ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

朝一番の母の初診付き添い

2012年5月8日(火) 晴 3617歩+α

 4月末に移った母の新施設は、こじんまりしていて待遇は改善されたのはいいが、地域密着型特養ということで、人出が足りていないようである。二年前に大腿骨骨折をしたときの傷が完治していないようで、メスを入れた辺りが化膿していて、膿がでているとのこと。

 施設の薦めで提携先の病院の先生に診てもらうべく、九時前に施設を訪ね、車椅子で隣接の病院に連れて行く。すぐにどうこうというような重症ではないが、やはり適切な処置が必要なようだ。採取した膿を培養して検査の上、対処方法が決まるとのこと。最悪でも週に一度の通院、それほどでもなければ施設の看護士の処置で済むらしい。いずれにしても来週木曜日は再度通院の必要がある。

 思ったより早く終わったので、、明日の講師仕事の準備や、その他の幹事を引き受けている活動の連絡調整ですぐに昼が回る。その後は、家内が郵便局や病院や市役所に用事があるというので、完全にアッシー状態。まあ、暇はあるので別にいいのだが、あまりにも時間に対してルーズなので、何度もキレる。といっても、キレたのを態度で示すと逆効果なので、ひたすら忍耐。

 まあ、それでも溜まっていた雑用やメール対応が車で待っている間に捗ったので、よしとしよう。それもこれもiPhone様のおかげとあらためて感謝する。写真を撮れなかったのが唯一の後悔の点である。
by yellowtail5a01 | 2012-05-08 21:58 | 家族・交遊 | Comments(0)