ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

夜行バスにて帰阪、そして英語の予習は辛い

2010年4月10日(土) 晴 6511歩

 昨夜は新宿ピットインで、久しぶりの高校同窓の東京メンバーのドクM、T君とDr.Kと
で再会を祝しつつ、レベルの高いジャズに酔いしれたが、帰りのバスの時刻が迫り、途中
にて退席。

e0083517_3265216.jpg新宿西口から余裕でバスに乗り込む。今回はケチらなかったので、独立シートで、足もそこそこ伸ばせ快適に戻ってくる。それでも、やはり熟睡はできていないようで、頭はボ-っとしている。


 それでも予習はしておかないといけないので、TIMEの記事に格闘する。東京でも細切れ
的には読んでいたが、不明単語を辞書で確認するところまでは行っていなかったので、
一夜漬けならぬ朝漬けで頑張る。今日は夜の宴会があるので、意地でも予習をして勉強会
から宴会に流れるようにしたいところだ。

 第一の記事は、ファーストレディのミシェル・オバマのLet's Moveに関する記事。米国の
子供肥満を如何にくい止めるかというテーマだ。思ったより平易な文章で、これはやはり
ミシェルの頭がいいと言うことなのだろう。

 第二の記事は、少し長いのだが、「中国が世界を支配するとき」というかなりインパクトの
強い記事である。歴史の必然の流れといえばそうなのだろうが、確かに最近の米中のせめぎ
合いには末恐ろしいものを感じざるを得ない。したたかな中国の外交戦略や技術戦略、産業
政策等と比較すると、日本の政治の貧困さが浮き彫りとなり、誠に情けない限りである。
by yellowtail5a01 | 2010-04-10 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)