ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

とうとう先方ご両親と会う

2011年12月4日(日) 晴

 娘のボーイフレンドに家に来てもらったのがほんの先月だったが、両親同士の対面の機会がやってきた。こちらからで向いての挨拶となったが、気さくなご両親で親戚としてお付き合いして行けそうな肌合いを感じてやれやれ。

 娘のことを気に入ってくれて可愛がってもらっているのはありがたいが、そちらに行ってしまうのかと思うと淋しいような悲しいような、世の父親が思う情感というものが沸々とこみ上げてくるような感触。高校同窓生の中には、結納の時に号泣したという輩もいたようだが、自分は号泣はしないと思う。涙腺は加齢とともに緩みがちなので、涙がホロリと出ることはあるかも知れない。
by yellowtail5a01 | 2011-12-04 23:59 | 家族・交遊 | Comments(12)
Commented by はるる at 2011-12-07 00:51 x
ミッチさん おめでとうございます。
嬉しさと淋しさと・・・ありふれた言葉ですが、そのままのお気持ちでいらっしゃることでしょう。

40年近く前、新婚旅行に発つわたしを見送りに来てくれていた友人に、
飛行機が飛び立ち 小さくなるまで見ていた父が
「あっちゃん(友人の名前)、感無量や な」
と言ったということを、父が亡くなってから聞きました。
涙がでました。

父親の気持ちが、お嬢さんに「悲しいくらいの幸せ」として伝わっていますよ。
Commented by SHIN at 2011-12-07 06:19 x
ミッチさん おめでとうございます!!

娘さんとは撮影会やジャズライブでお会いしましたが、芯があって、ちょっと恥ずかしがりやで、かわいいお譲さんでしたね。

嫁に行くとさびしくなりますが、うちの家内もそうですが、何か理由を付けては家に帰ってきますから男の子ほど疎遠ではないですよ♪
Commented by ひーやん at 2011-12-07 10:16 x
おめでとうございます。
暗い話題が多かった今年の締めくくりには
おめでたいことですね。
拙の方は、娘との関係が ↓ になつた1年でした。
Commented by blue at 2011-12-07 13:04 x
blueチャンはお嫁に行かないで、頑張ってるわ(笑)
Commented by ジュンコロリン at 2011-12-07 23:27 x
うわー。おめでとうございます!
ブログを読んでいて娘さんへの愛情がすごくわかってホノボノしてました。
その娘さんがお嫁に・・・お父様として感動でしょうね。さみしいか。。。
また東京にお越しの際は是非お声がけくださいね。
Commented by 号泣男 at 2011-12-08 09:19 x
ミッチ!
一言弁明をさせてください。
加齢で涙腺が緩んだのではなく、
若い頃から結婚式に出席すると、娘のことを思い涙が出ておりました。
他人の結婚式ですら涙が出るのですから、自分の娘ならなおさらです。
1/21がバスタオルがいりそうです。
Commented by ミッチ at 2011-12-08 19:07 x
はるるさん、ありがとうございます。感無量か、わかるような
気がします。嫁ぐまでの残された娘との時間を大切にしたいもの
です。
Commented by ミッチ at 2011-12-08 19:11 x
SHINちゃん、いいことを聞きました。何かにつけて実家に帰って
来てくれればいいのですが。こればかりは蓋を開けてみないと
わかりません。自分にはイクジイになる覚悟はいつでもあるので
こちらから押しかけそうな予感もあります。(笑)いつできるか
はわからないけど。
Commented by ミッチ at 2011-12-08 19:14 x
ひーやんさん、ありがとうございます。父親と娘の関係、特に
娘が一人の場合は、格別みたいですね。うちの場合も小4までは
べたべた、そこから少しづつ距離ができて(一緒にお風呂に入って
くれなくなった)、その後高校から大学進学の頃にまたいい関係を
取り戻すことができ、今日に至っています。しばらくは我慢ですな。
Commented by ミッチ at 2011-12-08 19:16 x
blueちゃんは親孝行だわ!お父さん喜んでいると思う。複雑かも
知れないけど。
Commented by ミッチ at 2011-12-08 19:20 x
ジュンコロリンさん、ありがとうございます。娘への愛情というのは
確かに独特なものですね。まあ、娘のファーストキッスを奪った責任
もあることだし。息子君、大分大きくなられてますます可愛い盛りで
しょうね。
Commented by ミッチ at 2011-12-08 19:22 x
なーんだ、号泣同窓生はK君だったのですか。日頃のイメージからは
想像できなかったです。そういう私もいざとなるとぐちゃぐちゃに
なるかも知れません。