ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

予定通りベニバナトチノキがほぼ満開

2012年5月4日(金) 薄曇り 5494歩

 娘とはすれ違い。昨夜遅く顔を合わしたが、今朝は相当早かったようで7時に起きると、もうもぬけの殻であった。午前中は溜まっていたメールの返信やスケジュールの確定、パソコンの前であっという間に半日が過ぎる。

 昼前からまたまた家内のアッシーとなり、あれこれ回る。昼食は苦楽園のイタリアン。なるほど900円で前菜、メインのパスタ、コーヒー、デザートが付くのはありがたい。味も雰囲気も抜群である。いつの間にこんな店を見つけてきたのか、家内のこのところの行動範囲が拡がっているのがわかる。いいことなのか、悪いことなのか、それが問題である。

 2時半過ぎに送り届けたところで解放されたので、家に戻って今朝見損なった「梅ちゃん先生」を観た後、野球を観る。ああ、明日はせっかく甲子園観戦だというのに、タイガーズのなんと不甲斐ないこと。一安打しか打てず、ジャイアンツに完封負け。明日はぜひこの雪辱を晴らしてもらいたいものである。

 夕方遅くスーパーへの買い物ついでに、山手幹線のベニバナトチノキの開花状況を確かめに行く。予期したとおり、ほぼ満開。一年に一度のことだが、GWを連想させる花だ。


木によって花の色が微妙に異なるが、全般的に今年の花の色は淡い目である。これは、一番濃い目の木の花である。
e0083517_2583989.jpg

写真を撮っていると、通りすがりのおばさんに「この花はなんというんですか?」と尋ねられる。エッヘンという気分で、「ベニバナトチノキです。ほら、トチノキはご存じでしょ。トチモチの材料になるヤツなんですが、それを園芸品種として改良したのがこのベニバナトチノキだとおもいますよ。」 本当かどうかは知らないが、おばさんは納得してくれたようだ。
e0083517_259270.jpg

家に戻るとおふくろが好んで植えていたナンキンアヤメが今年も美しく咲いている。春先のヒマラヤユキノシタの花とこのナンキンアヤメの花を見ると、若かりし日のおふくろの姿が浮かんでくる。今では本人にとっては全て霧の中なのであろう。
e0083517_2591993.jpg

by yellowtail5a01 | 2012-05-04 23:59 | 自然・季節 | Comments(2)
Commented by pico at 2012-05-05 22:59 x
ベニバナトチノキ、咲きましたね。
初夏の日差しの中で可愛いですね。撮りに行きたいですが、
連休は家族の為に、私の時間はありません。
ミッチさんのブログで楽しんでいます。
Commented by ミッチ at 2012-05-06 03:34 x
picoさん、そうですね。GWは一番お忙しいときでしょうから
ベニバナトチノキは難しいかも知れませんね。