ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

関西ニュージーランド協会と小学校同窓会準備委員会

2011年1月29日(土) 晴

 お天気はいいが、今日も冷え込む。昼前から大阪市内に出て、英語会のメンバーが熱心に活動している関西ニュージーランド協会の月例イベントに、声をかけられる。NZは恐らくもっとも好きな国なので、喜んで参加する。イベント内容は金平糖ミュージアム見学と金平糖づくりということで、そちらも楽しそうである。

 昼前に天満橋に集合して、協会に向かう。来ておられる方は年輩のご婦人が多いが、皆さん品のいい人ばかりで、自然に心が和む。ゲストのニュージーランド人は、20代前半の男女二人。日本の高校等で、英語教育のアシスタントとして招聘されているとのこと。

 金平糖ミュージアムは、12月に初めて訪れた八尾南駅から歩いて5,6分。かつて一度も踏み入れたことのない地域だったが、ひょんなことで連月で八尾南詣でとなる。

この地域あたりによくある中小企業の食品メーカーだが、玄関からして面白い。
e0083517_1165258.jpg


展示室の金平糖。色合いがパステルカラーで美しい。
e0083517_1172356.jpg


今では日本に10社しか金平糖メーカーはいなくなったようである。実際の量産釜は、半径1.5メートルもあるのだが、これは工場見学者用の小ぶりの設備とのこと。
e0083517_1181452.jpg


最後に社長が南蛮人姿で登場。金平糖の説明からクイズ、はてはギターを取り出しての金平糖の歌の大合唱。なかなかのやり手社長である。
e0083517_119561.jpg


予定通り、ミュージアムを後にし、一路梅田に向かう。小学校同窓会の新年会(準備委員会)に急ぐ。前回集まったメンバー5人、今回初めて参加のメンバー5人で時の経つのを忘れて、昔話や同窓会準備トークに花が咲く。
e0083517_1194118.jpg


by yellowtail5a01 | 2011-01-30 23:59 | 外国語・教養 | Comments(4)
Commented by SHIN at 2011-01-31 06:12 x
金平糖って不思議ですよね、あの形。
なぜあのような形になるんでしょうか?
Commented by pico at 2011-01-31 15:06 x
たかが金平糖、されど金平糖。このミュージアムを訪ねて、金平糖への思い入りが強くなりました。毎日食べてます。
Commented by ミッチ at 2011-02-01 00:46 x
着眼点がシャープですね、SHINちゃん。あのツノは英語では
projectionというようです。なぜか24本のツノが生えるよう
です。ツノの成長速度は一日に0.1mmなそうです。
Commented by ミッチ at 2011-02-01 00:48 x
picoさん、思い入れが強いからと言って食べ過ぎないように
ご注意下さい。

私はお土産にもらった自作金平糖を夜の小学校同窓会準備会
に初参加いただいた糖分不足気味のマドンナさんに袋ごと
プレゼントしました。