ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

久しぶりのクラシックコンサート

2012年9月16日(日) 晴

 今日は音楽会の日。兵庫芸文センターでの佐渡裕定期演奏会。前半はガーシュインの「キューバ序曲」とピアノコンチェルトだが、イマイチピンとこない。聞き慣れていない生であろう。

 その点、後半のドボルザークの交響曲「新世界」耳慣れた曲で、各モチーフをいろんな楽器が奏でていくのが、耳と目から鮮烈に確認できて、生オーケストラならでは感動だ。アンコールのハンガリー舞曲の第1番も非常によかった。耳に馴染んでいるのは5番だが、1番もいい。

 自転車距離にあるロケーションはラッキーである。
e0083517_19464422.jpg
 28日には情熱のエスパーニャというタイトルで、カルメンとアランフェス交響曲とラベルのボレロがあるようだ。いずれもお馴染みの曲なので、是非来たいものである。
e0083517_19465974.jpg
 帰る頃には、夕景模様。充実した日曜日となった。
e0083517_19472055.jpg

by yellowtail5a01 | 2012-09-16 23:59 | 音楽 | Comments(0)