ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

月替わり 例年より早いイカナゴ解禁

2013年3月1日(金) 曇のち雨 歩数:10795歩、しっかり歩き:0歩

 毎日は行けないが、予定の空いているときに洗濯物を届けたり持って帰ったり。ついでにイチゴを食べたいとのことなので、近所のCOOPさんに買いに行くとちょうどイカナゴ新子が入荷したところ。今年は早い。1kgが1380円は平年並みか。平均すると1280円が相場観である。なるべく新鮮な内に煮てしまおうと思い、そちらに取りかかり家を出るのが遅くなる。

e0083517_12141112.jpg

 無事に釘煮は完成し、ザルにあけて冷ますのだが、せっかくなのであら熱の取れたばかりのを小型タッパーに詰めてイチゴと一緒に届ける。なかなか好評であったが、少し柔らかめ、少し辛めと反省。何度も煮ることはできないが、新子が小さい間にもう一度は煮ておきたい。

 夜はヨットの音楽グループでローゼンバーグギタートリオ。ジプシーの哀愁溢れるギターとバイオリンがみんな気に入って、海の上でもよく流しているグループが、二度目の来日とあって、芸文センター中ホールに駆け参じたのだが、結果的にはイマイチ。

 いつも聴いているアルバムは、パーカッションや管楽器も入った素晴らしい曲が多いのだが、今日はギターベースのトリオに時々バイオリンが加わるカルテット構成。

 それぞれの技巧の素晴らしさは非の打ち所がないのであるが、音楽としては、普通のジャズトリオ、下手するとカントリー&ウエスタン。カントリー&ウエスタンがきらいというわけではないが、それなら堂々とカントリー調にやればいい。期待が大きかっただけにちょっと失望感も残る。

 一番良かったのはアンコールの一曲目でやってくれたロシア民謡「黒い瞳」。これは心に浸みる。
e0083517_12203091.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-03-01 23:59 | 家族・交遊 | Comments(2)
Commented by ひーやん at 2013-03-03 21:24 x
えっ?ミッチさんは釘煮も自分でなさるんですか?
Commented by ミッチ at 2013-03-05 15:11 x
泉南も方面もそうだと思いますが、阪神間は昔から春といえば新子。
おふくろがやっていました。家内の実家は海から離れた千里だった
ので縁がなかったのかなぁ。10数年前から嵌り、上手な奥さんが
いたら秘伝を聞き出しつつ今日に至っています。自己採点すると
まだ60点台ですね。上手な人の作品は本当に美しくて美味しい
ものです。