ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

ちょっとした在宅勤務の気分

2010年11月4日(木) 晴

 家にいるのは勿体ないような引き続きの秋晴れ。しかし、することが結構ある。まずは
先日の東京出張のレポートは昨夜に仕上げたので、一緒に行った設計の専任課長の
了解も得て、社長に報告してもらうことである。始業時に議事録案を入れておいたので、
何度かのメール交信の後、社長報告までやってくれたみたいである。

 経営者というのは大概イラチである。イラチでなければ務まらない。しかし、大概の
経営者は「この件は至急やれ」とストレートには言わない。「そんなに急がないから都合
のいいときでいいよ。」というが、これを鵜呑みにするととんでもない。実は、まだかまだか
と待っている。P社時代に嫌と言うほど経験したし、自分が部下を持つ身分になると同じ
ような心境を実感したものである。

 後は、何日かぶりのおふくろの見舞いと骨折事故の後始末の賠償金請求交渉の詰めを
今日しておかないといけないので、それは午後の予定とする。明日は東京で仕事の前後に
大学のクラスメイト、小学校のクラスメイツ、会社時代の仲間との会合を入れており、忙しく
なる。土曜は久しぶりのセーリング、日曜日は30代後半から40代半ばを過ごした事業場
のOB会、と懐かしいことや楽しいことのてんこ盛りの週末と踏んでいたのだが、予定が少し
狂う。

 秋口から始めた委託業務が入ってきて、昼過ぎからメールの往復で概要が分かり、土曜日
に訪問することになる。同時に楽しみにしていた絶好の季節のセーリングがぶっ飛ぶことに
なる。ぶっ飛ぶのは辛くもあり、またクルーとしての自分の役割を果たせないのは、口惜しくも
あるが、やはり遊びより仕事を優先せざるを得ない。まあ、こんな自分でもあてにしてくれると
いう会社があるのであれば、喜んでそちらを優先したい。セーリングはいつでもできるのだ。
by yellowtail5a01 | 2010-11-04 21:50 | 仕事 | Comments(0)