ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

徒然に思うお正月考

2011年1月5日(水) 晴のち曇一時雨

 朝は冷え気味ながらいいお天気だったが、だんだん曇ってくる。本来は木曜が
出勤日のことが多いのだが、初出を外すと新年の挨拶が照れくさくなってくるので、
必ず出るようにしている。部屋の皆さんとは朝一番に挨拶を交わせればそれで
安心するのだが、社長以下別室の幹部の皆様にどのタイミングで挨拶しておくか
というのもタイミングを外すと結構ばつの悪いものである。

 永年のサラリーマン生活で身に付いてしまった習慣は、とにかく自分から挨拶
すべき人には、なるべく早いタイミングでたったったと回って挨拶を済ませてしまう
ことである。というわけで、いつもより10分早く出社して、始業前に社長、常務、
取締役、事業部長、監査役等を回って10分で完了。ああ、宮仕えやっているな、
と自覚する瞬間である。

 仕事の方は、年始めということでゆったりとしたスタートを切れる。たまにはバタ
バタしない日があってもいいだろう。

 ところで、このお正月に感じたことを二、三留めておきたい。一つは全く他愛も
ないことなのだが、エスカレーターにおける立つ位置、歩く位置の関係である。
そもそも階段と並行して設けられたエスカレーターに乗る人は全員歩かないのが
正しいと思う。鋭角的なエッジを持つエスカレーターで足を踏み外したりすると大
怪我をしそうに思うし、注意書きにもそう書かれている。

 ところが、一人分の幅しかない狭いエスカレーターは別にして、二人幅のエスカ
レーターは、一列は立ち、一列は歩くという暗黙のルールがあるようであり、大阪・
神戸は立つ人は右となっている。東京・名古屋を始め大部分の地方ではその逆で
立つ人は左となっている。

 で、問題は、京都はどうよ、という疑問が常々あった。なるほど、JR京都駅では、
立つ人は左という東京方式である。大阪に対抗する意識が強くてそうなっているの
かなと思っていたが、元旦に京都に行ったときに面白い発見をした。京阪の四条駅
と出町柳駅しか見ていないが、この二つの駅では見事に大阪方式であった。京阪
電車を利用する人は、大阪人が多いのか、大阪に通っている京都人が多いせいな
のだろうか。

 もう一つの留めておきたい感想は、年賀状についてである。年末大騒ぎした年賀状
は、もらうのはやはりいいものだと思う。もちろん、メールやブログ仲間ではカキコで
の賀詞交換もありで、それは自然だと思うが、葉書でもらうコンパクトに収まった年賀
状にはまだまだ存在意義があると思う。

 中には、細かい活字がぎっしりと埋まった近況報告もあるが、これはなかなか読み
切れない。図案と謹賀新年、今年もよろしく、だけの年賀状は味気なく、50円がもった
いない。ちょっとした近況と一言自筆で気の利いたコメントが添えられているのが、一番
上品で一番目的に適っていると思う。

 新しいパターンは、メール年賀として数ページの添付文書で数葉の写真入り詳細に
わたる近況報告(年間報告)を下さる方も数名いらっしゃるが、これは同じような理由
で、コンパクト性に欠けている。作成する側は心を込めて丁寧にやっていただいている
ことはわかるし、これをいただけるのは光栄なことなのだろうと思う反面、読み手の
心情を思い遣るという点で、少し疑問が残る。数通ならまだしも300通くらいこのような
ものを戴いたら悲鳴を上げたくなる。自分としてはやめておこうと思う。

 もう一つ失敗したのは、親しい友人からプロはだしの美しい賀状をいただいたのだが、
どうもこれが企業から良く来るDM賀状に仕分けられてしまい、すぐに気づかなかったの
は反省点。いつも元旦の朝に賀状の固まりを取ってきて、誰かが仕分けをして、自分
宛、家内宛、娘宛、親戚筋、DM年賀に分ける。今回は大事な賀状がDMに仕分けられ
てしまい、気づくのが遅くなり顰蹙を買ってしまった。

