ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

桜吹雪チャレンジ

2009年4月11日(土) 晴 6223歩

 午前予習、午後TIMEを読む会のお花見会食と勉強会と続くので忙しいが、散り染めの桜も気になる。予習は11時半で区切り、三脚をもって近所の桜名所に駆け足で行く。3月下旬から楽しませてもらった桜もいよいよ大詰め。強い風が吹けば桜吹雪となるのだが、こんなときに限って穏やかすぎるお天気である。

 急いで100枚ほど撮るが、これが限界。12時半には家に戻って着替えて自転車で飛び出す。今日は遅刻厳禁である。なんとか2分遅刻で誤差の範囲内でお弁当にありつける。会議室内で花抜きの花見宴会。お腹もふくれて眠い目で勉強会となる。今日の記事は、いずれもアメリカの話題。AIGの役員ボーナス問題を巡る論説記事二題。

 興味深かったのは、アメリカではApologyが見直されていることだ。交通事故を起こしても、医療ミスがあっても、離婚原因を作っても、相手に対して決して”I’m sorry.”と言ってはならない、というのが常識だったらしいが、去年から各州で”Appology法”が成立して、アイムソーリーといったことが後の裁判で不利に扱われない、ということが立法化されたとのこと。

 AIG役員も日本の不祥事企業の経営トップのようにまずは謝罪から入るべきだというのが論点だ。日本の頭を下げている役員がどれだけ心から謝罪しているかは大いに疑問ではあるが。

 二次会はパスして帰宅し、仕事の延長の翻訳に取りかかる。まったくの英語漬けとなったが、合間に桜吹雪写真を整理してみると、その出来は案の定イマイチであった。もっと散ってくれないといけないのと、花びらの速度とシャッタースピードの相関で何枚か撮らねばならない。これは15分の1秒。
e0083517_7365070.jpg

by yellowtail5a01 | 2009-04-11 23:59 | 外国語・教養 | Comments(2)
Commented by SHIN at 2009-04-13 22:59 x
桜吹雪は難しいですよね。
散る花に置きピンをし、背景を暗めに設定してはいかがでしょう。。。
Commented by みっち at 2009-04-14 18:16 x
桜吹雪は花火より遙かに難しそうです。背景が暗くて花びらの散るところが
陽光の中にあるのが必須です。シャッター速度はおそらく1/20か1/30位
がいいかなという感じなので、必然的に絞りは16とか22になります。望遠
でなければピントの心配はあまりしなくて良さそうです。でも、今年の桜は
もう散ってしまったでしょうね。この辺りは。