ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

ニュージーランド交流センター5月例会は京都大原

2013年5月18日(土) 晴

 二ヶ月に一度のNZ交流センターの行事。もともと第4土曜日の設定だったのだが、それでは芦屋英語会とかち合うので行けない、と愚痴っていたところ、そのせいか、最近は第3土曜日の設定が多い。

 今回は遠いのと紙漉体験という女性好みの内容なので、パスしようかなとも思っていた矢先に、事務局の方から「今回は参加人数が少ないみたいなので、ぜひよろしく!」とのメールが届いた。第3土曜日にしてもらった経過からして断りにくい。

 公共交通機関で大原まで行くのはかなり億劫だが、結果的には、紙漉も興味深く、新緑の大原の里も楽しむことができて良かった。

 ルートは国際会館駅から京都バス。JRよりも多少時間がかかりそうだが、コスト重視で阪急で向かう。十三のホームで乗り替えようとすると、けったいな快速急行が来た。何かいつもの雰囲気と違う。
e0083517_11434289.jpg

 席もまるでお座敷のような優雅さ。心が和む。
e0083517_11435954.jpg

 淡路と桂に停まった以外は即烏丸で速い。昔は十三河原町ノンストップという特急があったものだ。よく観ると「京とれいん」とある。一度は乗ってみる価値のあるお座敷列車である。一人で乗るにはもったいない。
e0083517_11432781.jpg

 地下鉄終点の国際会館駅には始めてくるが、大原や貴船などの北方面のバスは、ここがターミナルになっているようである。大原まで20分弱。小学生の頃、父親に初めて連れて行ってもらったときは、厭と言うほどバスにゆられた時間が長かったのとは雲泥の差である。

 今日の主目的は、大原の里での紙漉体験だ。バスターミナルから三千院に向かう。歩いて2,3分のところにある「もとしろ」さんというお土産物やさんで体験できる。
e0083517_11441561.jpg

  お店のご主人は、もう現役引退らしいが、趣味で紙漉体験をやっておられるとのこと。コウゾの皮を二時間ほど煮詰めて、それにつなぎ(バインダー)となるトロロアオイを混ぜ込んだ半透明の液体が原料である。
e0083517_11443392.jpg

  漉漕にためられた原料を漉ゲタという枠で漉く。結構重い。少し水気を切って、その上に飾りを置く。紅葉の葉やカラフルな色紙の飾りを思い思いで置いていく。
e0083517_11444972.jpg

 置いたところに原料をしゃもじで掛けていく。
e0083517_11455100.jpg

 ずっしり重くなった枠をバキュームクリーナーで吸って水分を飛ばす。
e0083517_11452447.jpg

 少し乾いたところで上の二角を息でプッと吹いてネットから剥がす。
e0083517_11454937.jpg

仕上げは温めた鉄板に貼り付け、柔らかいブラシで中心から周辺に伸ばす。これで、一応作業は完了。あと15分ほどで乾く。乾くまでの間は買い物タイム。
e0083517_1146731.jpg

 玄関脇に今日の原料のコウゾの木が植えられている。実もなっている。
e0083517_11465455.jpg

 出来上がった作品をそれぞれ受け取り、散策に向かう。作品をご紹介したいのはやまやまだが、まだ未完成。飾りのない部分に筆で字を書くか写真を貼り付けるか。できれば一句添えたい。墨が馴染むまで少し時間が必要のようである。

 後は帰るまでの時間を活用して、大原の里の初夏の風物詩を楽しむ。
e0083517_11472625.jpg

 三千院界隈は新緑を満喫できる季節である。
e0083517_11475586.jpg

 途中で見つけた珍しい植物。近くのお店の主に尋ねると、「ここらではハンカチの木ぃゆうてますなぁ。」とのこと。
e0083517_123467.jpg

 後でネットで調べるとハンカチの木はちょっと違う。もっとミズキ的である。これは葉の感じからしてウツギの一種と思う。ガクアジサイのようでもあるので、ガクウツギが正解ではないか。ご存じの方がいらっしゃれば教えてください。
e0083517_124039.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-05-18 23:59 | 外国語・教養 | Comments(6)
Commented by ue at 2013-05-19 18:01 x
阪急の快速急行の京都線ですか?是非、一度乗ってみたいです。
Commented by いっち at 2013-05-19 18:17 x
素晴らしい経験と綺麗な写真(特に最後の2枚)ですねぇ!「京とれいん」は覚えておいていつか是非にと思います。
Commented by pico at 2013-05-20 00:05 x
偶然、京とれいんに乗られたのですか? ラッキーですね。
やはり、日頃のおこないが良いから?
最後のお写真の赤い虫は何ですか?
Commented by ミッチ at 2013-05-20 01:46 x
ueさん、快速急行か快速特急か忘れましたが、通勤特急のような
鈍行特急ではありません。
Commented by ミッチ at 2013-05-20 01:48 x
イッチ、お久です。まあ、いろんなところに顔を突っ込むと新しい発見に
出会えるということみたいです。
Commented by ミッチ at 2013-05-20 01:52 x
picoさん、日ごろの行いがいいかどうかは別にして、「約束の時間に遅れない」
という信念は昔とは異なるものです。偶然に「京とれいん」に乗り合わせたのも
速い目に行こうというシニア感覚がもたらせた賜物と思います。

この虫は、カミキリの一種であることには違いありません。形状、色合い、斑点の
具合からして「ベニカミキリ」に相違ないものと思われます。