ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

ピアノリサイタルと御所見学

2011年11月3日(木) 曇

 英語勉強会仲間のピアニストの方の久しぶりのリサイタルが嵐山の少し手前の上桂で昼下がりにある。少し早い目に行って西方時でも観てこようかと思っていたが、京都の友人情報でちょうど今週は御所の一般公開中とのこと。迷わずそちらにする。
 折からやってきた阪急電車は臨時特急嵐山行き。本来なら十三と桂で二度乗り替えなければならないが、これなら座ったままで行ける。
e0083517_551056.jpg


 十三では一旦神戸線のホームに入り、そこから梅田よりの引き込み線にて待機し、他の電車が出発した間隙を縫って京都線のホームに入り京都方面に向かう。永年愛用している阪急電車だが、これは初めて。珍しいので先頭まで行って様子をレンズに収める。ちょっと旅情感の湧く瞬間である。
e0083517_5514012.jpg


 二週間振りの御所界隈となるが、御所の敷地に踏み入れるのも初体験。大勢の見学者で賑わっている。外人も多い。あらためて日本は平和だと実感する。今は。
e0083517_552143.jpg


 それぞれの建物や門の名前は覚えきれないが、朱塗りと白壁が鮮やかな新しい建物と歴史を感じさせる古い建物の対比が印象的である。
e0083517_5522045.jpg


 さすがに手入れはよく行き届いている。
e0083517_553594.jpg


 団体客、個人客、アジア系、欧米系、老若男女取り混ぜた見物客だが、地元の人は殆どいないのであろう。、
e0083517_5532169.jpg

 小一時間の駆け足見学だった。順路を歩いていると同じ顔ぶれの人々と前後し、これも他生の縁か。
e0083517_5533986.jpg


 ちょうど昼ご飯時となり、友人と落ち合い近所のお店に連れて行ってもらう。芦屋小雁氏の経営するこじんまりとしたお店でアットホームにくつろげる。帰り際に小雁氏本人も現れ、会釈をする。ウェルかめでのじいさん役以来だ。
e0083517_5535561.jpg



 今出川から地下鉄、阪急と乗り継いで上桂に向かうとちょうどいい時刻。いい席でリサイタルを鑑賞することができた。フォーレの舟歌、ノクターンが第一部。第二部はシューベルトのソナタ。後半がやはりわかりやすい感じがしたのは、応援に駆けつけた英語仲間の共通した感想だったようだ。
e0083517_5543334.jpg


by yellowtail5a01 | 2011-11-03 23:59 | 音楽 | Comments(2)
Commented by ひーやん at 2011-11-04 09:21 x
京都へ阪急電車(特急)で御所見学をして
〆がピアノとは雅ですねぇ・・
ちなみに御所内は撮影禁止では??
Commented by ミッチ at 2011-11-04 17:18 x
ひーやんさん、京都は京都でやはり雅でいいものですね。
御所内は外人も多くてカメラは全然OK。入門時には鞄の
中身チェックはしっかりありましたが、何をチェックして
いるのでしょう。ライターとか火薬?屏風絵等の文化財も
わざわざ写真を撮りやすいように展示されていました。