ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

即断即決

2005年10月27日(木)晴 光
 ステージアの車検が近づいているという電話連絡が日産プリンスからあったよとのことなので、10年来世話になっているセールスのN村氏に相談することにする。今のステージアがもう9年になったので、このまま乗るのがいいのか、乗り換えるとしたらいいクルマはないかというのが相談主旨である。

 方針ははっきりしていて、失業中という身の丈に合わせてコンパクトカーがいいということ。日産であればキューブがいいかなと思って、カタログを見せてもらう。問題は車高である。駐車場の天井の出っ張りがあり、160cmを越えるときつい感じだ。カタログ値では164cmとある。それとミッションが二通りあり、一つは通常のオートマ、もう一つは無段変速のCVTタイプというやつ。燃費的にはCVTがいいらしい。NOTEという別車種でCVTの試乗車があったので少し借りて家に戻る。

 CVTそのものは違和感全然なく、きつい勾配でも不満はない。ところが、家に帰って車庫の高さを実測すると162cmが限界であることがわかった。この時点でキューブは諦める。それとキューブのトランクは意外と小さくゴルフバッグが収まらない。で、ノートはというとこれも小さいが、何とか収まる。ノートのライバル車としては、ヴィッツやフィットが考えられるが、カタログ比
較して何度も試乗して、価格交渉を繰り返すのも面倒だ。念のためインターネットでノートの評判を調べると、あるランキングでは第2位についていた。「足回りだけはオプションのユーロサスを選ぶべきだ」、という書き込みがあったのであっさり信じて、初めから装着されているRXというスポーティタイプにすることでノートに決定。過去最短の購買決定である。ナビは純正メーカーオプションはやめ、StradaのHDDタイプ後付にする。クルマ価格に比べてナビが不釣り合いに高い感じだが、乗せ換えも出来ると言うことなのでここは一点豪華主義で奮発しておこう。

 慌てて市役所に印鑑証明を取りに行ったりした後、神戸元町に行き、ヤマハの大人のピアノ教室の体験レッスン。先生はおばさんだけどジャズピアノから入るのがいいということを聞いて安堵する。で早速コードの話やリズムボックスを鳴らしての練習。いきなり楽譜を渡される。簡単なものだが初見で両手を使えといわれてもできっこない。しかし、ゆっくり右左別々にやってみるとなかなかおもしろそうである。これも即決。11月の第二週からレッスンを受けることにする。

 慌ててJRに飛び乗り、大阪に向かう。7時の待ち合わせにちょっと遅れそう。なんとかお店に着くと一番乗りだったが、やがて全員顔を揃える。しばらくぶりの宴会であったが、お料理もお酒も大変おいしいお店であった。頼もしい若手(?)の皆さんと夜遅くまで馬鹿騒ぎをして、おまけに花束までもらい、本当に幸せである。幹事役のKさん初め皆様、本当にありがとうございました。
e0083517_1155767.jpg

by yellowtail5a01 | 2005-10-28 11:00 | Comments(0)