ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

例年になく遅い目の初出

2013年1月7日(月) 晴 歩数:9070歩、しっかり歩き:3278歩

 新年7日目にしてようやく仕事始めを迎える。現役時代は年末年始の9連休は大歓迎だったが、状況が変わると感じ方も変わる。やはり、5日くらいからピリッとした方がいい。日本以外の国はほとんど正月なしで動いているので、日本だけが一週間ものんびりしているのはいかがなものか。これもある種のガラパゴス現象かも知れない。

 とはいうものの日本の文化としては、お正月は他の輸入物のイベント類(バレンタインデイ、ホワイトデイ、イースター、GW、ハロウィーン、クリスマス)に比べると、全国民に深く関わるものなので、粗末にはできない。三が日が終わり、七草粥、十日戎、小豆粥で徐々に松の内を終えるというのが古き良き伝統であろう。

 クリスマスツリーが26日朝にはすぐに撤去されるのに対して、お正月ムードはダラダラとフェードアウトするのを待つようなところが、まことに対称的だ。これが日本流でいいのかも知れないが、それはそれとしてグローバルに闘える正月のあり方も考えないといけない。。

 今年は喪中ということもあり、あまり「おめでとうございます」というのは控えるべきなのだが、相手からそういわれると返さざるを得ない。まあ、頑なに考えることでもあるまい。

 年末まではまだ葉が残っていた線路脇のメタセコイア、いつの間にかすっかりスケルトン調となった。
e0083517_12405395.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-01-07 23:59 | 仕事 | Comments(2)
Commented by fundmoneyjan at 2013-01-08 16:52
年末年始が一週間も休みとは考えてみれば時代遅れですね。一般の会社はそれでもいいですが、私のような金融取引している者にはチャンスを逃してしまいます。
かえって損をしなくていいのかも知れませんが(爆)。
Commented by ミッチ at 2013-01-09 01:08 x
じゃんさん、日本の文化を守ることとグローバルに調和していくことの両立をいかに図るかが課題だと思います。じゃんさんは、アベノミクスを最大限活用してジャンジャン稼いでくださいね。