5月16日(火) 薄曇り 

 昨日セミナーに出たかったこともあるが、創業記念式典に一度出席したいという思いもあり、今日に出勤日を設定した。初めてお世話になった年の5月に創業50周年記念式典があり、それには出席できなかったのが昨日のことのようである。

 以後毎年5月には創業記念式典が開催されてきたが、記念のお菓子をいただくだけで行事に出席したことはなかった。しかし、出てみると大したことはなかった。永年勤続表彰をするだけで、社長の訓示とか、記念イベント的なことも特になく、表彰式が終わると即解散。まあ、こんなことが行われているということがわかりよかったと思う。

 陽がどんどん長くなり、夙川についても夕焼けが残っている。このところ家内の入院と今週に実施する遺産相続手続きの兄妹会談、協議書調印式の準備で三月以来普段と違うペースで時が流れ、季節の移ろいに鈍感になっている気がする。夕焼け時刻が7時15分頃になっているのを改めて知る。
e0083517_03174857.jpg
 帰り道にもドラマチックな空を拝めるのはありがたい。
e0083517_03181662.jpg
 昼休みの南二見海岸も変化が起こっているようで、沿岸での漁船の操業、釣り師の増加。タコの季節が廻って来たのだろうか。
e0083517_03173559.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-05-16 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年5月15日(月)うす曇り 

 講師仕事でお世話になっているエクセル社から案内いただいたセミナーに出席する。大阪弁護士会館でのこのようなセミナーは二回目である。対象国がマレーシア、香港、韓国、スリランカとややなじみの薄い国が多いのが物足りないが、現地の弁護士からのプレゼンとパネルディスカッションがある。

 現地弁護士のプレゼンは、投資勧誘目的でPR色が強くて有用な情報を得られなかったが、パネルディスカッションでは、主催者のLawasiaの日本弁護士のモデレーター及び課題提起者の視点が的確で、面白いパネルディスカッションを拝聴することができた。
e0083517_03164504.jpg
 終わってから堂島方面に向かい、6月に予定している小学校同窓会世話役会の会場を予定しているカサ・ラ・パヴォーニを訪ねる。6時の開店までに少し間があったので、すぐ近くの明石焼きの店に入って時間調整。明石焼きとビールのセットで1000円。小腹を満たし時間調整するにはうってつけである。
e0083517_03171697.jpg
 世話役会の食事、飲み物、予算の話はすぐに片付き、他の客もいないので山崎のロックを飲みながらママとダベリング。ほぼ同じ世代(ちょっと若いが)で話が合う。いいお店を見つけることができた。
 

# by yellowtail5a01 | 2017-05-15 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年5月14日(日) 晴 

 パナソニック松愛会兵庫西支部の年次総会。これまではほとんど出席しなかったが、コーラスグループSWINGのメンバーになった以上、出席は必須となった。苦労して練習してきた「アメイジンググレイス」と「デカンショ節」の発表の日である。

 総会はシャンシャンシャンで揉める要素もない。その後の記念レクチャーはヤクルトの広報担当の方を講師に迎え、腸内健康の話が約一時間ある。
e0083517_18463506.jpg
 腸内の乳酸菌初め有用菌を如何に確保し、快適な便通を維持するのが健康の秘訣、特に高齢者には大事な要素とのこと。そのためには、①早寝・早起き・朝ごはん・朝うんち、②適度な運動でストレス解消、③腸に援軍を送り込む(コまめに水分、たっぷり植物繊維、生きて腸に届く乳酸菌)。結論としてはヤクルトを毎日飲んでくださいということか。

 12時から懇親会。コーラス部の皆さんとは、ずいぶん距離感が近い感じがする。その他、昔の先輩、後輩の顔も見えて、この会も居心地がよくなってきたと実感する。会も終了が近づいてきて、いよいよSWINGの出番がやってくる。テーブルで知り合った人にカメラを託し、写真を撮ってもらう。
e0083517_18465091.jpg
 皆さん相当飲んでいたので、出来栄えはよくわからないが、最後まで元気に歌うことができ、拍手をいただいたので、まずは成功したのかなと思う。

 番外編は、飛び入りのピアノ。数年前九州から東灘に転籍されたNさん。直属関係はなかったが、職場の先輩として入社以来お付き合いさせていただいている。「酔った勢いでショパンを弾きたくなった」とピアノに向かい、繊細な曲を披露され、拍手喝さい。多彩なメンバーが集い面白くなってきた。
e0083517_18471085.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-05-14 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年5月13日(土) 曇時々小雨 

