ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

少し英国がマイブーム

2011年4月26日(火) 晴

 GW明けに予定されている講師仕事の教材編集にかかるが、なかなかピタッと来ない。締め切りまで時間があると思うと、頭が閃かないのが自分の悪い癖である。まあ、しかしジタバタしても仕方がないので、こういうときは少し気分転換。

 同窓会名簿の整理、追加連絡を済ました後は種蒔き。昭和記念公園でもらってきたナデシコ系の種と、売店で購入した金蓮花の種を撒く。一週間もすれば発芽するであろう。午後は、母の見舞いの前に映画に行くことを思いつく。前から観ようと思いつつ観そびれていた「英国王のスピーチ(King's Speech)」である。

 ストーリーはあらかじめ分かっていたのだが、さすがアカデミー賞受賞作ということで、感動が凄い。もう旬も過ぎたのでガラガラかと思いきや、平日の昼下がりというのにずいぶんなお客さん。様相通りの展開で映画が終わり、クレジットロールが続く。それでも席を立つ人はほとんどいない。余韻に浸る瞬間である。アフターヌーンティの流れで英国づいてしまったが、観てよかったと思う映画の一つになろう。

e0083517_095815.jpg ロイヤルレベルの英語、オーストラリア訛の英語と堪能できるのもこの映画の魅力の一つか。フォトは公式サイトより引用。

by yellowtail5a01 | 2011-04-26 23:59 | 娯楽 | Comments(6)
Commented by Helen at 2011-04-27 16:48 x
私も先日見てきました。やはり終わってからの余韻を楽しみました。(いつもはさっさと席を立つのですが、、、。)まだまだご健在のエリザベス女王やマーガレット王女などが、お小さい時にはこういうご家庭だったのかなと想像を膨らませることができました。
またもう一度見たら、英語のLISTENINGの勉強になるかもしれませんね。希望だけですけれど、、、。
Commented by ミッチ at 2011-04-28 00:04 x
もうすぐロイヤルウェディング。英国王室が近くなった気がしています。
では、明日、よろしくお願いします。じゃんさんと一緒にテーブルに
お邪魔します。
Commented by ひーやん at 2011-04-28 09:16 x
元々英国王室は英語がしゃべれなかったわけだから
妙な話ですねぇ
Commented by ミッチ at 2011-04-29 00:42 x
へー、それは知らなかったですね。何語を喋っていたの
でしょう。
Commented by ひーやん at 2011-05-05 17:35 x
英国王室はウイリアム1世が11世紀にノルマン地方から征服してきた
訳なので、王室はフランス語ですね。なので、Queen's Englishというのは???と思いますね。日本の皇室とは歴史の深さが違いますね・
Commented by ミッチ at 2011-05-05 19:10 x
なるほど、自分的には世界史は得意科目だったつもりですが、
英国王室はあまり出てこなかったですね。次々回TIMEを読む会
の当番が回ってきているので、オサマ・ビン・ラディンにするか
ロイヤルウェディングを選ぶか迷っていますが、後者に傾いて
きました。