ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

欧米の経済危機の行方は???

2011年9月10日(土) 晴

 昨夜は遅くまで三宮の夜を久しぶりに満喫したので、予習は諦め、今朝早朝に起きて予習に取りかかる。テーマは金融・財政問題で不得意ジャンルである。EUの危機、オバマアメリカの危機、そして90年のバブル崩壊以降の日本の危機が対比されている。

 「エコノミスト」の著者はイギリス人で、かなりの偏見も感じるが、日本の政治的機能不全、バブル崩壊後の政策的エラーをいくつも指摘されると悔しいけれど、否定はできない。 外国からみるとこの失われた20年の日本の政治体制は、全くナンセンスなものなのであろう。

 結局はそのような政治体制を産み出してきた我々有権者が馬鹿なのか、あるいは日本の仕組みそのものの問題なのか、考えると頭が重くなる。

 四時間の英語漬けから解放され、気の置けない仲間との二次会ビールが今日の幸せに違いない。これだけは実感できる。
by yellowtail5a01 | 2011-09-10 23:59 | 外国語・教養 | Comments(2)
Commented by Dr.K at 2011-09-11 08:01 x
ミッチ!
本当に日本の政治は情けないですネ!
でも情けない状態を歓んでいる人々が世界には沢山おられるということではないでしょうか?
内戦がないだけマシと思うしかないでしょう!
Commented by ミッチ at 2011-09-13 00:02 x
Dr.K、なんとかならんもんでしょうかね。といってわが母校から
政治家を目指す奴は聞いたことがないですね。