ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

小学校同窓会有志、奈良の集い

2012年11月25日(日) 晴 歩数:20553歩、しっかり歩き:9575歩

 奈良在住の同窓会幹事連が企画してくれた奈良の遠足が再現される。五年生の時に行った大仏殿、興福寺界隈の散歩と昼食グルメ。阪神西宮から奈良行き急行で乗り替えなしの70分。便利になったものである。

 阪神西宮に向かう途中で、ススキ発見。急がなければならないが、少し時間を止めてススキを撮る。これが何か、午後の伏線となったようである。
e0083517_071523.jpg

 三連休最終の今日は晴れ上がり、絶好の行楽日和。有志7名が参集し、奈良の散策とグルメ。折からの錦秋を満喫できる。
e0083517_073565.jpg

 奈良地元民二人が案内してくれるので心強い。大仏殿も裏から逆方向で向かうといつもは知らない情景が顕れる。
e0083517_074924.jpg

 西から望む大仏殿。見慣れないアングルだ。
e0083517_08517.jpg

 500円の拝観料を払って、大仏さん参拝。この角度から見るのが最も大きく見えるらしい。
e0083517_082184.jpg

 紅葉の赤、銀杏の黄色が鮮やかである。
e0083517_0121689.jpg

 紅葉も燃えるような赤がそここにある。
e0083517_0123522.jpg

 風もなく水面は鏡面となっている。
e0083517_0125198.jpg

 昼食は路地を入ったところにあるなぜかフレンチ。赤ワインが似合うお料理であった。
e0083517_013315.jpg

 三時過ぎにお開きとなり、帰りの三宮行き近鉄急行に乗り込み、席を確保。平城宮跡を通ると輝くススキ野原。まだ日も高い。このまま見過ごすのはもったいなく思われ、皆さんに別れを告げて西大寺で下車する。  梢越しに大極殿を望む。
e0083517_0132272.jpg

 撮りたいのはやはりススキ。
e0083517_0133675.jpg

 なかなか見られない味わいのあるススキに出合った。
e0083517_0135266.jpg

 太陽はどんどん低くなり、赤味を帯びた光に包まれる。
e0083517_0142627.jpg

 そして太陽は西の山に沈みゆき空の色が刻々と変わる。
e0083517_0144639.jpg

 太陽の沈んだ空に大極殿のシルエット。今日のフィナーレとなる。
e0083517_0333781.jpg
  
by yellowtail5a01 | 2012-11-25 23:59 | 友人・交遊 | Comments(8)
Commented by rollei33 at 2012-11-26 05:33
はじめまして。 きれいな空ですね。
時々、素敵な写真を見させていただいてよろしいでしょうか?
Commented by ミッチ at 2012-11-26 07:33 x
rolleiさん、初めまして。こちらこそよろしくお願いします。そちらにもお邪魔しましたが、ボケ味の効いたお写真満載ですね。お近くのようなので、どっかですれ違うかもしれません。大きなカメラを持った人がいたらそう思ってしまいそうです。(笑)
Commented by ue at 2012-11-26 11:03 x
奈良の紅葉も綺麗ですね。この時期、鹿はいなかったんでしょうか?
Commented by pico at 2012-11-26 20:47 x
素敵な夕陽です。
心洗われる思いがします。
Commented by ミッチ at 2012-11-26 21:12 x
ueさん、奈良在住の同級生が珍しいルートを案内してくれましたので、混雑をうまくかわして印象的な情景を楽しめました。それと、やはりお天気が最高でした。

鹿もたくさんいたのですが、鹿のいるところ人ありで、静寂な空間に佇む鹿をイメージしていたので、鹿写真はほとんど取れませんでした。
Commented by ミッチ at 2012-11-26 21:14 x
picoさんの清らかな心を洗う必要はないと思いますが、
私の心は週に一、二度洗う必要がありそうです。
Commented by 春瑠 at 2012-11-27 00:51 x
3枚のススキはそれぞれの表情を持っていますね。
こんな素敵な写真を撮られる心は、週二回も洗わなくてもいいですよ。。。
Commented by ミッチ at 2012-11-27 18:48 x
春瑠さん、一枚目の西宮のススキはいつもイメージするススキですが、平城宮跡のススキはかなり大型種です。まさか在外種ではないと思いますが、「幽霊の 正体見たり 枯れ尾花」の尾花かなと思われました。