ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

豪雨あがり 水たまり、夕焼け

2010年5月24日(月) 雨のち曇り

 朝の天気予報では阪神間は大雨警報が出ている。台風時の強風大雨警報なら学校も
会社も臨時休校・臨時休業になるのではなかったか。しかし、大雨警報は全然そんなの
関係ねぇっ、という感じである。家から駅、駅から会社に行くまでにズボンも靴もびしょ濡れ
となる。

e0083517_972171.jpg その雨も昼頃にはピタリと上がり、昼休みはカメラを持って飛び出す。川の増水もいいが、雨上がりはやはり水溜まりが魅力だ。

e0083517_981522.jpg

 夕方にはすっかり西の空が明るくなってきて日没時はみごとな夕焼け。いつの間にか
日没時刻が7時頃になってきた。やがて夏至を迎えればまた日照時間が減っていくのか
と思うと少し淋しい気持ちになる。

 一旦家に帰って、PCをつけて日頃ご無沙汰のしろいひよこさんというライブ知り合いの
友人のブログを覗くと、今日はMクアトロで佐伯真梨ちゃんのライブとのこと。そういえば前に
「産休前ライブもあと二回となりました」という案内をもらっていたのを思い出す。少し遅くな
ったが、武庫之荘のMクアトロに着くとほぼ満席の大盛況。

e0083517_995759.jpg 新聞でも「胎教ライブ」として紹介されたようで、おなかの大きい若いカップルの姿が目につく。真梨ちゃんも7月が予定日らしく見るからに妊婦体型になっていた。ご両親も目を細めて愛娘の産休前ライブを楽しんでおられるのが印象的だった。

デュオの相方、高橋知道さんは初めてだったが、渋いテナーサックスと軽快なフルートの
両刀遣い。エネルギッシュさと繊細さを兼ね備えている。
e0083517_911010.jpg


e0083517_9112381.jpg MCは依然あどけなさが残る真梨トークだが、子育てに入っていくと変化していくのであろう。

e0083517_9123265.jpg 高橋さんのサックスは、つや消し状態で見るからにいい音がしそう。実際いい音色が出ている。

e0083517_9125447.jpgMクアトロの面白いのはピアノの上45度に設けられたミラー。グランドピアノの蓋もミラーとなり、一度に三つのイメージを楽しめるところである。
Photo:RICOH CX3
by yellowtail5a01 | 2010-05-24 23:59 | 音楽 | Comments(6)
Commented by はるる at 2010-05-25 12:31 x
アハ!わかります。 雨上がりは 水溜り。

ピアノに映った窓の外(今朝私も写したばかり)、 
池に映った山、 バックミラーに映る夕日、 田ごとの月・・・
どれも 逆さのシーンがいいですね。

人間は 自分の顔を直で見ることできないんですから・・・・。  ??
ちょっと 関係ないですね。
Commented by SHIN at 2010-05-25 20:40 x
真梨ちゃん、すばらしい活動ですね。

『尼崎市で24日にピアノとフルートなどによる胎教ライブを開催する。妊娠8カ月の身重の体だが、「同じように妊娠している方にリラックスして聞いてもらいたい」と意気込む。

 父はキーボードプレーヤー、母はピアノ講師と音楽一家。中学生の時にエレクトーンコンクールの全国大会に出場するなど、早くから注目を集めてきた。ピアノなどの演奏者として宝塚歌劇団のオーケストラに参加する一方、現代風クラシックとジャズの異なる分野で作曲したり、演奏会を開催している。

 音と音の間の静寂や余韻を楽しむ現代風クラシック。演奏するたびにアレンジが異なるジャズ。「将来、互いのいいところを取り入れ、融合させていきたい」と、新しい分野の創造に挑戦している。

 胎教ライブは午後7時半、同市南武庫之荘1のジミーズマーケット2階「Mクアトロ」。チャージ料は2000円(妊婦は1600円)。モーツァルトの子守歌など胎教に良いとされる曲にアレンジを加えて演奏。妊婦の体を気遣って全席禁煙。』
(毎日新聞より引用)
Commented by fundmoneyじゃん at 2010-05-26 01:43 x
真梨ちゃん、産休ですか?そう云えば、そんなメール来ていました。元気な子を産んで活動を再開してほしいですね。

高橋知道さんは尾道出身で、大阪音大出です。神戸の青木の海辺のステージで素晴らしいサックス吹いていました。CDも買いましたよ。その後ニューヨークに渡り、一段と腕をあげましたね。でもフルートは知りませんでした。
Commented by ミッチ at 2010-05-26 01:48 x
アジアンタムブルーという小説がありましたが、それに出てくる主人公の
女性が水溜まり写真ばかり撮っているというのを読み、以来水溜まりを
見ると無性に撮りたくなるという習性になりました。映ったものというのは
現実のようで現実でなく、心惹かれます。心を映す水溜まりがあっても
いいですね。
Commented by ミッチ at 2010-05-26 01:52 x
SHINちゃん、毎日新聞記事の引用ありがとうございました。本当は
私がきちんとしておくべきでしたが、ザッと読んだだけでそこまで気が
回りませんでした。(笑) 最近メタボ気味の自分も1600円で行きたか
ったところですが、それは言えませんでした。(爆)
Commented by ミッチ at 2010-05-26 01:55 x
じゃんさん、さすがになんでもよくご存じですね。高橋知道さん、年齢は
不詳ですが、なかなかのアーティストであることは間違いないです。
とても気さくというか親しみやすいパーソナリティと思われ、好感が持て
ます。