ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

Who am I to you? 一月ぶりの英語

2009年11月28日(土) 晴 3502歩

 一ヶ月ぶりの芦屋英語会の日。前半TIME、後半法律英語でTIMEの分量が少ない分、
予習にとられる時間が少なく、ある意味気が楽というのが本音である。法律英語の予習時間
が1とするとTIME予習は5は必要である。

 TIMEの一つ目の題材はNancy Gibbsという女性エッセイストによる標題の一ページもの。
女性の名前の前につける称号として、Mrs.、Miss、Ms.の三種類があるが、どのように使い
分けるのか、使い分けられたいtのかという女性心理のエッセーは新鮮で面白い。男性には
そのような経験がないので、想像でしか理解できない。

 Ms.という言葉が出てきて自分にとってよかったのは、既婚か未婚かわからない女性で、
そこそこの年齢(35歳以上?)に呼びかける時に、実に便利になったということである。今では
日本でも夫婦別姓という制度が導入され、40年前と比べると様変わりではある。

 そのNancy流の使い分けの結論は、社会で丁々発止と闘うときはMs.、心許せる親しい
友達や娘の学校や小児科医ではMrs.、娘気分に戻ってまどろみながら白昼夢を楽しむ時は
Missの気分で、ということであった。わかる気がする。

 二つ目のAPEC関連の記事より英語的には難しかったが、内容的には新聞ではなかなか
お目にかかれない内容で、このエッセイの方がよい選択だったと思う。コーディネーターが女性
だったことに感謝したい。

 法律英語は最近名ばかりで、法律と関係のない話題でかつ英文法ドリルが必ずついている
ので、中学時代に戻った気分で勉強というかお喋りを楽しめる。今日のテーマは、形容詞という
ことだったが、ノルウェー系カナダ人の先生の巧みなクラス推進で、形容詞を使った心理テスト
を交えながらの二時間はあっという間に過ぎる。

 もうひとつのお楽しみはアフタークラスの飲み会であるが、焼き鳥屋から少しグレードアップして
10人強が一同に座れる席のある店を見つけたのでこちらが定着しそうである。同じように飲み
食いして、一人当たりの会費が少しアップせざるを得ないのが辛いところだが、味・雰囲気は
こちらの方がいい。
by yellowtail5a01 | 2009-11-28 23:59 | 外国語・教養 | Comments(2)
Commented by SHIN at 2009-11-29 19:10 x
「継続は力なり」

がんばってますね。
Commented by ミッチ at 2009-11-30 01:31 x
継続は永いですが、力は下降気味です。仲間がいる、酒を一緒に飲める
限りは続けられそうです。