ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

ラッキーなことに時代祭に遭遇

2011年10月23日(日) 曇

 小学校同窓会シリーズの秋のイベント、京都でのミニ同窓会の日である。脳の疾患で左半身が不自由になったクラスメイトを訪ねて、同クラス卒業生主体に9人が京都に集い、本番同窓会に参加できなかったクラスメイトを囲んでのミニ同窓会ランチとなる。

 呼びかけに対して東京から、名古屋から、またクラスメイトが予定を変更して参加してくれるのが嬉しい。特にご本人とは面識がなかったのに、同じ京都在住ということで、会場手配からクルマを出しての送迎、プレゼントのお花の準備と何から何まで段取りよく手配してくれたTさんには頭が上がらない。

 同窓会の世話役会で50年ぶりに再会するまで、Tさんの存在は記憶から消えかかっていたのだが、何回か顔を合わすうちに旧来の同志のような心強い友人となる。これもかけがえのない同窓会効果である。

 御所西の会場レストランに12時前に行くと、本来は昨日の予定だった時代祭が雨天順延でちょうど出発するところ。烏丸通の御池ー丸太町の沿道は見物客の人垣ができている。久しぶりの京都、懐かしいクラスメイツ、それに時代祭のおまけが付いてくるとは、何とラッキーな秋の京都。CX5もフル回転となる。

 少し早く着きそうだったので烏丸からぶらぶら歩く。京都の銭湯の紹介をテレビで見たことがあるが、その中の一つであろう。歴史を感じさせる錦湯。一度入ってみたい。
e0083517_23229.jpg


 高倉通にある変わったモチーフ提供の建物。嫌でも目につく。
e0083517_233220.jpg


 ランチ宴会のお料理は3000円弱だが、見た目もお味もなかなか満足の行くもの。十分お腹なになる。アルコール代が嵩むのが玉に瑕か。
e0083517_234990.jpg


 12時スタートのランチ宴会も2時にはお開きとなり、有志で時代祭見学に行く。怪しい空模様ではあるが御所を出た時代祭の行列は御池通を東進。小雨が時折ぱらつく沿道も結構な賑わい。
e0083517_242343.jpg


 小雨を避けて地下に下り地下鉄を二駅乗り平安神宮を目指す。少し前の方に追いつき、平安婦人の行列をキャッチ。
e0083517_2185881.jpg


 小野小町や紫式部などわかる人物はわかるが、巴御前ってだれだっけと相談するが、誰もわからない。日本史の勉強不足を痛感する。
e0083517_219275.jpg


 やがて平安神宮に辿り着き、われわれもここで時代祭とお別れ。
e0083517_2194952.jpg


 平安会館で残った三人でコーヒーしたあと地下鉄東山三条に戻る。途中、見つけた川。町中にこんな川が流れているとは知らなかった。あとで調べるとこれは白川の少し上の流れだった。
e0083517_220981.jpg


 歩いても大した距離ではないのだが、地下鉄に乗り烏丸へ。奈良に帰る友はそのまま近鉄に乗るとのことなので、阪急組で残ったHさんと烏丸から河原町まで錦市場の中を歩いて向かう。高倉通から入った途端に牡蠣のお店に遭遇。殻付き牡蠣を炭火で炙る匂いをかがされては、これは素通りしがたい。
e0083517_2203071.jpg


 生牡蠣は売り切れだったが、焼き牡蠣も半生で、白ワインがよく似合う。なかなかいい京都のエンディングであった。
e0083517_2204860.jpg


by yellowtail5a01 | 2011-10-23 23:59 | 友人・交遊 | Comments(18)
Commented by fundmoneyjan at 2011-10-24 03:21
小学校の同窓会ですか?うらやましいですね(笑)。

私などは本山小学校ですが音信不通でそんな開催聞いたことが無いです。

本山の辺りは貧困そうが多くてそんな余裕は無いのかなあ。

若者達へ、金もって無いと惨めな老後になりますよ。
Commented by ミッチ at 2011-10-24 04:32 x
じゃんさん、ブログ復帰おめでとうございます。また、
ライブでもよろしくお願いします。

本山小学校といえば名門じゃないですか。阪神間の
有名私学に進学したクラスメイツも多いと思います。
じゃんさんが本気で同窓会開催を希望されるのなら
お手伝いしますよ。我々も2年前は二人からスタート
しました。
Commented by SHIN at 2011-10-24 06:06 x
ミッチさんは京都で和服美人を撮影でしたか。。。
わたしは明石で洋風美人を撮ってました^^;