出来映えのいい年賀状には憧れるが、あまりに良くできているとプロが制作した企業DM
と思ってしまう。自分はやはり素人ぽい賀状を続けることになりそうだ。

 結局、長文になってしまい、これも読み手の心情を推し量らない悪文ブログと反省して
います。
by yellowtail5a01 | 2011-01-05 23:10 | 仕事 | Comments(19)
Commented by はるる at 2011-01-06 00:16 x
私の長文ブログを、 「途中で止めてしまう・・」 と友人に言われたときは、 
そんなあ~、とがっくりしましたが、 読み手を慮る思いやりが必要 なんですね。。。。
自己満足を反省しました。
最近、 すこ~し、減量していますでしょ?

年賀状は毎年、宛名も添文も筆ペンで手書きでしたが
たまたま今年は 1月の御案内と同時期になり、 合わせました。

いろんな方のブログを拝見していて、 ほんとにそれぞれの個性で  どれもその方らしくて いいなあと思います。
ミッチさんのは 悪文ブログじゃないですよ!
いっつも 「・・・頑張りたい」 で締めくくられていて、 なんて真摯に真面目な方なんだろうと 思います。
アレアレ・・・・こうして長コメントになりにけり。  ツイッターなんて絶対無理なわたくしです。
Commented by SHIN at 2011-01-06 06:22 x
ブログとSNS、ツイッターは住み分けることを考えると、ブログは多少長くても全く問題ないと思います。

ただ、10行を超えると、よほど興味がある以外は読み飛ばしますが(笑)
Commented by SHIN at 2011-01-06 06:24 x
ueさんくらいの文章の量が読む方としては心地よいです。
(書く方も楽?)
Commented by ひーやん at 2011-01-06 08:49 x
新年から3ボヤキというところでしょうか・・
先ず1つ目
年始の「あけまして・・本年も・・」なる長セリフは
私はどうも苦手で・・それもお互いに言い合うので
なるべく幕の内は電話しない、でない
出歩かないをモットーにしてます。
2つ目
万博の動く歩道の影響なんでしょうがないでしょうね。
阪急梅田の動く歩道がそれを継承しましたね。
無秩序な関西人が誇れる唯一のマナーですか・・
3つ目
私のレスも長いので失礼します。
Commented by ue at 2011-01-06 15:07 x
長文云々は、中味の問題でしょうね。それも、男性と女性では受け止め方が違うような感じです。男性は写真で想像力を逞しくし、文章は補足説明と・・・、女性はその逆では・・・と推測します。

みっちさんの文章は、生活感に溢れた優しい文章で、女性の母性本能をくすぐるんでは(笑)。
Commented by ミッチ at 2011-01-06 18:24 x
はるるさん、似たもの同士のようですね。ついつい押さえようと思っても
長文を書いてしまうところは。今年はお互い自重してかっこよくコンパンクト
に、かつお洒落にまとめることを目指しましょう。l
Commented by ミッチ at 2011-01-06 18:26 x
SHINちゃん、そうですね。書く方も楽、読む方も楽というのを
意識して今年は行きたいと思います。が、そうも行かない時も
ありそうですので、その時はご容赦下さい。(笑)
Commented by ミッチ at 2011-01-06 18:37 x
ひーやんさん、レスありがとうございます。まあ、社長業の方には
ピンとこない賀詞の挨拶かも知れません。エスカレーターの件は
万博に起因しているのは知らなかったですが、Walk left, stand
right.は国際標準だと思います。少なくともアメリカの空港ではそんな
アナウンスが流れていたのを覚えています。ただし、エスカレーター
ではなく、やはりムービングウォークでしたが。

