ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

初体験オペラ観劇 感激の三時間

2012年9月1日(土) 晴のち雨

 藤沢の姉が50代の頃から嵌っているオペラの公演の日が来た。やっているといっても主役はプロのオペラ歌手がやるのだが、コーラス要員として衣装を身にまとい、動作をしながらコーラス部を担当するもので、普通の合唱団に比べるとハードルは高そうだ。

 「もう歳も歳なので、今年が最後になるかも知れないから、観に来て」と、春先に寄ったときに言われ、約束をした。なんとか東京出張とリンクできればよかったのだが、少しタイミングが合わず、自前上京となる。節約と時間の有効活用のため、バス利用となる。

 明け方に雨が激しく降っていたようだが、横浜に着いたときには晴れ上がっていた。午後まで少し時間があるので、山下公園からみなとみらい方面に散歩する。土曜の朝ということで、公園はジョギング、サイクリングの人達の場になっている。
e0083517_3513934.jpg

山下公園のシンボル、氷川丸。係留チェーンにお行儀よくカモメが止まっている。童謡「カモメの水兵さん」の発祥の地らしく、石碑が建っていた。
e0083517_3565123.jpg

こちらもシンボリックなインターコンチホテル。
e0083517_3571028.jpg

もう一つの童謡の石碑と銅像は、「赤い靴」。少女が遠い海を眺めている。
e0083517_3572328.jpg

みなとみらい、関内、馬車道辺り、中華街には散発的に来たことはあるが、ほとんど夜。昼の光りの中でベイエリアを散策するのも悪くない。煉瓦造りの建物も象徴的だ。小樽や函館にもあったが、神戸では見かけない。神戸は、煉瓦よりも御影石を好んだのだろうか。
e0083517_3583661.jpg

昼食は比較的新しいと思われるショッピングモールのレストラン街でいただく。カメラ片手のブラリ散歩は一人でも気楽でいいものだが、食事時はやはり連れが欲しいと思う瞬間。糖質カットを意識して、鶏肉と野菜だけで済ます。
e0083517_359644.jpg

いい席に案内してもらったので、窓越しの風景を楽しめ、退屈はしない。何年か前に、横浜の友人にランドマークタワーの最上階付近に連れて行ってもらったときに見下ろした観覧車が目の前に見える。一回転の時間を計測すると、約15分。ここは夜景の方がロマンティックで美しいと思われる。
e0083517_359225.jpg

夏休み最後の週末とあって、ファミリー連れでどこも賑わっている。ジェットコースターから歓声が聞こえてきそうだ。
e0083517_359362.jpg

昼下がりになり、いよいよ開演時刻が迫ってきたので県民ホールに向かう。パリやミラノのオペラ座は知らないが、ステージ前の低いところにオーケストラ席があり、客席も三階層。クラシックコンサートとは少し雰囲気が違う。
e0083517_451473.jpg

指定席が6列目だったので、前寄りだとは思っていたが、実はこれが最前列。やや右寄りだが、かぶりつき。当然撮影はご遠慮くださいだが、両隣は姉貴の中学や小学校の同窓生のおばさん連中。。「もっとカメラを上に上げてしっかり撮りなさいよ。」と叱責がくる。しかし、ここは絶対にバレないことが最重要。モニターの光が後ろに漏れないように、胃の前にピッタリ密着して目分量で画角を決める。こういうときにソネで鍛えたテクニックが活きる。

いよいよカルメンが始まる。小説、映画、DVDオペラを観ているので、ストーリーはしっかり頭に入っているし、歌詞もある程度覚えているので、いちいちテロップを見なくてもいい。多少投資もして準備した成果だ。

姉貴は、アマチュア出演者としては数少ない準主役的なドンホセの母親回想シーン。亡霊のような存在でソロパートはないが、注目度はかなりあり、本人の気合いが伝わってくる。
e0083517_453622.jpg

プロの皆さんの迫力はやはり凄い。この大きいホールでマイクなしの地声が館内に響き渡る。生のフルオーケストラを5メートルほどの至近距離で聴くのも初めてで、不思議な感動の三時間強であった。
e0083517_455234.jpg

by yellowtail5a01 | 2012-09-01 23:59 | 家族・交遊 | Comments(6)
Commented by いっち at 2012-09-04 11:11 x
みっちさん、またかすっていたようです。土曜日は孫を連れて、横浜駅そばの新設なった原鉄道模型博物館(本家は芦屋)と日産ギャラリーで遊んでいました(笑)。
Commented by ミッチ at 2012-09-04 14:27 x
いっちさんのテリトリーなので、僕も意識していましたよ。今度は見つかる前に見つけて、フォーカス写真を撮ろうと思っておりました。

お孫さん連れとは健全で何よりです。夜の夕立に遭って、駅西のシェラトンに駆け込みましたが、ここで彼女を連れたいっちさんに出会ったらどうしようかとドキドキでしたよ。(笑)
Commented by ue at 2012-09-04 19:24 x
横浜ですね!「カモメの水兵さん」のショットはユニークですね。
横浜にも赤レンガ倉庫があるのですね。昨年、友人と一緒に訪れたのが懐かしいです。
Commented by いっち at 2012-09-04 22:50 x
ミッチさん、氷川丸のかもめの居並びは本当に素晴らしいショットですね。地元横浜住民の私でも未経験の景色です。「赤い靴の女の子」の名前は「岩崎きみ」という実在の女の子ですが、このショットの角度も素晴らしいですね。とても参考になりました。
Commented by ミッチ at 2012-09-05 00:54 x
ueさんも横浜にはちょっと思い入れがあるようですね。東京とはちょっと違います。大阪と神戸の違いかな。じゃあ、関東の京都はどこでしょう。鎌倉かな。
Commented by ミッチ at 2012-09-05 00:56 x
いっちさん、お褒めに与り誠に光栄です。