 芦屋タイムを読む会の日。今日は四時間のヘビーコースである。メインの記事は、東欧のジョージア(グルジア)を舞台にした放射性物質の闇取引の実態についてである。北朝鮮の核兵器開発や弾道ミサイル開発は身近な問題だが、同じ核でもウラン235やセシウム137といった放射性物質を通常の爆弾に仕込んで打ち込むという新たな脅威。

 放射性物質さえ入手できれば、テロリスト集団でも簡単に使用できるので、高度な技術を要する原水爆よりはるかに敷居が低く、これがISISの自爆テロで使われるととんでもない被害を被ることになる。本当に恐ろしい時代になってきた。五年前にはこのような危機感はほとんど感じていなかったように思われる。

 結構長いカバーストーリー記事だったが、司会のテンポの進行と皆さまの予習の的確さも功を奏し、余裕で完読。もう一つのティラーソン国務長官のロシア来訪にまつわるブリーフ記事も完読できることになる。司会のMさんは、80歳を越え女性の最長老のお一人だが、矍鑠とした捌きはさすがである。

# by yellowtail5a01 | 2017-05-13 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年5月12日(金) 薄曇り 

 相続に伴う手続きを司法書士や行政書士に依頼すると40万円はみておかなければいけないという公益社の話だったので、これは自力で済ませたい。幸い法務局の役人も親切に助言くださるので、何とかなりそうである。

 自分の印鑑証明や住民票は、夙川にある西宮市の出張所で片付くが、戸籍謄本は大阪に行かなければならない。特にややこしいのは、母の出生から結婚までの謄本だが、保存期限の80年が過ぎているので、ないとのこと。ないことの証明書を発行してもらう。

 梅田界隈を歩いていても、滅多に知り合いとすれ違うことはないのだが、その市役所サテライトセンターでの用事を終えて、ドアから出ると中高同窓のS田君にばったり出会う。東京在住なので、関東の同窓会やゴルフコンペで顔は合わせているが、こんなところで出会うとはまさに奇遇。

 先月にお母さんが亡くなり、相続打ち合わせでこれからお兄さんに会いに行くところとか。みんなそんな年代に掛かってきているのだなと実感。子としての務めを果たし、次は自分たちの順番が近づいているのだなぁと実感する。

 久しぶりに梅田に出てきたので、来月に予定している小学校同窓会世話役会の会場であるカサ・ラ・パボーニに寄り、ママさんと打ち合わせをしようと思うが、夜の開店は18:00から。そこまで待てないのでまたの機会にする。
e0083517_18454771.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-05-12 23:59 | 家族・交遊 | Comments(2)
2017年5月11日(木) 晴 

 家内の帰宅日。一番の目的は、母の遺品として預かっていた着物関係の整理、確認。来週に予定されている姉の帰神時の遺品検分に備える。もう一つの目的は、芸文センターでのワンコインコンサート。楽しみにしていたようなので、一緒に聴きに行く。

 その前のランチは、苦楽園の大正庵の蕎麦を食べたいとのことだったが、生憎の定休日。この界隈で行ってみたいお店ということでハットジュンベリーにする。知り合いの娘さん夫婦が経営する小さな洋食店。久しぶりだったがエビフライ・ハンバーグランチが美味しかった。
e0083517_18450640.jpg
 今日のコンサートはロシア人若手演奏家によるチェロとヴァイオリンのデュオ。タイトルが「四季」とあったので、ヴィヴァルディを連想したが、チャイコフスキーとピアソラから選んだ季節の曲であった。
e0083517_18452137.jpg
 CD販売もしていたようでサイン会も行われていた。
e0083517_18453121.jpg
 コンサート後は落とし物処理で警察署に寄って、いったん帰宅してまた高槻の山奥に戻る。片道1時間半を二往復するとさすがに運転疲れを感じる。
 



# by yellowtail5a01 | 2017-05-11 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年5月9日(火) 曇りのち小雨

 少し危うい空模様だが、四月の例会もドタキャンしたSS会コンペ。雨は午後になってからと信じて能勢カントリーに到着。朝方は寒いくらいの気温だったが昼頃には初夏の雰囲気。半袖でよかった。

 このところ銚子のよかったドライバーが不作でミスショット連発。それでもOBにならなければ、大叩きは避けられる場合も何度かあったが、OBを出してしまうと最低でもダブルボギー。下手するとトリプル以上叩いてしまいスコアにならない。

