ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

長かったような五月よ、さらば!

2009年6月1日(月) 晴

 社会的にも個人的にもこの五月は慌ただしかったような気がする。なんといっても
番狂わせだったのは、新型インフルが神戸でブレークしてしまったことにある。
その影響で段取りが狂ったことも大きいが、騒ぎが収まるとなんのことはなかった
という神戸の表情であった。

 六月の始まりは、GMの破産法適用申請で始まった。昨秋以来の流れからすれば
これも必然の道だったのかも知れないが、あのGMが、と思うと感無量というか溜息が
漏れる。

 生まれて初めてNY出張に行かせてもらった1980年。NY駐在の先輩にマンハッタン
を案内してもらった。「あれが世界のGM本社だよ」と前を通ってもらったのを思い出す。
当時、自動車ではGM、電機ではGEという二大双璧であったが、その後GEは危うく
なり、ウェルチ改革が続き本業の電機から変革して、今も立派に栄えている。

 "Change before you have to!"というのはジャック・ウェルチの有名な警句だが、
今こうしてGEとGMをあらためて比較すると、この言葉の深みがヒシヒシと伝わってくる。

 企業のみならず政治においても個人生活においても、多くの場合に当てはまる
簡潔にして的を得た警句だと思う。さて、自分自身が変革すべきはなにか、それが
問題である。
by yellowtail5a01 | 2009-06-01 23:59 | ひとりごと | Comments(0)