ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

この秋最初の神戸森林植物園

2011年10月27日(木) 快晴

 天気予報では雲一つない秋晴れ。紅葉には早過ぎるが、フウやユリノキが繁るシアトルの森辺りは、モミジの頃では例年遅すぎる。気になることがあるときは即行動。朝から県道16号(六甲山縦走道路)を「ろくべえ号」にて向かう。信号もほとんどなく40分ほどで到着。

 まだ紅葉シーズンではないのに、人出はそこそこある。団体は小学校や幼稚園だけだが、あとはシニアカップル若しくはシニア単独の人が多い。この植物園には、好きなスポットがいくつもあるが、会館前の高木群もその一つである。メタセコイア、セコイアメスギ、ラクウショウの針葉樹。カツラの広葉樹がそびえ立っている。
e0083517_0274695.jpg


 取り急ぎ今日の目的であるシアトルの森に向かう。少し早かったようだが、かなり色づいている。
e0083517_030016.jpg


 しかし、近くで見ると紅葉前に落葉した葉も多く傷んでいる葉が多い。台風のせいであろう。
e0083517_0305753.jpg


 ユリノキも黄葉始めだが今年は黄葉の前に傷んでいる葉が多い。
e0083517_0311958.jpg


 天津地区に行くとナンキンハゼ。こちらはかなりいい感じで紅葉しつつある。
e0083517_0314038.jpg


 オーストラリア地区をかすめて下り坂の途中は、思い出も多いススキの名所。やはり晴れた日のススキは撮りごたえがある。
e0083517_0323916.jpg


 イメージしていた若い穂の逆光写真も撮れる。
e0083517_0331669.jpg


 光がいいとなにげないものもオブジェに見えてくる。
e0083517_0334049.jpg


 長谷池周辺のカエデはもちろんまだまだだが、中には気の早い木もあるようで、彩りを添えている。
e0083517_0345162.jpg


 ウリハダカエデもまだまだ緑葉。
e0083517_0351652.jpg


 一番好きなハウチワカエデもまだまだ。でもこれはイロハモミジよりも早いので次回出遅れないようにしないといけない。
e0083517_0353676.jpg


 芝生広場では幼稚園か保育園の園児のはなやいだ声。この季節の午前中の風物詩。
e0083517_0361141.jpg


 帰りも六甲縦走ルートをとる。山頂付近から大阪湾を見下ろすと晴れた空の下、一望に見渡せる。
e0083517_036476.jpg


by yellowtail5a01 | 2011-10-27 23:59 | 自然・季節 | Comments(2)
Commented by pico at 2011-10-28 23:08 x
神戸森林植物園は六甲山にあるのですか?
やはり、秋も少し早目にきていますね。ナンキンハゼ、
綺麗ですね。最後の六甲山からの眺めもいいですね。
Commented by ミッチ at 2011-10-29 17:49 x
はい、picoさん、盤滝トンネル手前の信号を左折すると
六甲を縦走して一本道です。カーブは多いですが、信号
は一つだけなので1時間とかかりません。これからが
紅葉の本番です。一度はぜひ覗いてください。