ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

浜松へ、引っ越し手伝い

2011年3月10日(木) 晴

 いよいよ娘が引っ越す日がやってきた。あらかたの荷物は引越センターに依頼して今夕に届くらしいが、細々としたものをクルマに積み込んで新幹線で向かった娘の後を追いかける。一緒に来るまで行く手もあったのだが、折からの雪模様。早朝の米原、関ヶ原をノーチェーンで通れる保証はないので、昼過ぎにつけばいいと8時半に出発。

 米原は避けて、新名神で行くが、鈴鹿あたりはやはり雪景色。路上は融雪剤のおかげもあり問題なく走れる。四日市から北向きに走り、どの辺りで名神・東名に戻るのだろうと思いつつ、瞬間「東名(静岡)」の標識の発見が遅れ、名古屋方面の車線を進んでしまう。後でわかったことだが、標識通り行けば湾岸沿いにショートカットできる予定だったのを、名古屋まで北上し、時間も料金もロス。

 浜名湖SAで小休止するとすぐに到着。ナビのおかげで一度も迷うことなくアパートに辿り着く。市役所への転入手続き、電化製品はヤマダ電気、カーテンや生活雑貨はニトリと杏林堂。クルマがあれば効率的に買い物を済ませ、その合間に引越センターの配送を受け入れる。

 車の運転以外は、頼まれたこと、相談を受けたことしか対応しないという方針で、全て選択や交渉は娘の邪魔はしない。おかげでカメラ片手に珍しい土地の雰囲気を感じることができる。

 風の強い土地柄のようで、近所の畑には扇風機のような古い発電機が林立している。古くからの風力発電が盛んなようだ。
e0083517_13172081.jpg


 周りは畑が多くてよく言えば牧歌的、悪くいえばど田舎。
e0083517_13195134.jpg


 茶畑の存在が静岡県であることを思い出させる。
e0083517_1318434.jpg


 運送会社が帰る頃に、ベランダから西の空を望むと夕陽がよく見える。
e0083517_13184943.jpg


 一通りの予定作業が完了して、遅い目の夜は浜松名物のウナギをいただく。これが楽しみ。
e0083517_13191079.jpg


by yellowtail5a01 | 2011-03-10 23:59 | 家族・交遊 | Comments(8)
Commented by ue at 2011-03-12 15:51 x
いよいよ娘さんも、転勤で一人暮らしですね。お父さんの、切ない気持も分ります。
鰻に付いた、肝二つが仲良く見えます(笑)。
Commented by blue at 2011-03-12 16:53 x
静岡の友達いわく、風が強いから自家発電をしているのではなく、お茶っ葉が霜でやられないようにする為に大型扇風機で風を送っているのだそうです。blueサマのコメは勉強になるでしょ?(笑)
BTW,静岡弁っていうか…「遠州弁」?って、ちょっとカワイイよね。けっこう好き♪
Commented by ミッチ at 2011-03-13 00:25 x
ueさんは二度もそんな切なさを味わってこられたんですね。まあ、いつまでも一緒に暮らせるわけではないので、26年近くも一緒におれたことを嬉しく思います。
Commented by ミッチ at 2011-03-13 00:28 x
blueちゃん、そうなんだ。そういえば風力発電機といういうより扇風機の形をしていたよ。あいかわらずblue姐のコメントは冴えてますな。遅ればせながら地震お見舞い申し上げます。
Commented by blue at 2011-03-13 02:13 x
ありがとよん♪ そういえば、mixiの日コメもありがとねん♪ 写真、また腕を上げたね!
Commented by SHIN at 2011-03-13 18:52 x
娘さんの引っ越し、それにやがて来る嫁がすこと。。。さびしいですよね。
わたしの場合、息子なので自立してくれるとすごく嬉しいです。
Commented by ミッチ at 2011-03-13 20:33 x
blue、「写真の腕」、ty!
Commented by ミッチ at 2011-03-13 20:35 x
SHINちゃん、まあ淋しいっちゃ淋しいけど、嬉しいと
思えば嬉しいことです。男でも女でも子供が自立してくれる
のはやはり嬉しいことです。