ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

甲東園の梅林、仁川の芝桜

2010年4月18日(日) 晴

 寒かった異常気象も収まったようで、春らしいお天気となる。陽気に釣られて風の
便りに聞く仁川の芝桜を訪ねることにする。「ろくべえ号」を引っ張り出して、R171
から高座橋を通過して上ヶ原を抜けて、まずは甲東園の公民館を訪れる。

 2月には梅林満開で楽しませてもらったが、その後どのような状況かという好奇心。
もちろん人は誰もいない。

e0083517_21315952.jpg

ほとんどの木に小さいが梅の実が結実しており、初々しい。恐らく白梅は緑一色で
紅梅の実にはうっすらと赤味がかかっているようである。

 甲東園から細い道を北進して仁川にさしかかるが、肝心の芝桜パークの場所が
わからない。駅に行けば情報が得られるだろうと阪急仁川駅に向かう。昔のイメージ
とは様変わりで、町の発展の様子がわかる。近所でありながら40年以上この駅には
来ていなかったようである。門戸厄神、甲東園、小林、逆瀬川、宝塚南口、宝塚には
この二、三年以内に全て訪れているのだが、なぜか仁川駅だけはご無沙汰であった。

 ラガールカード売りのアルバイトのお兄ちゃんが知らないのは仕方ないにしても、
駅員の中年男性も一旦奥に入って情報を持ってきてくれるのかと思うと、ばつ悪そう
に、「すみません、ちょっとこちらではわかりかねます。」とのこと。まあ、仕方がない。
観光案内もないので、取り敢えず川沿いに上流に向かう。

e0083517_21324594.jpg

 ほどなくショッキングピンクの固まりがちらっと見えたので、「あれだ!」と確信する。
過去の台風や地震で地滑りの悲劇を体験した百合野町界隈である。治水・砂防工事の
一環で斜面を芝桜パークにしたようだ。

e0083517_21331687.jpg近くで見るとなるほど芝桜の花は五弁で桜のようでもある。

 華やかできれいな公園であるが、多くの犠牲者を出した地域だと考えるとはしゃぐ気
にはなれない。慰霊碑にそっと手を合わす。
by yellowtail5a01 | 2010-04-18 21:35 | 自然・季節 | Comments(6)
Commented by SHIN at 2010-04-19 06:20 x
梅林の梅って、やっぱりちゃんと実がなるのですね。
採った実はどうするのかなあ。。。

仁川のシバサクラ、満開ですね。
慰霊の意味を込めて植えてあると思うので、人がたくさん来てくれたら主催者も喜ぶと思います。
一番かわいそうなのは忘れさられることですから。
Commented by fundmoneyじゃん at 2010-04-19 23:46 x
仁川駅はこの十年の間に様変わりしましたね。
私、仕事の関係でよく来ますが、阪神競馬場のお陰でしょうか?(笑)。
Commented by ue at 2010-04-20 07:44 x
良くも、悪くも阪神競馬の影響は大きいです。昔,今津線沿いに住んでましたが、良い点はミニテーマパーク化した競馬場で、土日のレースには家族連れでにぎわっています。

僕も、一眼デジに望遠ズームを付けて競馬撮影に行きました。ゴール前の緊張感はちょっと味わってみたいですね。
Commented by ミッチ at 2010-04-20 22:56 x
SHINちゃん、梅が実るのは5月末時分でしたでしょうか。毎年COOPに
梅酒仕込みセットが販売される頃ですね。きっと甲東園老人会で梅酒に
するのではないでしょうか。
Commented by ミッチ at 2010-04-20 22:59 x
じゃんさん、やはり仁川は様変わりしていたのですね。初めて気づきました。
仁川が武庫川に合流するところに親父の墓があるのでそこにはよく行くの
ですが、よく考えると電車で行ったことが38年以上ないことに気づきました。
Commented by ミッチ at 2010-04-20 23:01 x
ueさん、恥ずかしながら仁川の阪神競馬場を含めおよそ競馬場には一度も
足を運んだことがありません。確かに望遠ズームを持ち込めば、ドラマを
沢山撮れそうですね。機会を見つけて一度ご一緒お願いします。