ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

イカナゴ新子の季節も終わりか

2013年3月8日(金) 薄曇り

 本当に急に暖かくなってきた。これでは海水の温度も徐々に上昇しているのであろう。スーパーで売られているイカナゴ新子が大分大きくなってきた。時間のゆとりがあればギリギリまだ行ける大きさかも知れないが、予習やなんやでゆとりもない。週が変わればさらに大きくなって今年のシーズンも終わる。

 例年に比べると10日くらい前倒しだったような気がする。まあ、今年の二回目は恐らくここ数年でone of the bestの出来具合だったのでよしとしよう。しかし、この釘煮については、まだまだ修業不足のことが多い。ベテラン主婦の教えを請い、さらに極め、それを娘に伝授していきたいものである。

 今年はもう無理なので、来年は早い目に計画したい。目星を付けている主婦はゴルフ仲間の先輩の奥様。何度かお裾分けをいただいたが絶品である。でも、秘伝の技を教えてもらえるかどうか。肝心の先輩が昨秋急逝されただけに、ちょっと頼みづらいかも。

 この陽気が続くようだと桜前線も早く北上してきそうで、遠出の花見の計画を立てるのが難しいことになりそうである。
by yellowtail5a01 | 2013-03-08 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)