ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

落ち着いた孝行日を取り戻す

2012年1月15日(日) 曇 5559歩 休肝日

 このところ少しテンパリ気味の日が続いたが、昨日のイベントを終え、一日ゆっくり家で過ごす。朝方は、義母が背中が痛むとのことで、さすったり、さするのを家内に交替してもらって朝食当番になったり。義母と一緒に暮らすようになって約一ヶ月が過ぎたが、いいことは家内がずいぶん責任感を感じて動いてくれるようになったことだ。

 台所も半々くらいでよくやってくれる。体調はそれほど変わっていないはずだが、やはり責任感とか気分というものが行動の変化に現れているものと思うと、いいことだと思う。

 昼下がりには、実母の施設を訪ねる。こちらは週二回ペースくらいになっているが、このところはクルマも自転車も使わず歩いていくことにしている。クルマは暖かくて快適だが、駐車場にあぶれるとどうしようもない。自転車なら駐輪の心配はないし小回りも利くが、この時期寒さが身に浸みる。

 その点徒歩は、少し歩くと暖かくなってくるし、音楽も聴けるし、写真もいつでも撮り放題だし、もちろん万歩計にも貢献するので、時間が少しかかることを除けば最適である。

市役所近くの高層マンションはモダンの象徴
e0083517_0223151.jpg

そのすぐ横のお寺のクスノキは保護樹木。600年はここに生き続けている。
e0083517_0224855.jpg

 持っていったプリンやコーヒーゼリーを一緒に食べたり、家族や親戚の写真アルバムを見ながらやりとりしていると、そのときは記憶が戻ってくるようである。体調はいいようで笑顔も戻ってくる。

 なんとなく親孝行できたかなと思うと少し心が満たされた気分。夜は先週見られなかった平清盛だが、第2回を観る前に初回を観ておこうと、気合いを入れて観る。タイトルバックのススキ野原は去年3回行った砥峰高原である。エンディングのゆかりの地紹介は厳島神社。これは12月に行ったところで、今回はのっけから親近感を感じる。続いて第二回も観るが、一年を通して熱中できるかどうかはまだわからない。
by yellowtail5a01 | 2012-01-15 23:59 | 家族・交遊 | Comments(2)
Commented by fundmoneyjan at 2012-01-16 01:48
ミッチさんの行動的な生活には尊敬を越えてしまいます。
私などは老人ホームに毎日行っても時計ばかり見て世話などはいたしません。見習わなければなりませんね。
Commented by ミッチ at 2012-01-16 07:27 x
なにをおっしゃりますやら。じゃんさんの毎日というのは
なかなかできるものではありません。お互い頑張りましょう。