 午前のインも午後のアウトも49とギリギリ40台で踏みとどまり、グロス98、ネット86は、31人中の29位。もう少し叩いていたらBB賞にありつけたのだが、残念。コースの桜はとうに終わっているが、野生の藤の花が季節を感じさせる。
e0083517_17544054.jpg
 こんな日はゴルフ場も空いていて、午後1時半にはホールアウト。雨には遭わずに済んだのが何よりの幸い。
e0083517_17545165.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-05-09 23:59 | ゴルフ | Comments(0)
2017年5月8日(月) ほぼ晴れ 

 今日は十三のユニゾン歌会。先生の指導が魅力的で、去年の春から精勤で参加している。選曲の基準はよくわからないが、耳に馴染んでいる各国の名曲と日本の情緒ある曲もカバーしている。今日は外国の曲ばかりだが、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ロシアと慣れ親しんだ曲を大きな声で歌うのは楽しい。

 ユニゾンばかりでハモるところはほとんどないのはもの足りないが、発表会が迫ってきて取り難い音程に悩むこともなく、まさに発生による健康法と考えていいであろう。

 午後、二度目の法務局相談予約を入れていたので、そちらに向かう。これぞお役所の役人という対応だが、余分なことは何も言わないので、却って効率的で理に適っているかもしれない。反面その前にやはり相続関連手続きで相談に寄った近所の郵便局の所員は、愛想がよくて親切だが、話が横道に逸れたりするので、どちらが究極的にいいのかは判断が難しい。

 とりあえず、今日予定していた懸案事項は大体目処がついたので、家に戻りのんびりする。アマゾンに発注していたスキレット鍋が届いたので、さっそく試してみる。生タコとブロッコリーのアヒージョ風鍋。なかなか行ける。オリーブ油をそれほど多く使わなくてできるので、アヒージョよりも気楽である。いろいろ試したいものである。
e0083517_17542505.jpg

 

# by yellowtail5a01 | 2017-05-08 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2017年5月7日(日) 晴 

 今年のGWは、本当にいいお天気に恵まれた。雨らしい雨に遭遇することはほとんどなかった。昨日、家内の入院している病院からクルマで帰宅するときに、少しワイパーと動かした程度で、こんなGWも珍しいのではなかろうか。

 連休最終日の今日も晴れ上がり、気分がいい。今日は午後に三宮でコーラス練習。来週の日曜日に松愛会兵庫西支部総会での本番が迫っている。スローで情緒あふれる「アメイジンググレイス」とアップテンポで元気のいい「デカンショ節」。その落差が大きくて、本番はどうなることやら。今までで、といってもパーフォーマンスは四回目だが、一番準備不足の感は否めない。

 まあ、身内の発表会なので、それもご愛敬であろう。自分としては「アメイジング」は、自信がついてきたが、「デカンショ」は全く自信を持てない。あと一週間、何とか頑張りたいと思う。

 このところなんだかんだと動いてはいるが、三宮のような都会の空気を吸うのは久しぶり。4月12日の大阪造幣局通り抜け以来、都会を通り過ぎることは合っても都会の空気は無縁であった。三宮はいつ以来だろう。神戸独特の落ち着いた都会の喧騒が、心に浸みる。
e0083517_19591456.jpg
 西宮に戻ってきて、山手幹線を通るとベニバナトチノキのことを思い出し、遠回りして花を確認すべく寄り道する。満開を少し過ぎたようだが、一番きれいな頃であろう。
e0083517_19592645.jpg
 近づくとさらに愛着が湧いてくる。
e0083517_20000010.jpg
 接写にも耐えるGW時分の花である。
e0083517_19594857.jpg
 いよいよGWも終わるが、仕事再開は水曜日。明日は一か月ぶりの十三歌会と午後は西宮法務局での相続に関する相談。早く手続きを終わらせたいものである。

 閑話休題、阪神タイガーズがなんと”神ってた”広島カープを相手に甲子園でカード三連勝。これほど嬉しいことはない。シーズンはまだまだ先が長いが、今年は期待してもいいかもしれない。贔屓の梅ちゃんが頑張ってくれているのがことのほか嬉しい。捕手としてのリードと盗塁阻止、及び打者としての信頼感を持続してくれれば言うことはない。

 

