ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

四度目の引っ越し手伝い

2012年3月19日(月) 晴 9843歩

 忘れもしない3月10日に娘が浜松に引っ越し、その翌日東名での帰り道に東日本大震災を経験して、約一年。その後も7月に西明石へ、9月に三木へ。そして、一年ぶりに西宮に戻って来るというので、引っ越しの手伝いに早朝から三木に向かう。

 運び出しは、引っ越し業者が手際よくやってくれるのでたいして手伝うこともない。シーリングライトの取り外しや、カーテンを外してきれいに畳むことくらいで終わる。部屋にいても業者の邪魔になるので、向かいの植木屋さんに散歩。手入れをしている親父さんと店から出てきた娘さんとおぼしきおばさんと梅談義。「今年はいつもより1ヶ月は遅いね」とのプロの言葉。ちょうど満開になりかけた模様である。

 売り物の大きな木は紅梅がほぼ満開。
e0083517_141238.jpg

 近くで見てもちょうどいい頃あいだ。
e0083517_142631.jpg

 ようやく片づいたようなので、部屋に戻るとそこは九月に越してきたときと同様のガランとした空間。半年間のここでの暮らしはどんなだったのだろうか。ちょっと哀愁を感じる。帰りに向かいの植木屋さんで枝垂れ紅梅の鉢を購入する。三木最後の日の記念になればいい。
e0083517_143986.jpg


 会社の書類の返却やリサイクル用の不要衣料をお店に届け、一路高速を西宮に。1時過ぎには到着。トラックが着くまでの一時間で荷物受入スペースを確保するべく、二人で汗だくの悪戦苦闘。なんとか片づき、荷物を受け入れる。受入の方は置く場所の判断を伴うので、スイスイとは行かない。結局二人で重い荷物を狭い階段を降ろすもの、上げるもの。半袖Tシャツ一枚でも汗が噴き出す。

 でも、つくづく思うが、この一年で娘はずいぶん逞しく、しっかりしてきたと思う。こちらが歳を取ったせいもあるのだろうけど、いろんな土地での一人暮らしが成長を促したのに違いない。嫁ぐまでのしばらくの間であるが、一緒に暮らせる時間を大切にしたいと思う。
by yellowtail5a01 | 2012-03-19 23:59 | 家族・交遊 | Comments(10)
Commented by Helen at 2012-03-20 10:21 x
今年はやっと梅が美しくなってきましたね。しばしのお嬢様とのご一緒の生活、お楽しみですね。我が家は今月から娘が一人暮らしですが、娘がしっかりとすることを期待することにします。
Commented by ue at 2012-03-20 17:29 x
娘というもの、出てゆけば心配だし、帰ってくれば日々気になるし・・・、みっちさん、Helenさん大変ですね^-^)
Commented by SHIN at 2012-03-20 20:18 x
一年に4回も引っ越し。。。大変ですねえ。
Commented by pico at 2012-03-20 22:10 x
Helenさん、ミッチさん、娘がおばさんと呼ばれる年齢になると
また付き合い方も変わり、心穏やかに いい付き合いができる
ようですよ。
Commented by ミッチ at 2012-03-20 23:36 x
Helenさん、そちらのお嬢様は以前からしっかりしておられるので、
ご心配はないでしょう。お母様以上にしっかりされると、それはそれで
大変だと思います。
Commented by ミッチ at 2012-03-20 23:37 x
ueさん、なるほど、大先輩のお言葉、念頭に置いて接したいと思います。
Commented by ミッチ at 2012-03-20 23:38 x
はい、SHINちゃん、いじめに遭っているのかと思った時もあります。
Commented by ミッチ at 2012-03-20 23:39 x
picoさん、おばさんっていくつくらいからになるんでしょうか。子供が
小学校に上がればおばさんかな。
Commented by fundmoneyじゃん at 2012-03-23 02:43 x
一年に4度とはエリートコースまっしぐらですね。私も引っ越しを考えていますが、安物の引っ越し業者を使うので自分の腰痛が悪化しそうです(笑)。
Commented by ミッチ at 2012-03-23 10:45 x
じゃんさん、エリートコースではないですね。エリートコースの人達は
シンガポール、上海、ニューヨークと転々としているんじゃないでしょう
か。
残念ながらうちのはどさ回りとしか思えません。(笑) まあ、もう過去の
話になりつつありますが。