ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

芙蓉 アオイ ムクゲ ハイビスカス?

2012年7月5日(木) 雨降ったり止んだり 5973歩

 仕事日でもないので梅雨の一日を揺ったりと過ごす。7月20日までに絶対にやらないといけない用事。それは年賀状のお年玉抽選の確認である。

 他にも郵便局に用事がいくつかあるので、まずは当選番号をメモして、下二桁のチェックを行う。期待できるのはお年玉切手シートのみ。下二桁の27と44が当選番号。目と手でスキャンすると結果的には7枚が当選。

 3等以上は当然のことながらなかった。それにしても27はゼロで44が7枚とは不思議な偏りである。雨の合間に近所の郵便局に行って切手シートと交換してもらう。ついでに書き損じの年賀葉書二年分をかき集めると30枚あったので、官製葉書と50円切手をそれぞれ5枚、残りは80円切手に買えてもらう。これで当面のハガキと切手は安泰である。
e0083517_039341.jpg


 帰り道は万葉苑経由。いつもならグランドゴルフの爺さん、婆さん、いやグランドシニアの皆さまで占拠されているのだが、さすがに雨模様の公園は静か。何年か前は、この広場はゲートボールで賑わっていたが、いつの頃からかグランドゴルフに変わっている。

 静かな公園をしばし散歩。終わりかけで近くで見ると美しくもないが、遠目に見るピンクの浜木綿はなかなか。 
e0083517_23392993.jpg

 この季節、紫陽花、ノーゼンカヅラ、アガパンサス以外の花は少ないが、百合の季節でもある。
e0083517_23395096.jpg

 これは野百合と言うことで万葉集の歌が引用されている。意味は、道のほとりの繁みに咲く百合の花のように、ちょつとほほえみかけたからといって、妻とはきめてかからないでください。なれなれしく振るまう男の人に女性が贈った歌。ネットで解説を見つけたことの受け売りだが、万葉時代の女性の逞しさを感じざるを得ない。
e0083517_2340923.jpg

 夕方COOPに行った帰り、パーマ屋さんの花壇に素晴らしい花を発見。写真を撮ろうとすると、閉店準備の従業員の女性が出てきて、「今日咲いたんですよ。」とj自慢げに話しかけられる。「きれいですね、なんという花ですか?」と尋ねると、「ちょっと待って下さい、先生に聞いてきますね。」と中に入り、出てくると「ムクゲです。」とのこと。
e0083517_23403339.jpg

 なるほどと納得はするが、その近くにあった黄色い花はどう見てもハイビスカス。しかし、花の構造はほとんど同じ。芙蓉やタチアオイも同型。違いといえば木か草かくらい。これまた奥の深そうなジャンルである。ネットで調べると、いずれもアオイ科の植物と言うことがわかった。
e0083517_234174.jpg

by yellowtail5a01 | 2012-07-05 23:59 | 自然・季節 | Comments(2)
Commented by ue at 2012-07-06 09:29 x
むくげ、芙蓉が咲く季節ですね。自然は着実に進みます。
梅雨時、皆さんご自愛ください。
Commented by ミッチ at 2012-07-06 11:00 x
ueさん、そうですね。季節は二週間単位くらいで動いて
いるような気がします。あと二週間もすれば賑やかな
クマゼミが朝から鳴きそうです。蝉しぐれとは言わない
のでしょうね。