# by yellowtail5a01 | 2017-05-07 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年5月6日(土) 薄曇り一時小雨 

 丸三日間、家を空け、しかもその間雨も降らずで心配した鉢植えのプラント類だったが、萎れているものはなかった。大事なカシワバアジサイとアーモンドの木、カリオペゼラニュームの挿し芽鉢には皿を用意し、たっぷり水遣りをして出かけたのが効を奏したのだろう。熱帯魚の方は三日位餌を抜いても問題ない。

 久しぶりの主治医との面談日。入院して1か月半になるが、先生の見立てでは快方に向かっており、今月末には退院できそうとのこと。本人の様子も落ち着いているようで一安心だが、歩行時のふらつきはまだ残っているようで、階段の上り下りなどは心配である。

 診察のあと病室に戻り、次回の見舞い時の確認、必要経費の手渡し、若干の情報交換を行う。院内での活動の幅が少しづつ広がっているようで、いい方向に向かっているのであろう。次回11日には外出許可を得てコンサートにも行けることになり、励みになればいいのだが。

 帰り道、R171のパルヤマトに立ち寄るとサザエに加えてアワビも並んでいる。湯浅で買ってきたたまり醤油を試してみたいし、何れもリーズナブルなお値段で両方買っても1500円でお釣りがくるので、今夜のおかずはこれに決定。
e0083517_05570167.jpg
 サザエのさばき方は、先週やったばっかりなので頭と手に要領が残っている。貝柱の位置もこれでもう忘れないであろう。
e0083517_05572684.jpg
 活けのアワビを捌くのは初めて。u-tubeで要領を確認して取り掛かるが、サザエに比べるとずいぶん簡単で悩むことはない。これも貝柱の位置さえわかっていればなんてことはない。掃除及び下処理は、身もワタもサザエよりアワビの方がずいぶん楽である。いつも置いているわけではないが、これなら来客時の料理にしても見栄え、豪華さを安く演出できそうである。
e0083517_05571037.jpg
 で、たまり醤油との相性だが、アワビやサザエのような淡白な味と食感を楽しむ素材にはポン酢がよく合うようだ。いや、それは個人的嗜好かもしれないが、ワタ用のポン酢につけて食べるのが一番おいしかった。
 

# by yellowtail5a01 | 2017-05-06 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)

2017年5月3日~5日(金) 曇~晴 

 朝、6時45分に新西宮に集合と早いが、クルー仲間のH氏の奥さんのクルマにピックアップしてもらい、楽勝で到着。毎年の年中行事になっている遠征だが、天候に恵まれた記憶は少ない。出発時に降られた記憶はないが、途中大荒れや、続行断念で途中で陸路帰宅した記憶はある。

 その点、今日の大阪湾は穏やかで風も波もほとんどなく、快適なクルージングで南下。キャプテン以下クルー及びゲスト計9名が定刻に集い7時半頃に出航。順調に機走し紀淡海峡通過も順調、平穏、退屈。お酒が進む。去年はこの辺りで嵐に見舞わわれ、お酒どころか船酔いとの戦いでみな無言であったことを思い出す。
e0083517_20575435.jpg

 友が島を越えてからは和歌山マリーナを遠くに眺めながら、湯浅の港までは大分かかる。初日でここまで来るのは初めての体験。10年ほど前の最初の遠征では淡輪が目的地だった。その後は海南の和歌山マリーナを初日の寄港地にすることが多かったが、今回は欲張ってさらに南の湯浅港となる。
e0083517_20581483.jpg

 予定よりかなり早く到着したので、入港の前に湾の島、磯を巡る小クルージングをして着岸。殺風景な岸壁があるだけで浮桟橋はない。それでも海の駅を開こうという地元の顔役が迎えに来てくれる。
e0083517_20574385.jpg
 湯浅の町中には、30代の頃に会社の釣りクラブで何度か素泊まりで来たことがある。また、定年してからはツーリングクラブの幹事で白崎海岸に来た時に湯浅の町の中をバイクで通過した記憶があるが、ゆっくり町歩きを楽しむのは初めて。 醤油発祥の地ということで町に入ると醤油の香が漂っている。
e0083517_20595772.jpg

