ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

入院からちょうど二週間、無事退院となる

2011年8月31日(水) 晴

 とうとう八月も今日でおしまい。明日からは学校は新学期。節目の月末である。今日は、医療関係イベントがかち合う。家内の退院日であり、母の施設で医師や介護士を交えた三ヶ月に一度の面談日。時間帯もかち合ってしまったので、母関係は兄貴に任す。

 午前中は暇だったので、朝から一つは薬の入手を目的に、阪神淡路大震災以来お世話になっている近所のお医者さんに二年ぶりに訪ね、きれてしまっている睡眠導入剤とこむら返りの特効薬という漢方薬、芍薬甘草湯も処方依頼すると、老医師は「わかりました。」と簡単に処方してくれる。保険適用なので、ただ同然の出費で充分な量を確保できた。芍薬甘草湯は友人にも融通してあげられるが、注意事項もあるようなので、誰にでもというわけには行かないのかも知れない。

 その後は、飛び込みだったが、かかりつけの歯科医院に電話予約すると、今すぐでも大丈夫、とのことだったので、その足で向かう。院長の娘さんである若先生が、丁寧にスケーリングを施してくださり、コーヒーやワインで黒くなっている前歯の裏側も見違えるように白くなる。しかし、これを維持できるのはせいぜい一週間。表側は、ブラッシングである程度維持できるが、裏側はどうしてもまた黒くなってしまう。

 歯科医院の向かいにある不動産業者の建物にグリーンカーテンが作られているのを発見し、参考にさせてもらう。細い竹を30cm四方に組み上げ、それにゴーヤを茂らせている。うちのはネットを使ったので形がいまいちで、今年は失敗。例年はぜひこのパターンを参考にスッキリしたグリーンカーテンを作りたいものである。
e0083517_012368.jpg


 一応、ゴーヤの果実もしっかり育っている。
e0083517_015487.jpg


 夕方、退院手続きは順調に進み、支払を済ませナースステーションに挨拶をして家に戻る。二週間のことであったが、ある意味新鮮な感触を味わうことができた。イライラせずにマイペースでいい生活のペースを確立して、お互いに今回の入院騒動を、雨降って地固まる、としたいものである。
by yellowtail5a01 | 2011-08-31 23:59 | 家族・交遊 | Comments(4)
Commented by Dr.K at 2011-09-01 14:24 x
ミッチ!
奥様のご退院おめでとうございます。
これからも色々あると思いますが、
それが人生です。
私も高三の時に、これで人生終わりかという経験をさせていただいたお陰で今日があると感謝しています。
あれがなければ、今はありません。
早いか遅いかということです。
Commented by pico at 2011-09-02 10:08 x
奥様 退院おめでとうございます。
日常が帰ってきましたね。
ほっとされたことでしょう。
この緑のカーテン見事ですね。私も今年はゴーヤ栽培
楽しみました。
Commented by ミッチ at 2011-09-02 22:36 x
Dr.K、ありがとうございます。めでたくもあり、めでたくもなく
というところでしょうか。一人暮らしは気ままでいいですね。
そんな実感をした二週間でした。
Commented by ミッチ at 2011-09-02 22:38 x
picoさん、どうもです。経済的にはほっといたしました。何せ
一日あたり1.5万円の出費でした。保険で半分くらいは戻って
きそうですが。

来年のゴーヤはもっとがんばりたいと思います。