ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

熱い夜にはラテンナイト

2009年7月17日(金) 曇ときどき雨

 ジャズフルートの森本優子さんのラテンナイトが7月には三回もあるとのことだったので行きたいと
思っていたが、ひょんなことから別口のラテンナイトに遭遇することになった。長い付き合いの会社の
先輩K氏と一度ゆっくり飯でも食おうと言うことになっていたところ、飯が食えてライブも楽しめるところ
を探した結果、レストランアズールで赤穂美紀さんのラテンナイトというのがあった。

e0083517_312631.jpg

 お名前はいろんなお店のスケジュール表で見ていたが、実際に聴くのは初めてのこと。ピアノ多田
恵美子さん、ベース時安吉宏さん、ドラムズ中嶋俊夫さんとのユニットだが、どちらかというと赤穂さん
のワンマンショーの傾向が強い。というか、ここまでステージを一人でコントロールするボーカリストも
希である。

 声には声量があり、英語もスペイン語もポル語もきれいな発音(先輩の評)で、MCは大阪のお姉さん
からおばさんになりつつある微妙な過渡期的現象だが、文句なしに面白い。

e0083517_3154175.jpgルンバあり、タンゴあり、昔懐かしいラテンの調べが多彩な言語で繰り出される。華やかな曲、しっとりとしたバラード調と多彩である。
e0083517_3162640.jpgMCの時は何風というのであろう。大阪風というのであろうか、綾戸智絵さんや今は亡き越智順子さんに共通する路線といえばいいのだろうか。歌っているときは、曲に合わせた情感が表情に表れる。
e0083517_3171593.jpg赤穂さんの魅力はなんといってもラテンらしい弾ける声量、リズム感、音程の確かさ、それと間奏時のダンスステップのスピードと多彩さが印象的である。サルサダンスの先生も本職らしい。
e0083517_3345170.jpgきさくな性格の方でインターミッション、終了後に各テーブルを回ってのスケジュール表やフライヤーを配ってのトーク。根っからのエンターテイナー気質の方とみた。

by yellowtail5a01 | 2009-07-17 23:59 | 音楽 | Comments(3)
Commented by K氏 at 2009-07-19 11:52 x
ミッチーさん
先日は楽しいひと時を有難うございました。
“飯が食えてライブが楽しめる”ところなんて、もう長い間行ったことがなくて新鮮な思いがしました。また別の店にも連れて行ってください。

それにしても、美紀さんはいろんな意味で迫力がありましたネ。


Commented by みっち at 2009-07-19 11:56 x
Kさん、初カキコありがとうございます。(笑)それに先日はすっかり
お世話になりましてありがとうございました。

美紀さんの迫力、いろんな意味でというのが気になりますね。(笑)
多分目線は同じだと思いますが・・・
Commented by SHIN at 2009-07-20 08:59 x
上に同じく(笑)