 角長という由緒ありそうなお店を見つける。
e0083517_20590192.jpg
 香りに釣られて上等のたまり醤油が欲しくなりゲットする。おかみさんのお勧めは3000円もするセット商品だったが、三年物のたまり醤油単品を購入する。夜のお刺身で皆と試してみたい。
e0083517_20592555.jpg
 陽も明るいうちに今日のお宿に到着し、お風呂に入ったりテレビを視たり、のんびり過ごす。今夕から参加の三名も合流し、賑やかになる。
e0083517_21002561.jpg
 夕食には、湯浅名物のシラスをマネージャが特別に注文してくれていた。船中話題になった生シラスは無理だったが、釜茹での新鮮なシラスにありつく。
e0083517_21004241.jpg
 夜は今日までやっているという湯浅の灯篭(ランタン)祭りの最終日。8時半から慌てて町中に見学に行く。昼間の景色とは違うシンプルなライティング祭りが郷愁をそそる。思ったより観光客も多いようだ。
e0083517_21010969.jpg
e0083517_21014276.jpg
e0083517_21020745.jpg

 9時半には宿に戻り、早い人はバタンキュー。これまでなら、宴会部屋を決めて遅くまでワインや日本酒を飲んだり、近くのカラオケ屋さんに行ったりして、就寝は早くても11時頃だったと思うが、皆老けてきたのか。一人だけテレビを視るわけにもいかず、10時半には電気を消して布団にもぐる。寝られるわけがなく、同室のイビキや寝言を聞きながら眠ったような眠られなかったような。四時には朝風呂に出向く。


月4

 今日の予定は、湯浅から淡輪へ。昨日来た紀淡海峡をまた戻るので海流には注意だが、距離にすればほんのわずか。ところが淡輪のハーバーの都合で早く着くと係留バースがないので、時間つぶしをして3時以降の到着を目指す。

e0083517_21032275.jpg

 湯浅港を出港すると左手に白崎海岸が見えてきたので、海からの見学がてら南下する。その後、スキッパーを交代しつつ界隈でのセーリングを楽しむが、気が付くといい時間になっていることを発見。慌てて淡輪を目指して北上しようとするが、海流はアゲンストに転流し、スピードが上がらない。
e0083517_21042478.jpg

 途中、物知り博士のH松先生のスキッパー兼解説士で淡輪に向かう。白亜紀の地層がこの辺りの海岸から散見されるとのこと。
e0083517_21050876.jpg


 予定よりも大幅に遅れて淡輪YHの事務所はもう終わっていたが、たまたま居合わせた係の人の同意を得て、共用バースに緊急係留。おかげで最短距離で宿舎に迎えることになった。 宿舎の夕食はバイキング。遅くに行くと何も食べるものが亡くなっているかと心配するが、まだ十分大丈夫であった。

5月5日
 昨夜の宿舎は豪勢な作りで二つの寝室と別にくつろぎスペースやバルコニーが用意されていたが、夕食後の二次会はやはり盛り上がらず、ワインのボトルが半分あいたところでお開き。テレビはボリュームを落とせばソファで視られるので、零時まではニュース番組等を一人楽しむことができた。 クルーの一人とその連れ合いがここで別れ、また9人のセーリングとなる。お世話になった淡輪の海風館を後にして次の予定に向かう。
e0083517_21054616.jpg


 今日も距離的には大したことはなく、淡輪から大阪湾を横断して洲本南のサントピアマリーナに向かう。

 時間はたっぷりあるし、海も穏やかなので昼には洲本沖に到着。それから去年に大枚はたいて導入したジェネカーを使ったセーリングにトライ。 岸辺近くでは全く風がないので、沖合に出ると白波が立つほどの風邪が出てきた。風速にして18ノット。ジェネカーを張るには少し強すぎる風のようだが、ベテランは大丈夫とのこと。若手エースのH君とバウを担当するが、強風に煽られシート(ロープ)と一緒にこちらの身体まで海に放り出されそうで、久しぶりにヨット上での恐怖感を味わう。

 その後、いったんジェネカーを収め岸の方に近づいて風速6~8ノットの海域で再度ジェネカーを揚げると快適なセーリング。わかったことは、5ノット以下の風速では役に立たず、10ノットを越える強風では危険。行きたい方向にジェネカーを使うのは、よほど偶然の条件が揃わないと無理ということか。見た目には美しいので、アトラクションとしてはいいのだろう。

 洲本に着いて、皆さんの宿泊予定の会員制クラブの部屋のシャワーを借りて、さっぱりして夕食処の焼き肉店へ。二度目の来店である。

 今晩中には帰宅しないといけない若手H君とともにバスで舞子に向かう。洲本のバスセンターから一時間あれば舞子に着く予定だったが、GW後半のラッシュで結局倍の二時間を要して舞子に到着。帰宅は10時半を回ってしまった。
e0083517_23314844.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-05-05 23:59 | マリンワールド | Comments(0)
2017年5月2日(火) 晴 

