ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

飲み放題は災いの元

2010年12月22日(水) 曇

 明日が祝日なので、振り替えで今日が出勤となる。部屋の忘年会の日でもあり
電車で出勤する。冬至とあり、陽が短いので前から気になっていた通勤途上の
家の玄関植裁を撮らしてもらう。四季折々に綺麗に飾り付けられており、あるじ、
いや奥様の感性にかねて尊敬の念を抱いている家だ。

e0083517_243979.jpg

 月曜日に自分にとってのビッグイベントを終えたので、気分的には楽勝年末モード。
やり残しの課題を整理し、いくつかを片づける。来週月曜日で本年最終勤務。気分
はずいぶん楽である。

 夜は忘年会ということで、飲み放題でビールを二杯飲んだ後にウィスキーをロック
で注文するとダブル以上になみなみと注いでくれる。山崎ではないが、香りがそこ
そこしっかりしているので、角瓶であろう。調子に乗ってお代わりを繰り返していると
お開きの頃にはすっかりできあがってしまった。

 多少の吐き気がするのをこらえて、胃からわき上がってくる唾を吐きつつ、同方向
の同僚と阪急で帰るが、かなり辛い。電車の中でもどしたりしたら最悪であるが、
さすがにそれは堪えて無事駅に着く。

 少し気分も良くなったので、お土産にいつものたこ焼きを買って帰ることにする。
先客があり、50歳前後の白人。酔った勢いで気楽に声を掛けると、ニュージーランド
の人だった。懐かしさもあり、たこ焼きが焼き上がるまでの数分、知っている地名や
スポットを次から次ぎに上げると、外人さんは大喜び。

 それは良かったのだが、話がミルフォードサウンドに及んで、その時の感激が蘇り
「めっちゃ素晴らしかった」と言いたくて、"It was really terrific!"と言ったつもりが
"It was really terrible!"と言ってしまった。それまでの盛り上がりが急に冷め、
白人氏は、冷たく"Nice to meet you."と言いつつそそくさと行ってしまった。

 ああ、なんというミステイク。飲み放題は災いの元である。
by yellowtail5a01 | 2010-12-22 23:59 | ひとりごと | Comments(4)
Commented by SHIN at 2010-12-23 09:46 x
ま、そういうこともあります。。。

これにくじけず、どんどん声をかけましょう!!
Commented by ミッチ at 2010-12-23 16:59 x
はい、まあ大して迷惑は掛けていないと思いますが、
自分が情けない。飲み放題で、それなりのまずい酒が
出てくると悪酔いするほど飲まないのですが、ちょっと
いいお酒だとついペースが速くなり、いつも失敗です。
Commented by ひーやん at 2010-12-24 09:45 x
それは、 terrible!な酔いだったんでしょうな?
私も年末に胃酸過多気味で処方してもらってます。
日曜日には、飲み過ぎぬよう・・
Commented by ミッチ at 2010-12-25 06:03 x
ひーやんさんは胃酸過多対策処方済みということは
日曜日を想定してのことですな。ま、お互い過ぎたるは
なお及ばざるが如しとならないよう気をつけましょう・・