ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

英語会のお花見会席と勉強

2012年4月14日(土) 雨のち晴 7531歩

 TIMEを読む会の例会日だが、毎年この時期はお花見会を兼ねている。もっとも、以前は芦屋川の河川敷にブルータープを敷き詰めて、酒やお茶を持ち込み、お弁当をいただくというのが恒例だったのだが、いつの頃からか、花より団子の方針で、教室で花見弁当をいただくということになって久しい。

 会費からの費用補填もあり、500円で1500円相当のお弁当をいただけるというありがたい会である。約1時間はお弁当とダベリングタイムとなる。21人の出席は過去最多かも知れない。

 残りの3時間は、お勉強タイム。アルコールが入っていないので、まともに頭の切り替えができる。今日のテーマは、英国のキャメロン首相にまつわる記事。ブレア首相に比べると温和な感じがしていたが、血筋もよく、性格もいいように書かれている。グローバル課題としては、シリアやソマリアに対して人道的観点から、またイスラムテロリスト温床化を防ぐ安全保障の観点から、アメリカと連携してどう行動するか。

 ユーロ圏においては、共同体の中核として留まりつつ、通貨金融面では一線を画すという英国流がいつまで通用するのか、また内政的には緊縮財政をとりつつどう経済の再興をはかるか、またスコットランド独立に向けた国民投票にどう対処するのか、など課題は山積。

 背景事実の理解不足から欲求不満も残る記事ではあったが、一通り読めたので、それなりの満足感が残る。アフターファイブは、2年半振りに中国派遣から戻ってきたS氏を囲み、焼き鳥を肴に一献傾ける。

e0083517_1223881.jpg

JR芦屋駅から市民センターに向かう道中のユリノキ並木。つい先だってまで黄葉が残っていたのに、いつの間にか完全に落葉したと思っていると、もう早新芽が出てきた。季節の巡りがどんどん速くなる。
by yellowtail5a01 | 2012-04-14 23:59 | 外国語・教養 | Comments(2)
Commented by pico at 2012-04-15 21:48 x
見過ごしてしまいそうな由里の木ではなかった、ユリノキですが、
光があたって、緑がさえていますね。ドキッときました。
Commented by ミッチ at 2012-04-16 00:51 x
picoさん、ドキッとしたというのは最高のお褒め言葉です。
嬉しいです。僕もこの新芽を見たときにときめきを覚え
ました。これから毎月楽しみです。この子らの成長を記録に
とどめたいと思います。