 実質大型連休に突入。今日はフリーな時間があるので遠征準備の他、日頃できていない用事をいくつか済ませたい。

 その一つは、近所のロイヤルホームセンターでの寄せ植えレクチャー。10時前に行くが、去年と違って商業主義ありあり。要は安くもない鉢とプラントを購入すると、講師がアレンジして植え付けてくれるというもの。植え付けぐらい自分でできるわい、どういうプラントを選ぶべきかを教えてもらいたいところである。講師の女性にも好感を持てなかったので、即パス。

 その代わりにホームセンターで、引き出しの仕切り板を購入する。タッパーウェア系のプラスチック容器を入れている引出がぐちゃぐちゃで、いざ使おうとすると容器と蓋が合わずにイライラするのを体感。仕切り板で整理して容器と蓋をセットでまとめることに成功した。

 あとは遠征中の水遣りをどうするか。自動潅水装置の購入も考えたが、タイマーが必要になり、値段もばかにならないし、大小さまざまな鉢やプランターに適量の水遣りができるのかの解が得られないので、止める。大切にしているカシワバアジサイ、アーモンドの苗、カリオペゼラニュームを枯らすわけにはいかない。

 そこで思いついたのは原始的だが、鉢皿を用意することにした。明日の朝、たっぷり鉢に水がたまるまで水遣りをすれば5日の夜まで何とか持ってくれるのではなかろうかという希望的観測である。それで枯れてしまった場合は潔く諦めよう。

 夕方に高槻に向かう。次回訪問日の5月6日までの必要なお金を渡しておいたのに、なくなったのでもってきてほしいという。それにお茶やコーヒーのペットボトル、パックのお茶、パックのコーヒー、柔軟剤、etc. あれこれ届けることとなる。

 三度の自炊、遠征準備で忙しい中、往復三時間を取られるのは勘弁願いたいが、そのくらいの時間は何とかなるので、出向く。新しい裏道を発見できたのが不幸中の幸い。行きも帰りにも有効な裏道になりそうだ。

 帰り道、R171沿いのパルヤマトに寄ると、大好きなキンキとブログ友達のお孫さんが調理したというサザエがリーズナブルな値段で出ていたのでゲット。中一の少年板前さんに負けてはいられない思いで、サザエの刺身に挑戦。U-tubeでさばき方を教えてくれるので助かる。
e0083517_23185117.jpg
 キンキの煮付けも満足の仕上がりとなった。
e0083517_23190551.jpg


# by yellowtail5a01 | 2017-05-02 23:59 | ひとりごと | Comments(2)
2017年5月1日(月) 晴 

 お天気は上々。仕事も懸案事項がすべて順調に解決方向に進み、気分がいい。お天気はいいが、海上は結構もやっている。
e0083517_23182521.jpg
 南二見人工島の南東角まで昼の散歩をするのが恒例だが、今日は小学生の遠足(外出)に遭遇し、ちょっと新たな空気に触れることができた。
e0083517_23183504.jpg
 次回出社日はGW明けの10日の水曜日。仕事を忘れてのんびりと初夏を楽しみたいところである。

# by yellowtail5a01 | 2017-05-01 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年4月30日(日) 晴 

 なんだかんだしている間に四月も過ぎゆく。GWは三日から五日の三日間であるが、今年もヨット遠征に参加することにする。気がかりなのはお天気と水遣り。遠征にとっては穏やかで晴れたお天気を望むが、水やりを考えると一日くらい雨が降ってくれるのがありがたい。

 物心がついた頃から庭で慣れ親しんだナンキンアヤメが今年も開花した。今は亡き母のお気に入りの花の一つである。70年近くこの地で命を繋いでいる数少ないプラントである。
e0083517_05200394.jpg
 午後に遠征準備の荷物搬入のお手伝いに出向く。マネージャと二人でお茶、ビール、その他の食料品を搬入し、準備万端整う。

 夕飯は週に一度くらいはお肉を食べようと思い、肉料理となる。野菜もしっかりとっているのでバランスは取れているであろう。
e0083517_02490999.jpg

 

