ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

久しぶりのクラシックコンサート

2009年6月30日(火) 曇ときどき雨

 午前中はまだ降っていなかったので少し時間を繰り上げての墓参り。祥月命日で
あったが、結局天候も不安定なのでいつも通り兄貴と二人でお参りすることとなる。
昼下がりには昔の仕事仲間のKさんとスタバで会ってタベリングをする。女性には
シャベランチというのがあるらしいが、男同士は一杯やるか、酒を飲まない人とは
コーヒーかお茶ということになる。

e0083517_1675153.jpg 夕方はいよいよ雨模様となってきたが、西宮北口の芸文センターの小ホールでTIMEを読む会のメンバーの一人、S野さんの「ラベルピアノ曲全曲演奏会」の初日である。ボレロと亡き王女のためのパヴァーヌ以外は知らないが、二回に分けて全て演奏するとのことである。

 このホールには3年ほど前にジャズで「七人の歌姫、ガーシュインを歌う」というので
始めてきたことがあるが、それ以来である。ピアノの独演会ということで拍手のタイミング
がいつもと違って難しい。ピアノの残響が残っている間はおとなしくしておくのが
どうやらクラシック流のようである。

 難解な曲もあったが、写実性に富んでいて、予想していた以上に素晴らしいコンサートで
あった。終演は8時40分頃となったが、応援団に来ていた仲間は揃って二次会会場へ。

e0083517_1685171.jpg 歩いて10分のアイリッシュバー、カプリシカである。テーブル席に10人ほどが陣取りギネス生で乾杯し、オードブルやピッザをパクついていると、花束をたくさん持ったS野さんと同じくピアニストの妹さんが、顔を出してくれた。

 お姉さんは桐朋からパリ留学でフランス語、妹さんは芸大からウィーン留学でイタリア語が
得意とか。すごい姉妹と知り合ったものである。ギネスのハーフで乾杯し、しばらくして次の
ところに向かわれたが、8月の暑気払いパーティには妹さんも一緒に参加してくれるとのこと。
ピアノのある会場で暑気払いパーティをしたいものである。連弾でショパンのワルツやノクターン
を聴かせてもらえれば最高であろう。
by yellowtail5a01 | 2009-06-30 23:59 | 外国語・教養 | Comments(12)
Commented by SHIN at 2009-07-02 06:16 x
すごいお知り合いですね。
自分も何かの才能欲しかったです。
Commented by みっち at 2009-07-02 09:55 x
いろんなご縁ですね。学生時代や勤務時代は、クラスやクラブ、
職場といった場で自然に知り合いが増えていきますが、卒業して
しまうとそんな場がどんどん減っていくような気がします。

SHINちゃんは、音楽への造形、光学理論、撮影術、話術、etc.
他の人が欲しても持ち得ない才能を幾つも持っておられますよ。
もちろん、何かを人前で演奏できる才能があれば理想ですが・・
Commented by Dr.K at 2009-07-02 10:15 x
ミッチ!
そういえば、ピアノ習っていましたネ
最近話題に上りませんが・・・
私がダンスを諦めたように、諦められましたか?
Commented by みっち at 2009-07-02 10:35 x
Dr.K、いきなりズキッときましたね。ご指摘のように3年ほど前、発表会に出たのを機に
休止しています。平たくいうと諦めました。習ってみたいと思う先生はその後沢山いらっしゃる
のですが、あの発表会の時に味わった恐怖と無念さが未だトラウマとなっています。
Commented by Dr.K at 2009-07-02 11:08 x
ミッチ!
不死身にミッチにして、トラウマを味わわせた発表会・・・・
私が代理で学会発表をした時、いじわるな質問を切り返せなかった
あの時のトラウマと似たものなのでしょうネ
いやな事を思い出させてゴメンナサイ
Commented by みっち at 2009-07-02 13:07 x
あははは、そうですか。何ものにも動じないDr.Kにしてトラウマ体験があるとは!
まあ、僕の場合は自分が好きでやったことだし、先生やバックのバンドの先生方も
一生懸命応援してくれていたのがいたいほどわかるし、応援にきてくれたSHINちゃん
はじめ、会場の皆様も「がんばれ、がんばれ」と応援していただいていたので、
自分の不甲斐なさに対するトラウマでした。でも、楽器は諦めたわけではないので
ギターかサックスか、フルートかトロンボーンか・・・何か再チャレンジしたいですね。
Commented by Dr.K at 2009-07-02 16:02 x
ミッチ!
代理とは言え、共同研究者ですから、軽い気持ちで引き受け、十分な準備をしなかった私が悪いのです。
何事も、「なめたらあかんぜよ」ということが体感できました。
Commented by みっち at 2009-07-02 19:20 x
「なめたらあかんぜよ」というのは全く同感です、Dr.K。富士登山もなめないように
鍛えておきたいと思います。
Commented by Dr.K at 2009-07-04 10:43 x
ミッチ!
私は「富士山大好き男」なのです
若い頃、2人で眺めた富士山・・・・・
今でも思い出します
でも登山は苦手です
「いやな事」はしない
「我儘王子」と呼ばれる所以です
今回のチャレンジ、立派です。しかし、
事前に六甲登山をするくらいの準備はいるでしょうネ
Commented by みっち at 2009-07-05 01:24 x
Dr.K、一番の心配は3000メートルを超す山は初めてなので、
気圧の低さから来るしんどさがどのように身体に影響するかです。
Commented by Dr.K at 2009-07-05 08:14 x
ミッチ!
ゴメンナサイ。その辺の知識は皆無です。
1度経験されたドクMと連絡を取られる事をお薦めします。
前日しこたま飲んで、翌日登山はしんどいと思いますが・・・・・
Commented by みっち at 2009-07-05 20:08 x
了解です。ドクMとは連絡を取っていますのでまた詳しく聞いておきます。

確かに前日の深酒は堪えるでしょうが、歳も歳だし誰も無茶はしない
と思います。某T弁護士はわかりませんが・・・ご忠告ありがとうござい
ます。