ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

久々のニューコースは思い通りに行かず

2011年4月10日(日) 晴

 SP会練習日ということで格安プランがあったので参加する。約一年ぶりのホームコースのニューコース。ベストハーフを記録しているコースなので、期待するが、惨敗。47-52の99で二桁維持が精一杯。バンカー大叩きやOBなど悪いところが沢山出た。

 慰めにもならないが、「どんな名プレーヤーもパターから崩れる。」との格言があるそうだ。三日目の遼君も4パットで崩れていた。まあ、こちらは名プレーヤーならぬ迷プレーヤーだが、確かにパターが不調になるとスコアがガタガタになり、ショットも悪くなるパターンが多い。

 帰り道、夙川沿いを通りかかると凄い人出。花も満開の様子だ。夕方の母見舞いの前に自転車で駆け足散歩で様子を見てくる。

 込み合った夙川沿いを見ていると、目立つのはカメ女の増加。一眼デジタルでしきりに桜をいろんな角度で狙っている。若い男性のカメ男はあまり見かけない。男性の場合はカメジイが多い。
e0083517_3194860.jpg


 もう一つ目立つのが小学生高学年とおぼしき女の子グループの元気なこと。同年代の男の立ち分ループは全くと言っていいほど見かけないが、一体男の子達はどこで何をしているのであろうか。この春、元気な女の子の印象が強い。
e0083517_320968.jpg



 
by yellowtail5a01 | 2011-04-10 23:59 | 自然・季節 | Comments(2)
Commented by ue at 2011-04-11 18:58 x
「スランプの種は、絶好調の時に撒かれる」と言った人もいます。
ゴルフにも当てはまる、格言ですね・・・^-^;
Commented by ミッチ at 2011-04-12 10:03 x
ueさん、一度絶好調を味わってみたいものです。こちらは、少し
上向きの兆しが見えた尻からスランプの種が撒かれている
ようです。それでも年間を通じてアベレージを切り上げて
行くことができればいいのですが。まあ、それを夢見て謙虚に
精進したいと思います。