# by yellowtail5a01 | 2017-04-30 23:59 | マリンワールド | Comments(2)
2017年4月29日(土) 薄曇り一時嵐 

 5月14日に迫ってきた松愛会兵庫西支部総会。総会そのものにはほとんど関心ないが、その時に余興で披露するコーラス部"SWING"の出番に、今から緊張感が走る。曲目は、「アメイズィンググレイス」と「デカンショ節」。前者は極端にスローで繊細な曲、後者はテンポはいいが音程、リズムの難しいオリジナル編曲バージョン。

 もう一度練習日はあるが、時間がない。今日の練習ではベースパートの出来が良かったが、それは経験実力ピカ一のN氏と指揮者のS氏がいるためで、N氏は本番欠席、S氏は指揮者で抜けるので大変だ。その他の有力メンバーも病気だったりで抜け、自分の責任重大である。

 夙川の桜はすっかり葉桜となり、今は恒例の鯉のぼり横断。
e0083517_02483450.jpg
 二次会に出るのはやめて、春日野道の大安亭市場を冷やかしながら帰る。500円で特大のタケノコを見つけたので衝動買いする。他にも欲しいものが沢山あったが、買いすぎると結局腐らせることになるので自重する。夕飯材料は、COOPで見繕いホタルイカとタコとブロッコリーのリングゥイーネアーリオオーリオとする。
e0083517_02484938.jpg
 

# by yellowtail5a01 | 2017-04-29 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年4月28日(金) 晴 

 年に一度くらいの割合だが、サントリーレディスオープンでお馴染みの六甲国際でのラウンド。初めて転勤した産機での海外部上司と同僚先輩と続いているラウンドである。なんといってもコンディションのいい東コース。キャディ必須で本来ならば手の出ないコースだが、メンバーのK氏の計らいで庶民値段で回らせていただく。

 東コースは距離もたっぷりでこれまで一度も100を切ったことがない。ロッカーの鍵番号が104だったので、104を切ることを目標にする。
e0083517_05084718.jpg
 桜はもう葉桜になっているが、木々の新緑が美しい。ソメイヨシノはないが八重桜は辛うじて残っている。
e0083517_05074643.jpg
 午前のアウトは48と初めてのハーフ40台を残せた。午後のインは思うようにいかずトリプル連続で52。トータル100で百切りは逃したが、ロッカー番号目標はクリアできた。雲一つない爽やかな風を楽しみながらの気楽なラウンドは嬉しい。秋にまたここで再会しようと約束して別れる。秋には100切りを達成したいものである。

 帰り道、いろんなルートがあるが、高速代やトンネル代がかからず信号もほとんどないルートを取る。六甲山縦走コースである。バイクではお馴染みのワインディンぐロードだがクルマで走ることはあまりない。

 神戸市森林植物園の前を通り過ぎ、思い直してUターン。この季節に訪れたことはないが、せっかく前を通り過ぎたのだからちょっと覗いてみることにする。兵庫県民高齢者は入場料無料だが駐車場代500円は取られる。バイクだとそれも無料なので、ちょっと損した気分。

 しかし、今フィーチャーされているシャクナゲの美しさ、木々の萌芽の様子を堪能させてもらい500円は安いものだと実感。
e0083517_05095193.jpg
 蕾は濃いピンクだが開花すると淡いピンクになるようだ。
e0083517_05105232.jpg
 このグラデーションが堪らない。
e0083517_05113197.jpg
 アップにも十分堪える花である。
e0083517_05102167.jpg
 シャクナゲ園からシアトル広場を経由して長谷池に下る。シアトル広場ではユリノキ、フウの新緑がいい感じ。
e0083517_07172412.jpg
 この季節のもう一つの主役はツツジ。モチツツジ、コバノミツツジ、ドウダンツツジなどがみられる。コバノミツツジは三枚の小さい葉がつくことが識別ポイント。
e0083517_07174835.jpg
 長谷池もこの季節は静寂感が溢れる。熟年カップルをちらほら見かける程度。
e0083517_05123428.jpg
 ここからは萌芽のクイズです。なんという木の萌芽かわかればコメントでご回答ください。正解者に豪華景品とはいきませんが・・・

問題1 ヒント:カエデの一種です。
e0083517_05134737.jpg
問題2 ヒント:大好きなカエデです。
e0083517_05170608.jpg
問題3 ヒント:一番お馴染みの樹木です。
e0083517_05181600.jpg
問題4 ヒント:葉の形が金貨のように見えるのでマネープラントのようですが、和風です。
e0083517_05185175.jpg
問題5 ヒント:街中で街路樹としてよく見かける木ですが、名前は知られていません。
e0083517_07330040.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-04-28 23:59 | ゴルフ | Comments(0)
2017年4月27日(木) 曇りのち晴 

