ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

金曜日のイベント パートⅡ ラテンナイト

2009年7月24日(金) 曇のち晴

 パートⅡのイベントは、苦楽園のフラワーズというライブハウスでのラテンユニット
カッジオーロ。実は、このユニットのライブが梅田、三宮に続き地元苦楽園でもある
というのを森本優子さんから聞いていたので、是非聴いてみたいなと思っていたところ、
先日のアズールでの赤穂美紀さんのラテンナイトに触発され、フラワーズに一人で
予約を入れておいたのだ。

e0083517_5331424.jpg

 同じビルの一階のウエシマコーヒーには散歩の途中や兄貴と墓参りの帰りに時々
来るのだが、三階にこんな立派なレストラン・ライブハウスがあるとは知らなかった。
e0083517_5444353.jpg
客筋も上品な感じで、特に今回はピアノの長井美恵子さんの地元ということがあって
か、その親戚筋や地元筋とおぼしきセレブリティなグループが目立つ。

 こちらはマスターが用意してくれた相席になるが、いずれも中高年男性の一人連れ。
いずれも長井さんを温かく見守っている皆さんのようで、このカッジオーロも三年前の
スタート時から応援しているという。

 聞き慣れたラテンの曲が多かったが、中には長井さんのオリジナルの曲もあり、
レベルの高さに驚かされる。とりわけ、楽しみにしていた森本優子さんのフルートを
存分に聴かせてもらい、ボーカル伴奏とはまた違った別世界を楽しませてもらった。
ギターの大野こうじさんは初めてだったが、ユニットに溶け込んでいて完成度が高い。

 チック・コリアの「スペイン」と「アルマンドのルンバ」がそれぞれファーストとセカンド
の締めを飾ったが、これは圧巻であった。前者は耳に馴染んでいるが、後者は初めて。
しかし、グッと迫るものがあったというのは曲自体もいいのだろうが、やはり各演奏者、
ユニットの雰囲気とベストマッチしていたのであろう。

e0083517_534032.jpg長井さんのことは、以前からお名前や写真では知っていたが、演奏を聴くのは初めて。見た目には愛くるしい感じだが、ピアノもMCもさすがにベテランの域だ。
e0083517_5342439.jpg
ピアノ、ギター、フルートというトリオは珍しい組合せかも知れないが、相席の常連U村氏の弁によると、「ずいぶんこなれてきた。」ようである。

e0083517_5345313.jpgいつも思うことだが、フルートの場合マイクとの位置関係が厄介である。どうしても口元がマイクに隠れてしまう。
e0083517_5351858.jpg少し角度を変えるとマイクを外せるが、構図としては偏るかも知れない。森本さんとしてはどのような撮られ方を
好まれるのか、一度聞いておく必要がありそうだ。

by yellowtail5a01 | 2009-07-24 23:59 | 音楽 | Comments(3)
Commented by fundmoneyじゃん at 2009-07-26 06:26 x
みっちさん、「アルマンドのルンバ」ですね。これにはヴォーカルは合うのでしょうか?一応、美雅さんにリクエストしておきますね。

長井美恵子さん、MCも楽しいしステージが夢膨らみます。
Commented by みっち at 2009-07-26 10:41 x
じゃんさん、ヴォーカルではどんな感じなるんでしょう。スペインは歌って
いる人がいらっしゃるので、多分こちらもあるんでしょうね。
Commented by hoodia p57 at 2013-09-17 08:38 x
Hi there mates, fastidious piece of writing and pleasant arguments commented at this place, I am truly enjoying by these.