ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

初出から仕事だが、夜はお楽しみ

2010年1月5日(火) 晴 9855歩

 初出勤日。先の見通しのきかない経済情勢の中で、年頭社長訓辞にも厳しいものが
ある。せめて秋口くらいからは世界経済も日本の景気も回復してもらいたいものである。
若い頃の初出といえば、社長訓辞のあとは職場に戻って金粉入りの清酒とするめでの
お祝いをして、関係部署に挨拶回りをしたあとは、京都の神社に繰り出して振り袖姿の
女子社員の撮影会というのが定番であったが、いつの頃からか様変わりをした。

 今の勤め先も同じで、社長訓辞のあとはさっそく実務に入る。まあ、それが効率的とい
うものであろう。関連部署に新年挨拶をしながら、また社内のメール連絡の前置きに新年
挨拶をまじえながら、午後にはしっかり仕事モードに入っている。夜の予定があるので、
5時15分きっかりに仕事を終え、京都に向かう。

 New Yearコンサートと題されたクラシックのピアノ三重奏が京都のクリニックのホール
にて開催される。ピアニストが英語仲間のSさんとあって、英語会仲間8人で聴きに行く。
ラベルのイ短調の三重奏曲はかなり難解であったが、お目当てのチャイコフスキーの
「ある偉大な芸術家の思い出のために」は、わかりやすくて三重奏を楽しめるプログラム。
外人のバイオリニスト、チェリストを従えてのSさんのピアノが眩しい。

e0083517_1141896.jpg

e0083517_11931.jpg コンサートの余韻を楽しみつつ、祇園白川に向かい、心強い京都住民のUさんに紹介してもらったおでんのおばんざい店で遅い目の晩ご飯。

 メンバーの一人が会員権を持つリゾートホテルに泊まりとあって遅くまで飲み食いを楽しむ。一粒で二度美味しい新春コンサートとなった。

by yellowtail5a01 | 2010-01-05 23:59 | 音楽 | Comments(2)
Commented by ue at 2010-01-08 09:47 x
祇園のお店、ご贔屓にしていただきありがとうございました。昨夜も行ってみましたが、満席で予約とるのに苦労しましたが、女将の配慮で助かりました。
Commented by ミッチ at 2010-01-08 12:25 x
いやー、ueさん、本当にいいお店をご紹介いただきました。9時15分頃に
到着したときは、奥のお座敷に先客がおられたのですが、飲み物が出てくる
頃には、先客をevacuateしてくつろげる席を確保いただきました。なかなか
やり手の女将さんとお見受けしました。おかげさまで、すっかりくつろがせて
いただき、宿舎のチェックイン制限ぎりぎりの11時半頃までやすかわさんで
飲んでおりました。また、ご一緒できればいいですね。