数少ない大阪が誇れることなのでしょうね。いつの日にか日本全国で
左歩きに統一されることを期待しています。(笑)
Commented by ミッチ at 2011-01-06 18:40 x
ueさん、含蓄溢れるコメントありがとうございます。少し、違うかも
知れませんが、男は視覚で欲情し、女は聴覚で欲情するというのを
聴いたことがありますが、相通じるものがありそうですね。(爆)
Commented by はるる at 2011-01-06 22:35 x
アハハ!  そこまで飛ぶ?    
ueさんのおっしゃってることとは、 ちょっと違うとおもいます。
Commented by fundmoneyじゃん at 2011-01-07 03:28 x
最近は昔の友人の年賀状よりも業者、ライブハウス、ボーカル達の年賀状が増えて来ました。喜んでいいのでしょうか?(笑)
Commented by SHIN at 2011-01-07 07:16 x
写真は「ルックス」、文章は「性格」だと考えると、ブログはブロガー自身(の趣向)がそのまま出ると言ってもいいでしょう!!

ueさんはルックスも性格もいい「美人ブログ」。
ミッチさんはルックスはいいがちょっと口数が多い「井森美幸タイプ美人ブログ」。
じゃんさんはルックスがよく話したらきさくでおもろい「美人女子アナウンサー的ブログ」。
はるるさんはルックスはまあまあで付き合うほど知性を感じる「嫁さんにしたい女性ブログ」。
わたしの場合はルックスがすごいが中身がない「最近のアイドル的ブログ」でしょうか。。。(爆)

あ、そうそう、男性より女性の方がルックスに厳しいと聞きました。
男性は案外性格を見るもんですよ。
特に結婚した男性は女性の性格を中心に見ます。
女性は結婚してもイケメンが好きです。(韓国スターとか)

わたしのヨメの母は、スマップの追っかけですし(^^;
Commented by SHIN at 2011-01-07 07:21 x
じゃんさん

「年賀状が誰から来るか、は現在の人生(人間関係)の総決算」だと思います。
年賀状を見ると、その人がわかります。
そういう意味では、じゃんさんらしいことです(笑)

わたしは年賀状は10年前に止めました。
ITに切り替えています。
もちろん、今応援しているボーカルにはすべて挨拶しています(笑)
Commented by ミッチ at 2011-01-07 10:19 x
長文悪文ブログに皆様お付き合いいただきありがとうございます。

はるるさん、跳びすぎですか?卯年に免じてお許しを!
じゃんさん、さすがですね。私の方はさっぱりです。以前もらった人に
       出しておいた賀状に返事で返ってきたり・・来年どうしようと
       悩みます。
SHINちゃん、精緻なブログ分析面白いですね。女性のイケメン理論、
       当たっているんでしょうね。男性で韓流ドラマに嵌る人は
       あまり見かけません。

       IT賀詞も悪くありません。早々にメールをいただくと行って
       みようという気持ちになるものです。
Commented by ue at 2011-01-07 12:30 x
年賀状 今年も来てねと ジャズ娘(字余り・・・(笑))
Commented by ミッチ at 2011-01-07 19:37 x
ueさん、ジャズ娘さん達の心境はそういうものなのでしょうね。
私は、来て欲しい人から来ていなかったり(遅れて返事が来る)、
「もういいんじゃない。」という昔の腐れ縁の方から律儀にもらった
り、人生ままならぬものだと痛感させられる毎年の年賀状にまつ
わるエトセトラです。
Commented by SHIN at 2011-01-07 20:33 x
「今年も来てね」と年賀状出すのは普通だと思います。
まあ、あるいみDMみたいなものですが。

それにつられてライブに行って、好きなミュージシャンを聴く。
ライブハウスも儲かる。

いい循環ですよね。
Commented by はるる at 2011-01-08 15:59 x
ueさん、SHINさんみたいに クールにならなくてもいいですよ。。

「またきたよ 君のJAZZが ききたくて」

やさしさは  まっすぐで  シンプルで。

「の」 を 「と」 にかえても素敵。
Commented by ミッチ at 2011-01-08 20:44 x
はるる師匠、今年もハートフルことば教室よろしくお願いします!