ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

3月入りは雨の洗礼

2010年3月1日(月) 晴のち曇のち雨 5456歩

 バンクーバーフィーバーと最後は津波騒動で終わった二月であったが、テレビの
ニュースはしばしの異次元ワープのような感じで、一般ニュースはトヨタ関連以外は
ほとんど記憶に残っていない感じだ。その分目障りで評判の悪かった津波予報地図
によって、現実に引き戻された感がある。

 祭りの後のいつもアンニュイな気分もあるが、バイクで通勤した日の夕方に土砂降り
は辛い。雨具は荷台にくくりつけてあるので、びしょ濡れになるわけではないが、ヘル
メットのウインドシールドが水滴と呼気による曇りで見えにくくなるのには辛いものが
ある。このようなときは、爽快感どころか不快感120%。ただただ安全運転に徹する
のみとなる。

 オリンピックの合間にもつたやで借りてきた「北の国から」もいよいよ大詰め。当初の
シリーズからすでに10数年が経ったことになる95年の「秘密」という宮沢りえの出て
来るところまで来た。あとは残るところ僅か。味わいながら鑑賞したい。
by yellowtail5a01 | 2010-03-01 23:59 | 自然・季節 | Comments(2)
Commented by ひーやん at 2010-03-02 13:19 x
カーリングの目黒萌絵さんは富良野の出身で、お父さんが
黒板五郎みたいな人で、丸太小屋で家を作ってアウトドア
一家だったとか。テレビなんかみないんで、北の国からも
知らなかったそうです。
Commented by ミッチ at 2010-03-03 17:13 x
目黒さんはじめカーリングの皆さんは凛としたところがありましたね。
髪型やメイクアップも入念にやっておられるのか、華やかさがあり
ました。片やスピードスケート女子はフードやグラスをすると皆さん
お世辞にも美しく見えませんが、ゴールを切った後にフードを外し
グラスを頭に掛けて、髪の毛がパラッと風になびく瞬間がえも云えず
好きです。

富良野には本当に魅力を感じる今日この頃です。