ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

娘が出ていったと思ったら息子が帰ってきた

2013年1月9日(水) 晴 歩数:9162歩、しっかり歩き:2365歩

 朝から歯医者。年末に左の奥歯が少しグラグラしてきた感じだったので、年が明けてから処置を考えましょうと先生にいわれていた。ところが正月におやつのスルメをしがんでいるときに今度は右上の処置歯のプラスチックが壊れた。ダブルの処置となる。先生の処置は手際がいい。両方ともサッと型をとって、取り敢えずは仮の樹脂の歯を段取りしてくれる。その間、一時間。費用は結構かかったが、助かる。

 家に戻ると家内のアッシー要請。いつものことなので、文句の一つもいわずに阪神西宮に向かうと、なんとなんとR2は大渋滞。主立った道路が閉鎖されているためだ。今日から戎っさん。渋滞するわけだ。帰りも大回りをして家に辿り着く。

 午後には、急遽、長浜支店から西宮支店に転勤になったという息子が15年振りくらいで自宅に戻ってくる。一人暮らしで大した荷物はないと思っていたが、それでもトラック一台分あり、とても家の中には収まりきらない。大型白物家電は軒の下にブルータープを掛けて置くしかない。嵩の高いのが戻ってきたので、家庭生活は少し変化となりそうだ。
e0083517_22364716.jpg

 若い運送業者に屋内、屋外の配置を指示してなんとかどうにか全て収める。本人は前のアパートの明け渡しを済まして戻るのは夕方とのこと。家内は外出先から今日はすき焼きにしようとの指示が来る。元旦もすき焼きだったので、そうそうはいいのだが、肉とご飯好きの息子が久々に戻ってきたので、少し張りこむことにする。

 先日ゴルフ先輩に教えてもらった苦楽園の「牛太郎という、いい肉屋さん」というところに散歩がてら出向くが、生憎の定休日。仕方なく、出費覚悟でイカリスーパーに寄ると、まずまずの肉が少しディスカウントで出ていたので即決。男の子と女の子では、食べる量が違うので大変だ。

 おかげで苦楽園往復散歩でそれなりの歩数を稼げ、夙川界隈の夕景や久しぶりのみーちゃん撮影の機会に恵まれた。
e0083517_2244681.jpg

 野良にしては毛並みもよくてなかなか気品がある。
e0083517_22442982.jpg

 こちらは白黒みーちゃん。目が右と左で瞳の形も色も違うのは珍しい。
e0083517_22444494.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-01-09 22:51 | 家族・交遊 | Comments(8)
Commented by ひーやん at 2013-01-10 19:00 x
いいですね。その歳で息子さんと、どう向き合うのか?
学生時代までと違って大人対大人ですから・・
今年も家庭内で話題豊富ですね。
Commented by ミッチ at 2013-01-10 20:47 x
ひーやんさん、まあちょっとした大変化です。(笑) 家の中が
さっそくタバコ臭くなったのは大問題です。しかし、腕力では
確実に負けますな。
Commented by pico at 2013-01-11 00:01 x
息子さんのご帰還でにぎやかになりましたね。
でも、奥様、洗濯物が増えますね。
Commented by ミッチ at 2013-01-11 23:12 x
picoさん、賑やかになったのはいいですが、洗濯だけでなく
何かと家事が増えそうです。家事という点では男の子はあまり
貢献を期待できませんね。そういうものでしょうか。
Commented by fundmoneyじゃん at 2013-01-12 01:01 x
洗濯は当然にミッチさんの担当ですね(笑)。娘さんには強く言えませんが、息子さんには「自分のものくらいは自分で洗濯しろ!」と言いましょう(笑)。
Commented by SHIN at 2013-01-12 21:47 x
左右の目の色が異なることを「オッドアイ」といいますね。
猫ちゃんでは多いですが人間でもあります。
奥菜恵さんがそうですね。
Commented by ミッチ at 2013-01-13 23:07 x
じゃんさん、鋭いところを突いていただきましたが、それが
不思議なことに、息子の洗濯物となると大量であるにも拘わらず
ちゃんと家内が洗濯、干し、取り込み、そしてたたみまでやって
います。15年来の快挙です。おかげで、ついでに私の分も
やってくれるのでずいぶん楽になりました。(笑)
Commented by ミッチ at 2013-01-13 23:13 x
SHINちゃん、オッドアイ、初めて知りました。奥メグは子役の頃に
ファンでしたが、人間としては800万人に一人というオッドアイと
いうのは驚きです。

一方、白猫もしくは白を含んだ猫においては、25%の確率と
いうことを知りあらためてびっくりしました。私にとってはこの
ミーちゃんが生涯で初めて出会ったオッドアイキャットでした。