ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

桂文珍独演会で神戸に向かう

2013年4月29日(月) 晴時々小雨

 連休前半の最終日。一度は生で聴きたかった文珍のライブ落語。枝雀が亡くなり、米朝も危ないこの頃、正統派の古典落語をライブで楽しめるのは、文珍師匠に他ならない。

 大倉山駅すぐ隣の神戸文化ホールの中劇場が会場であるが、大ホールではどうやら兵庫県の高校生の吹奏楽大会のようである。
e0083517_1282917.jpg

 文珍の開口一番、「入り口付近では高校生がラッパでブーブー、バーバー。こっちはジージー、バーバーですなぁ。いや、失礼を致しました。」
e0083517_1285993.jpg

 初めて生で聴く文珍さん。といっても本当は初めてではない。その昔、さる電機メーカーの本社の組合支部で支部長をやっていた頃、文珍さんをゲストで招いたものである。その時は、組合事務所で差しでお話しをしたものだが、今や立派になられたものである。三時半頃に終わったので、懐かしい元町商店街を歩いて帰る。
e0083517_1292895.jpg

 いっときはシャッターが閉まっている方が多かった元町六丁目だが、ずいぶん活気が戻ってきたようだ。
e0083517_1294634.jpg

 元町商店街を抜け、センター街に行く途中は、昔懐かしいたこ焼きのお店が二つ。蛸の壷とたちばなが老舗だが、今日は蛸の壷に寄る。
e0083517_130891.jpg

 これも吉田類の酒場放浪記に出てもおかしくない味わいのあるお店だ。
e0083517_130457.jpg

 元町商店街の器屋さんで品のいい麺鉢をを発見。木をくり抜いた漆仕上げ。迷わず二つゲットする。
e0083517_1321926.jpg

 せっかくの麺鉢をゲットしたので、夕食は上沼恵美子の鯛ニューメンとする。長ネギが多すぎた感はあるが、片栗粉で下処理した鯛はなかなかのものであった。
e0083517_1325116.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-04-29 23:59 | 娯楽 | Comments(4)
Commented by ue at 2013-04-30 08:27 x
月曜日、僕も三宮で遊んでました。ニアミスでしたね^-^
蛸の壷って、神戸の老舗ですか?こんど連れてってくださいね。
Commented by pico at 2013-04-30 22:51 x
鯛ニューメンですか。美味しそうです。作ってみたいので
レシピ教えてください。
Commented by ミッチ at 2013-05-01 09:27 x
ueさん、そうですか。ニアミス(?) ばったりお会いしていたら
やばかったですか(笑) ご紹介したいお店がほかにもあったの
ですが・・・
Commented by ミッチ at 2013-05-01 09:34 x
picoさん、今回のは上沼恵美子のおしゃべりクッキングのレシピ
でやってみましたが、自己流簡単レシピの方が出来がよかった
ように思います。

簡単レシピは出来合いのうどんつゆを温めてタイの切り身を入れ
火の通った所にゆでて水洗いしたソーメンを入れるだけです。それに
三つ葉を加えます。

恵美子レシピの優れているところは、タイを入れる前に刷毛で丁寧に
片栗粉を塗っておくことです。これにより微妙なとろみが出ていい感じ
になりました。長ネギとカイワレよりも三つ葉がマッチします。