じゃんさん、そうそう、お金の計画していないと、わたしのように無料イベントしかいけなくなりますよ!^^;
Commented by ue at 2011-10-24 07:43 x
みっちさん、ラッキーなー京都での同窓会でしたね。錦市場の焼き牡蠣なんて、とても贅沢な寄り道(僕なんか、いつも指をくわえて見てるだけ)。
会場のガーデンパレスって、京都の穴場中の穴場ではないですか^-^
時代祭りに、京都とは縁のない巴御前がなぜ登場するのか不思議です(笑)
Commented by ひーやん at 2011-10-24 14:40 x
高瀬川ですね。
北側の島津記念館から南へ下る木屋町界隈は
良く行く昼と夜の食事スポットですねぇ。
あの辺りは歴史スポットで、幕末関係の高札が日に日に
増えてきました。先日も除幕式に遭遇しました。
次は、歴史探訪もいいですよ
ところで、牡蛎屋って錦市場のだいやす?
Commented by ミッチ at 2011-10-24 22:25 x
SHINちゃん、和服美人といっても平安時代のコスチューム
なんで、和服というのかなぁ。
Commented by ミッチ at 2011-10-24 22:29 x
ueさん、本当にラッキーでした。京都在住の同窓生が
いてくれたので、レストランの予約からプレゼントの
お花の手配、足の悪いメインゲストの送迎までやって
いただきました。持つべきものは友達だなぁ、とマジ
思いました。

その牡蠣、とても庶民的ですよ。焼き牡蠣が1個200円、
グラスワインが300円。5年ほど前にオープンした時は
焼き牡蠣150円、生ガキ120円だったそうです。
Commented by ミッチ at 2011-10-24 22:34 x
ひーやんさん、高瀬川は鴨川の西でしょ。この川は三条東山
よりも東だったので別の川と思います。

牡蠣屋は、ピンポーン!錦市場の西の端、だいやすです。
さすがなんでもよくご存じで。
Commented by pico at 2011-10-24 22:54 x
京都の銭湯、なつかしいです。新婚時代を思い出します。
まだ営業しているんですね。
じつに濃縮した一日を過ごされましたね。
Commented by ひーやん at 2011-10-24 23:41 x
そうか疎水の白川分流ですね。
東山から河原町へのデートコースにはぴったりです。
北祇園のお座敷フレンチに昔行ったことがありますね。
隠れ家的お店が多いので良いとこですが、男連中で
騒ぐには不向きです・・・

Commented by ue at 2011-10-24 23:42 x
(京都の人の談話)
みっちさんの写された川は、白川そのものです。
さて、この川の流れは上、下どっち?(笑)
Commented by ミッチ at 2011-10-25 09:13 x
picoさんが銭湯通いしていたとはイメージが結び
つかないですが、そんな時代もあったのですね。
テレビで紹介していたけど、京都の古いお風呂屋
さんが今ブームらしいです。
Commented by ミッチ at 2011-10-25 09:21 x
なるほど、今はいいパパのイメージのひーやんさんも
昔は隠れ家的お店を愛用されていたんですな。

ところで、「いい双子のパパ」って知っています?雑学に
なりますが、大正・昭和・平成から西暦に変換するときに
便利な数字です。すなわち、大正には+11、昭和には
+25、平成には+88で西暦になります。
数字です。
Commented by ミッチ at 2011-10-25 09:23 x
ueさん、白川ですか。辰巳橋の下を流れている白川ですね。
この流れは北から南に勢いよく流れていました。源流は
どの辺りなんでしょうね。
Commented by ue at 2011-10-25 15:53 x
みっちさん、流れの方向は正解です^-^!京都は南北がはっきりしていますから、南の逆光で撮られたんですね。
白川の源流ですか?・・・大津の山辺りでしょうか?疏水、平安神宮、祇園、そして鴨川へ。
Commented by ひーやん at 2011-10-26 12:59 x
112588は知りませんでした。

ところで、疎水の源流は、琵琶湖ですよ。
蹴上に日本で最初の発電所があります。
Commented by ミッチ at 2011-10-27 08:19 x
ueさん、逆光にみえましたか。これは南から北向きに順光で
撮ったのですが、お天気が悪くて北の空の方が明るかったので
紛らわしい光となりました。(笑)
Commented by ミッチ at 2011-10-27 08:37 x
ひーやんさん、疏水は琵琶湖から引いているというのは聞いた
ことがありますが、琵琶湖水面、府県境、蹴上の標高差を考える
と何とも不思議な疏水ですね。調べたところ大津と蹴上の標高差
は、わずか4メートル。田辺朔郎という若い技師が綿密な計画の
もとに明治23年に完成したとのことです。トンネルを多用して
水を引いてきたんですね。勉強になりました。