ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

サウダージ(郷愁)に包まれる六甲界隈

2010年2月10日(水) 雨時々曇 9168歩

 朝から雨のうっとうしいお天気だが、今日は午後からの外出予定。大学母校でちょっと
した講演会があるとのことで、参加申し込みをしていたのである。場所は、文学部界隈の
なんちゃら記念会館ということで、昔の勘を頼りに阪急六甲駅から徒歩にて北に向かう。

 頼りはiPhoneの地図である。概念的にはしっかりつかめるのであるが、経路が不安。
結局、ナビゲーション通りには行けず、迷ってしまう。通りかかった30才前後のお兄さんに
「神戸大学の方ですか。○○記念館に行きたいのですが、どう行けばいいんでしょう?」と
尋ねると、「ご案内しましょう」と親切に道案内下さる。「40年ほど前に通っていたんですが」
というフレーズが効いたのかも知れないが、親切な後輩であった。

講演会の方は、講師がなかなかの弁士で、非常にわかりやすいお話で得るところが誠に
多かったと思う。あっという間の二時間であった。
e0083517_20185962.jpg

 昔は、未開拓の風情の残っていた文学部、理学部界隈の佇まいであったが、大学の建物
も近隣の建物も随分建ち揃い、40年前の面影はほとんどない。青春時代のまっただ中に
この道をクラスメイツとともに毎日とりとめもない話をしながら下ったものである。ただ、高台
から望む大阪湾の風景だけは、当時を偲ばせるものがある。40年の年月は長いものだと
あらためて思う。e0083517_2020990.jpg

by yellowtail5a01 | 2010-02-10 20:23 | 仕事 | Comments(8)
Commented by fundmoneyじゃん at 2010-02-10 21:45 x
Saudade(郷愁)はブラジル人にしか分からないと云いますが、六甲界隈は神大卒の人にしか分からない何かがあるのかもしれませんね。
でも、親切な後輩でよかったですね。
Commented by SHIN at 2010-02-10 22:49 x
六甲界隈は、神大以外の人にも何かがあります(笑)
わたしの通勤経路ですので。
Commented by ミッチ at 2010-02-11 02:23 x
じゃんさん、saudadeにはいろんな意味があるというのをブラジル駐在
経験者から聞いたことがあります。郷愁とか悲しみが含まれているようでした。
Commented by ミッチ at 2010-02-11 02:25 x
Shinちゃん、そうでした。(笑) 歩きながらK邸はどの辺りなんやろと
考えていました。
Commented by SHIN at 2010-02-11 08:15 x
わたしんちは松蔭女子大学の近くです。
女子大生をかき分けかき分け出勤しています(笑)
Commented by ue at 2010-02-11 12:38 x
母校が残っているのは羨ましいですね。私の母校は、阪大に合併されて消滅です。
Commented by ミッチ at 2010-02-11 23:44 x
バス道の西側ですか。そちらの方がかき分け甲斐がありそうですね。
Commented by ミッチ at 2010-02-11 23:46 x
ueさん、場所が変わり、名前も変わると淋しいですね。私の高校母校は
名前はそのままですが、場所が変わったので新しい建物に行ってみたい
という気分にはなりません。