ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

いよいよ還暦を迎えるのか

2009年6月22日(月) 雨のち曇のち晴のち雨

 忙しさは今週がピークとなりそうだ。今日は本社勤務だったが監査二件と知財報償会議で
ほとんど席にも着けない。明日は再度の東京となり、水曜休んで木曜は新大阪と明石の
二本建て。金曜は別件で大阪市内の講師仕事。その金曜日にいよいよ還暦を迎えるのだが
希に見る多忙週の週末でかえって気が紛れていい。

 それにしてもあと4日で50代ともおさらばかと思うと、ちょっと感傷的な気分になる。振り返る
と社会生活面でも個人生活面でも50代は長くて充実の10年間だったと思う。が、今の気持ち
を自分なりに率直に分析すると、60代に向けた希望や抱負、充実感のような気持ちが30%、
いよいよ壮年から老年に足を突っ込むのかという諦めに似た気持ちが70%というところか。
悪あがきしても始まらないので、淡々とあるがままの自分を受け入れるしかない。

 そんな中、高校同窓生で企画されている還暦記念富士登山会に参加することにした。8月末
の週末の予定が取れそうなので、エイヤッで決心する。関東メンバーが主体で、新宿発、新宿
解散になるので、関西組としては効率が悪いが、こんなことでもないと実現できない。

 これまでにも富士登山のチャンスはない訳ではなかったが、もう少しの積極性を欠いたために
実現せずにこの歳まできた。今回がラストチャンスというわけではないとおもうが、思い立ったが
吉日、これまでやりたくてできなかったことを一つでも二つでも実行していきたいものである。
by yellowtail5a01 | 2009-06-22 23:41 | 仕事 | Comments(8)
Commented by SHIN at 2009-06-22 23:51 x
還暦おめでとうございます!!
やはり人生の経験、叡智は歳を重ねるごとに増すもの。
外見ではなく、中身で勝負するのが60歳からの生き方でしょう。
(なーんちゃって)
Commented by yellowtail5a01 at 2009-06-23 00:02
あちゃー!言われちゃいましたね。嬉しいことは年金が一部ですが
もらえるようになること、国民年金の掛け金がなくなること、映画を
一人でも安く見れること、ゴルフ場でシニア割引を利用できること、
etc. なんかせこいことしか思いつかない自分は人生の叡智から
遠い存在だと実感します。
Commented by Dr.K at 2009-06-23 08:14 x
ミッチ!
気持ちではまだまだと思っていても、還暦は重いですネ
富士登山頑張ってください。
S路君も行くように書いていたので、連絡を取られれば如何でしょう
私は見るだけで満足です。
Commented by ue at 2009-06-23 09:10 x
みっちさん、なにも還暦にこだわらなくてもいいんじゃないでしょうか。人生の通過点ですから・・・。ポジティブ30%、ネガティブ70%なんて、逆じゃああーりませんか(笑)。
それに始めての富士登山されるんですね、素晴らしいです。ちゃんとトレッキング装備をしてくださいね。足をくじかないように、僕は最近登山用のトレッキングシューズを買いましたが、まだ行くあてはありません(笑)。
Commented by みっち at 2009-06-24 00:11 x
Dr.K、富士登山ご一緒できなくて残念ですが、年相応に安全第一で
参加してきたいと思います。中学の頃、冬に夙川から六甲山に登り、
競争で山道を走って六甲方面に下りてくるという耐寒ミニ縦走があり
ましたね。あの頃は、パンを加えながら駆け足で登ったのが懐かしく
思い起こされます。
Commented by みっち at 2009-06-24 00:15 x
ueさん、励ましありがとうございます。今、50台と別れるに当たっての
ノスタルジィが入っており、少し感傷的になっていると自覚しています。
40台と別れたときも同じような気持ちになったのを覚えていますが、
一年も経てばすっかりポジティブを取り戻しているんではないかと
思います。

せっかくのトレッキングシューズ、靴箱に眠らせておくのはもったい
ないですよ。次回のフォトウォーキングはトレッキングシューズ向けの
コースを選びませんか。
Commented by ue at 2009-06-24 08:49 x
ウオーキングフォト、いいですね是非とも!
Commented by みっち at 2009-06-24 10:24 x
ただ夏場は暑いので涼しいコースを選ぶ必要がありそうです。
この季節はまずボートフィッシングが先決でしょうか。なかなか
実現できずに済みません。