ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

市民集会に参加の土曜日

2010年1月30日(土) 晴 7556歩

 法律英語のメンバー有志で兵庫県弁護士会主催の「取調の可視化市民集会」に参加する。
足利事件で時の話題の人である菅家氏も来られて話を聞けるというのもミーハー的関心で
あるが、執念で再審に持ち込まれた佐藤弁護士の話を直接聞けるというのも魅力の一つだ。
あいにく菅家氏は体調を崩したとのことでドタキャンとなったようだが、返ってミーハー的要素
を抜いて、純粋に課題を考えることができることになった。

 会場は立ち見者が出るくらい満員の盛況で、市民の関心の深さが推し量られる。もう一人
のゲストとして枚方事件という最近の談合汚職事件の被疑者として特捜に手ひどい扱いを
受けたという元枚方市副市長の小堀氏の話も生々しくて臨場感のある話であった。
e0083517_19324930.jpg

 可視化のメリットとデメリットを比較較量すれば、メリットが遙かに多いのは明白であろう。
現与党はもともとマニフェストにも掲げていたので推進することになるのだろうが、検察側の
思いはともかくとして自民党の各議員はどのようなポジションを取っているのであろう。反対の
議員が多いようだが、賛成の議員もいるようだ。

 集会後、近くの喫茶店に移動し意見交換会。話はあっちに行ったりこっちに行ったりでは
あるが、今日の呼びかけ人のO弁護士の解説を交えてより理解が進んだように思われる。
by yellowtail5a01 | 2010-01-30 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)