ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

余韻のイタリアフェア

2011年9月30日(金) 曇ときどき雨

 九月最終日は天気予報通りのぐずついた天気となる。いろいろやりたいこともあるが、なかなか捗らない。仕事関係の電話打ち合わせをしたり、ゴルフの予約調整をしたり、伝助という複数人数の予定の一覧表のメンテを行ったりしていると昼になる。

 少し大きい本屋に行ってWindows7とOffice2010の解説本を入手しておかないと落ち着かない。昨日、電車が遅れてゆっくり覗けなかった梅田阪神百貨店のイタリアフェアにも後ろ髪を引かれたし、「神様のカルテ」も見ておきたい気がして、午後に出掛ける。

 梅田と西宮北口で全て用事は片づく。イタリアフェアでは触手を伸ばしたくなる食材や工芸品が沢山あるが、そこは自重して生パスタとアンチョビ入りオリーブに留める。ワイン売場があったので、昨夜飲んだワインを再度確認しておこうと輸入代理店のメモスのコーナーで試飲する。キャンティクラシコ、バローロを先に試飲して、昨日美味しかったパッスムというワインを試飲するとやはり際だって美味しい。

 価格が5000円を少し切っていたので、、衝動買いをする。さて、このワインの栓を開けるのはいつどのようなシチュエーションとなるのか。気合いの入ったワインのいいところは、そのような想像力を掻き立ててくれるところであろう。
e0083517_4111310.jpg


 映画の時刻に間に合うように西宮北口に引き返し、滑り込みで「神様のカルテ」に間に合う。音楽先行で気になっていた映画だ。安曇野が舞台で「おひさま」と被るところもある。あまり抑揚のないストーリーで、配役もそこそこ、メリハリもあまりなくて傑作とは言い難い。

 期待の伸君の音楽もなかなか出てこなかったが、後半のクライマックスで登場。これは一級レベル。まあ、観ておいてよかったかな、というのが最終的評価となった。
by yellowtail5a01 | 2011-09-30 23:59 | ひとりごと | Comments(6)
Commented by SHIN at 2011-10-01 11:27 x
わたしは貧乏なので、Bistro(メルシャン)という、700mlで298円のワインを常用しています^^;

元々は料理用に安価な辛口ワインを買ったのですが、飲んでみると意外に悪くない。。。

まあ、ミッチさんとは別世界ですが^^;
Commented by ミッチ at 2011-10-01 13:53 x
SHINちゃん、うちも普段は12本10500円のが多いです。
姪っ子夫婦がワイン等なので時々おすすめワインを送って
来てくれます。それは大概とてもおいしい。(笑)
Commented by ue at 2011-10-01 15:36 x
ワインの味の良しあしだけは、いまだにわかりません。
ただし、シャブリと言う種類は口に合います。
Commented by ミッチ at 2011-10-02 01:21 x
ueさん、ワインの名前がややこしいのはフランス語や
イタリア語ということもありますが、葡萄の品種と産地の
名前が混在することです。さらに一級畑とかワイナリーの
名前もあるので、わからないことが多いです。

シャブリというのは地名で、その地方のシャルドネ種の
葡萄は絶品で、スッキリ系の辛口白ワインの代名詞
です。
シェル付き生ガキと一緒に飲むのが最高です。梅田に
オイスターバーがあるので牡蠣の季節になったら是非
行きましょう。
Commented by SHIN at 2011-10-02 01:33 x
わたしもお客さん用で白ならシャブリにします。
一番安心なので。
赤ワインは普段用でないなら、一番仕込み年が古いのを選びます。
成城石井が最も安心ですね。
全てのワインをスタッフが試飲し、コメントを書いていますから。
Commented by ミッチ at 2011-10-03 02:37 x
SHINちゃん、成城石井は安くはないですがワインと
ウィスキーが充実していいいですね。夙川駅で梅田
行きの電車を待つときには、いつも店内ウォッチング
です。