ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

地元の桜祭り 夙川 vs 芦屋

2012年4月7日(土) 薄曇り 8981歩

 午前中から予定が詰まっていたが、そちらが流れたために段取りが狂う。恒例の桜祭りの日なので、英語会のお花見会に行きたいところであったが、家庭都合を優先したはずだったのだが・・・まあ、昼から母の見舞いも兼ねてブラリと散歩でもしようかと思っていたところに、夕方の芦屋花見のお誘いがかかったので、二つ返事で参加。

 急いで母の見舞いに行く途中に夙川の様子をみて、芦屋に向かう。留学生の就職斡旋を第二の人生での生業にしておられるK氏が、中国からの留学生を花見に連れて行くので、一緒にどう?というお誘いであった。年かさのSさんは娘と同じくらいの年格好で日本語も達者。もう一人のKさんは、まだ日本に来て半年とのことで、おとなしい。

夙川の桜祭りのイベントは公民館主体で、屋外イベントは見かけない。去年までは、屋外は専らテキ屋の賑わいであった。今年はその賑わいが姿を消し、やや淋しい感は否めない。
e0083517_1181718.jpg

夙川の桜の木、花自体は素晴らしいと思う。さすがに日本桜名所百選に選ばれているだけある。
e0083517_1225860.jpg

一方の芦屋の桜祭りは市民センター前の右岸スペースに設けられた舞台を正面に、左岸沿いに観客席酔うのテーブル席が河川敷とその上の道路沿いに沢山も受けられ、道路沿いの模擬店でビール、ワイン、お酒や肴になるものが売られ、野外ライブハウスの様相だ。
e0083517_1183798.jpg

フラダンス有り、シニアバンドによるベンチャーズメドレー有り、若手グループによる楽しいアカペラ風音楽ありーの楽しい空間を提供している。
e0083517_1241619.jpg

音楽があって、ワインがあって、一緒に過ごす仲間がいるというのが芦屋のいいところ。軍配は今年も芦屋に上がる。西宮市民としてはちょっと悔しいけど。
e0083517_1243745.jpg

留学生の彼女達は、就活に備えて企業OBから生の情報収集に熱心。こちらは年に一度のお花見を楽しく過ごせるという点で利害が一致しているようだ。
e0083517_23557.jpg

by yellowtail5a01 | 2012-04-07 23:59 | 自然・季節 | Comments(2)
Commented by SHIN at 2012-04-09 22:48 x
芦屋は来週、静まり返ったところの花いかだを狙う予定です。
Commented by ミッチ at 2012-04-10 08:47 x
SHINちゃん、花筏も魅力ですね。芦屋川でいいポイントが
あれば教えてください。夙川では苦楽園と夙川駅の間辺り
になりそうです。