 午後1時から八王子近辺で仕事が入っているので、それに間に合うためには7時40分にホテルをチェックアウトしてタクシーで会津若松駅に向かわなければならない。なのに朝食を食べられるのは7時半から。身支度を整え、荷物も持って7時20分から食堂に並ぶが、開場したのはきっかり7時半。

 余裕で電車に間にあったので問題はないが、もう少し早く、せめて7時には食堂をオープンしてもらいたいところである。もっともビジネス客は他にいるはずもなく、殆どは熟年カップルであった。

 昨日来た磐越西線を逆に走る。昨日は頂上まで見えた磐梯山だが、今日は曇っていた。
e0083517_05060470.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-04-27 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年4月26日(水) 曇りのち雨 

 明日の東京出張にかまけて、一日前に出発し会津若松に向かう。四年前の「八重の桜」以来、一度は行きたいと思っていた憧れの町である。東京駅から東北新幹線に乗り継ぐ。色といいかたちといい、西日本新幹線とはガラッと異なるデザインだ。
e0083517_22514075.jpg
磐越西線というローカル線で会津に向かう。途中初めて観る磐梯山が迫る。
e0083517_22521133.jpg
 会津若松駅に着くとまずは観光案内センターで市内地図とバスの運行表をもらう。行きたいスポットはたくさんあるが、限られた時間でどうしてもというのは、鶴ヶ城と石部桜。大河ドラマのオープニング背景になった名木。
e0083517_22540335.jpg
 樹齢六百年というだけあって、歴史を感じさせられる。
e0083517_22543563.jpg
 白虎隊のお墓がある飯盛山に登る。
e0083517_22572837.jpg
 階段がきつくてエスカレーターも設置されているが、ここは自分の脚で登る。
e0083517_04594351.jpg
 あらためて白虎隊の悲劇を身をもって感じる。
e0083517_04573528.jpg
 高台から望む会津若松市内。福島県の山あいにこんな大きな町があるとは驚きである。やはり広い盆地で農業を営めたのが、古代からの発展の理由であろう。
e0083517_04581045.jpg
 お墓の隣にある「さざえ堂」も名前が気になったので訪れると、なるほど五重塔のような建造物だが、さざえのように螺旋造りである。拝観料を払って中に入ると面白いようだが、空模様も下り坂で断念する。
e0083517_04584483.jpg
 雨がぱらついてきたので、もう一つの目的地である鶴ヶ城に急ぐ。巡回バスが複数あり便利だ。鶴ヶ城の桜は散り初めであったが十分美しい。
e0083517_05001694.jpg
 戊辰戦争で大砲の砲弾を受け壊滅し、明治の初めに取り壊された鶴ヶ城だが、昭和になって見事再建され、優美な姿を鑑賞できる。
e0083517_05005532.jpg
 内部を見学すると、五層に至る順路の途中に会津藩の歴史、松平容保初め多くの会津の人々が写真入りで解説されている。大河ドラマでも気になった捨松。実物はドラマ以上に美しい人だったようだ。
e0083517_05013714.jpg
 天守閣のてっぺんから見下ろす景観も素晴らしい。雨だが名残の桜を楽しむことができた。
e0083517_05021708.jpg
 鶴ヶ城を後にして投宿先の東山温泉に向かう。歴史の古い温泉郷らしい。途中、霧に包まれた山並みが美しい。
e0083517_05041541.jpg
 源泉かけ流しの露天風呂が嬉しい。いつものパターン通り、食前、食後、早朝と三回楽しませてもらう。
e0083517_05045805.jpg
 夕食時に見かけたカップル、いやたぶん父と娘かな。11年前に娘と奥入瀬渓谷旅行に行った時のことを彷彿させられる。
e0083517_05053091.jpg
 

# by yellowtail5a01 | 2017-04-26 23:59 | 旅行・出張 | Comments(0)
2017年4月25日(火) 晴 

 家内が入院中なので一人で娘宅に出向く。孫の昭ちゃんは会うたびに成長しているのが感じられる。見た目では一か月の違いは分かりにくいが、言葉のやり取り、遊び、絵本の理解度にその成長ぶりが如実に感じられる。

 そのうちに生意気な言葉を吐くようになるのだろうが、今は文句なしに可愛い。
e0083517_22510491.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-04-25 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)