ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

六甲山はそろそろ秋支度

2009年10月27日(火) 晴

 いいお天気なので、ちょっと「ろくべえを走らせたくなり、神戸市立森林植物園に向かう。
半年前まで神戸の病院に通っていた頃は、よく帰り道に植物園に寄り道をしたものだが、
病院を中断してからというもの、神戸に行く機会がグンと減った。西宮から向かうとすれば
最短コースはやはり六甲山縦走コースとなる。(Photo:RICOH CX-1)

e0083517_21453920.jpg日曜日にヨットで探検に行った六甲アイランド沖の埋め立て地は、海上から見ると陸地に見えたが、山上から見下ろすと周りができているだけで大半はまだ水溜まりである。


e0083517_21464294.jpg楓の葉は大半がまだ緑である。

「この実には毒があるので食べないでください。」との注意書きがあるが、見た目には美しい
グミのような実である。e0083517_214783.jpg

この植物園の中で一番好きな紅葉の一つ、ハウチワカエデ。今年は緑、黄色、赤を同時に楽しめる。e0083517_22574353.jpg

長谷池の周りの楓は紅葉している木、全く紅葉していない木と様々だが、この枝は、半ば
紅葉していて季節を感じさせる。e0083517_21474245.jpg

静かなトレッキングパスに、カサコソと落ち葉の落ちる音、ポットンというドングリが落ちてくる
音。秋の昼下がりの音である。
e0083517_21484462.jpg

e0083517_214953.jpgシアトルの森辺りは例年早く行かないと枯葉の世界となっている。今年は辛うじて間に合ったようだ。

モミジバフウという紛らわしい名前の木。フウというのが漢字で書くと楓となるだけにややこしい。
しかし、この木はマンサク科で日本の楓とは全く違うらしい。e0083517_21492530.jpg

e0083517_21494853.jpgこれは天津の森にあるタイワンハゼ。いつもタイミングが遅れて枯葉を見るが、今日は絶好のタイミングでちょうど色の変わりかけた葉が美しい。

定番のススキヶ原。ススキだけでは淋しいのでモデルさんが欲しいところである。e0083517_21501267.jpg

e0083517_21503059.jpg再度、タイワンハゼの葉を逆光で狙うと葉脈が透けて見える。

まさにこの季節を象徴するようなグラデーション紅葉葉を見つけた。e0083517_21504574.jpg

by yellowtail5a01 | 2009-10-27 22:52 | 自然・季節 | Comments(9)
Commented by ue at 2009-10-27 23:03 x
望遠にマクロのオンパレードですね。ジャスト、リコーCX1です。ススキも綺麗し、発色もいいですね!
Commented by みっち at 2009-10-28 01:30 x
はい、ueさん、大変重宝しています。この秋の紅葉フォトが楽しみです。
Commented by SHIN at 2009-10-28 06:25 x
素晴らしい秋の写真です!!
六甲はもう秋なのですね。
Commented by みっち at 2009-10-28 11:12 x
いよいよ秋本番、これから11月いっぱいが楽しみです。CX-1が便利すぎて
デジ一の出番がなくって困っています。というか、重くて嵩張るのが煩わしく
なってきました。明るいところならコンデジでかなりの部分をこなせると思い
ます。
Commented by SHIN at 2009-10-29 06:20 x
CX1って言わなかったらデジタル一眼と区別付かないですね!!
Commented by みっち at 2009-10-30 20:17 x
どうもSHINちゃんコメントありがとうございます。問題はやはり暗いときの
光量確保とポートレートにおける被写界深度の浅さが欲しいときですね。
その意味でライブ撮影には相等厳しいものがあります。
Commented by SHIN at 2009-10-30 21:07 x
暗い時のノイズとボケが良かったら、ほんと一眼レフの出番はないですね(笑)
Commented by みっち at 2009-10-30 23:36 x
いつかポケットに収まるようなそんなカメラが出現することを期待しています。
Commented by SHIN at 2009-10-31 09:13 x
そんなカメラ、リコーが11/10に国内発表するようです。