ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

老健の面談日で少し緊張

2010年110月6日(水) 晴

 母が入院中の病院は救急病院ということで、まもなく一ヶ月もすれば退院(転院)しな
ければならないらしい。で、リハビリ施設のある老健という施設が次の行き先になるよう
だ。今日はその第一号の面談日。本人と家族の面接試験のようなものがあるらしい。

 母にしてはほぼ2ヶ月ぶりの外出。病院からはあっさりと外出許可が出る。恐らく早く
退院して欲しいのであろう。病院の囚人服のようなパジャマから、久し振りに普通の服に
着替え、介護タクシーで候補の老健に向かう。

 介護タクシーはリフト機能が付いた優れものであるが、値段は馬鹿にならない。今日は
初めてだったので利用したが、次回からはNOTE号にて送迎すれば、大幅節約できると
確信する。e0083517_092262.jpg

 面接の結果は来週火曜日になるようだが、老健も狭き門とあれば外れたらどうしたら
いいのか結構深刻な状況である。
by yellowtail5a01 | 2010-10-06 23:59 | 家族・交遊 | Comments(2)
Commented by ue at 2010-10-07 09:34 x
お母様が無事に退院されるようになって、本当によかったです。
こんな表現は好ましくないですが・・・、同時に厳しい生存競争にも入られるわけですね。

知力、体力、時間のあるお身内の方達が、お母様の盾になってアシストしてあげねばなりません。良い施設が見つかるように祈っております。
Commented by ミッチ at 2010-10-07 21:07 x
ueさん、ありがとうございます。まだしばらく掛かりそうですが、
時間の問題で病院は追い出されそうです。もう充分生存競争に
打ち勝ってきたとは思いますが、終盤の人生を心安らかに充実
して過ごしてもらうことが唯一の願いです。