ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

腹ごなしは散歩に限る

2013年1月2日(水) 晴ときどき曇一時雨 歩数:10547歩 しっかり歩き:7432歩

 お節料理や昨日のすき焼きの残りなど食べるとカロリー過多。散歩となると甲陽園方面。
 まずは満池谷の急階段。ここは子供の頃から変わらない。
e0083517_116611.jpg

 そしてニテコ池のドーム。
e0083517_1163543.jpg

 甲陽園は冬枯れの様相。
e0083517_1165838.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-01-02 23:59 | 自然・季節 | Comments(4)
Commented by 春瑠(はるる) at 2013-01-03 11:49 x
2枚目「ニテコ池」って言うのですか?
とっても素敵なショットですね。好きだなあ~感覚にピタッとはまりました。
白い壁に映える、もう芽をふくらませている枝の重なるライン。
枝が三角に交差している間に見える二羽の鴨。
おしゃれですね~☆
Commented by SHIN at 2013-01-03 12:53 x
ニテコ池は、映画『火垂るの墓』では、幼い清太、節子兄妹が住んでいた横穴のある池のモデルにも なった場所です。

「ニテコ」とは偶然でしょうか、アイヌ語で「森林の水溜り」を意味します。

西宮のニテコ池の名前の由来ですが、西宮神社の土塀に使う土をここか 運びだす時、
 「ネッテコイ、ネッテコイ」という掛け声から「ニテコ池」と名付けられた説が濃厚だそうです。
Commented by ミッチ at 2013-01-04 00:58 x
春瑠さん、ちゃんとディテールまで見届けていただきありがとう
ございます。狙いは仲のよさそうな鴨だったのです。それと
もう膨らみつつある桜の冬芽にフォーカスを当ててみました。
Commented by ミッチ at 2013-01-04 01:00 x
SHINちゃん、的確な解説をありがとうございます。西宮の
郷土史では、「ネッテコイ、ネッテコイ」とされているようなので、
間違いないと思います。ちなみに西宮戎の土塀は、練塀と
言われるものです。