ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

紅葉の兆しを求めて

2012年11月2日(金) 晴のち曇 14730歩

 胃カメラの日がやってきた。指定された8時過ぎに医院に行くと、先生がカジュアルな姿で出迎えてくれる。まだ看護士は出勤していないようである。鼻の穴からファイバーを通すというのは初体験である。右の鼻の穴にゼリー状の麻酔薬を三回に分けて注入されると直径6,7ミリのファイバーを突っ込まれても、さほどの抵抗感はなく、食道から胃に達する。喉から通すよりいい点は、よだれが出ない、喋ることができる、えづいたり苦しくない点であろう。医学の進歩に脱帽する。

 採取した組織の分析結果は一週間待たなければならないが、見たところでは異常はないとのこと。ひとまず安心する。結構な時間もかかり、検査費用もかかるがこればかりは仕方がない。さんざん健康保険料を払ってきているので、たまには取り返さなくては。

 11時から一時間の会議予定があったので、その部分だけバイク通勤。午後はフリーとなったので、森林植物園に向かう。楓の紅葉には早いのだが、カナディアンメープル系やハナノキ、ハウチワカエデ、ナンキンハゼなどは、楓の紅葉に合わせていくと終わっていることが多い。まだ人出も少ない目のはずである。

 家を出て建石筋を北上、鷲林寺を経て東六甲ドライブウェーに入れば信号は一つきり。気持ちのいい風を切りながらの縦走ツーリング。七年前に初めてバイクでこの道を通ったときはおっかなびっくりだったが、ずいぶん慣れたものだ。連続カーブを車体を傾けてスピードを出せるようになった。その分、事故の確率が増しており、怖さも感じる。
e0083517_2322484.jpg

 昼下がりの森林植物園は静か。遠足の幼児や若者グループもいない。老人会の団体さんもいない。ほとんどは老夫婦連れ。たまにカメラ片手の単独派。たまにおしゃべりが弾む夫婦外カップル。
e0083517_2325790.jpg

 大半のイロハモミジはまだ新緑の頃と変わらない。
e0083517_2332214.jpg

 中にはすっかり色づいているおませさんもいるようだ。
e0083517_2334745.jpg

 お目当てのシアトルの森に着くと、狙い通りのカナディアンメープル類が絶好のタイミングとなった。
e0083517_2342160.jpg

 いわゆるフウの仲間で、今が見頃である。黄色から赤のグラデーションが北米的な雰囲気を演出している。
e0083517_2345882.jpg

 この近くに群生する葉の長い松。ちょっとした清涼剤である。
e0083517_2353161.jpg

 北米コーナーから中国コーナーに来ると、予想通りナンキンハゼがいい頃合い。
e0083517_2355495.jpg

 オーストラリアコーナーのユーカリを眺めつつ、ススキ坂(勝手な命名)を下り始めると太陽が顔を出す。ススキには陽光が似合う。
e0083517_2362887.jpg

 大回りをして長谷池の南端に到着。知る限りではこの広大な森林植物園の中で二本しか確認できていないハウチハカエデの一本が池の南にある。例年枯れ木しか拝めていない。今年はなんとか間に合ったが、もう散る寸前である。
e0083517_2371958.jpg

 まだ紅葉しているカエデ類は限られているが、緑の中の赤は映える。
e0083517_2382735.jpg

 平日は閉まっていることが多い売店が、珍しく開店。おでんでも欲しいがビールを飲みたくなると困るので、ここはキッパリ自重する。
e0083517_239715.jpg

 やがて真っ赤に染まるドウダンツツジ。まだ紅葉は三分か。二週間後が楽しみだ。
e0083517_240416.jpg

 一足早く紅葉するハナノキは今が旬。
e0083517_2403349.jpg

 もう一本のハウチワカエデはアジサイ園の入口辺り。こちらは地形の関係か少し遅い目の紅葉。下の方には緑の葉も残っているが、先端の葉はちょうど黄から赤に変わる最中。悪くない。
e0083517_2405917.jpg

 ケヤキロータリー(勝手な命名)のシンボリックなケヤキも黄葉しつつある。隣の銀杏が色づくのには三週間ほどかかりそうだ。
e0083517_2412548.jpg
 
 売店で珍しい花が目に止まる。ダイモンジソウというユキノシタの種類らしい。ここは迷わず衝動買い。ただし、バイクの荷台にくくりつけて運ぶことになるので、売店のお姉さんに無理を言って、丁寧に箱詰めにしてもらう。おかげでなんとか無事に持ち帰ることができた。お姉さん、ありがとう。
e0083517_241456.jpg

by yellowtail5a01 | 2012-11-02 23:59 | 自然・季節 | Comments(6)
Commented by pico at 2012-11-03 15:37 x
まあ美しい紅葉写真をたくさん見せていただいてありがとうございました。
カナディアンメープルにナンキンハゼ、綺麗です。
検査後にもかかわらず、相変わらずアクティブなミッチさんに感心しています。
Commented by ue at 2012-11-03 18:19 x
もうそこまで紅葉が迫った感じですね。やはり、季節は正直です。
Commented by ミッチ at 2012-11-03 22:42 x
picoさん、4,50分で行けるところなので、ぜひ訪ねてください。いい写真が撮れること請け合いです。
Commented by ミッチ at 2012-11-03 22:44 x
ueさん、そうですね、27日のプランも真剣に考えましょう。
Commented by ひーやん at 2012-11-12 15:08 x
私も土曜日に胃カメラ終えました。こちらは、相変わらず口からですが、ミダゾラム(麻酔導入剤)で熟睡ですので何があったのやら・・・?昔は、雰囲気だけで頻脈になり、体力を使い切って検査後に腰が抜けたことがありましたが、それもなくなりました。
今回は、組織を取られなかったのでほっとしてます。
お互い、お酒はほどほどにしましょう・・・
Commented by ミッチ at 2012-11-13 07:52 x
ひーやんさんとこは、麻酔状況ですか。それなら一番楽そうですね。でも、鼻からだと昔の喉の局部麻酔だけでえづきながらカメラを飲み込むのと比べると、天と地の差です。これからの忘年会シーズン、飲み放題が多い昨今ですが、調子に乗り過ぎないようにいたしましょう。